2017年03月01日

サ高住 建設補助見直し

【国土交通省は来年度、見守りなどのサービスがある「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)に対する補助の一部見直しを決めた。カラオケルームや岩盤浴など、住宅としては過剰な設備に使う場合は補助の対象外とする。居室面積が25平方メートル未満の狭い住戸への補助額の上限も引き下げる。

{毎日新聞(東京)・朝刊 201717日 記事引用}


このサ高住、

記事のテーマに関しては後述しますが、どの程度このサ高住は増えているのでしょうか。

戸数の推移でいうと、

平成241月 8000戸、

平成251月 93911戸、

平成261月 135352戸、

平成271月 169338戸、

平成281月 193688戸、

平成291月 212172戸。

平成25年の時に一気に増え、それ以降は順調に増え続けています。

(サービス付き高齢者向け住宅情報提供のホームページを参照しました)

もう少しサ高住の現状を述べましょう。

263月の時点で、

住宅戸数は50戸未満が8割と、大規模のサ高住は少なく、

専用部分の床面積は25平方メートル未満が7割強をしめています。

サ高住の最低限のサービスは、

状況把握+生活相談になりますが、その最低限のみだけをやっているところは3.7%しかないとのこと。

必要最低限ではない食事提供のサービスは、94.7%も行っているようでした。

24時間職員が常駐しているのは、全体の3/4

あとサ高住単独の施設として機能しているのは2割強しかなく、

多くのところが併設施設を有していました。

(これもサービス付き高齢者向け住宅情報提供のホームページを参照しました)


まず上記の現状で気になったのは、居住空間の狭さです。

(本来は25平方メートル以上ないといけない)

また上記の現状には触れられていませんが、

専用部分以外の共用部分の浴室などの面積が増えています。

そのような意味では、

本来は「住宅」というより、「施設」という感じになっているかもしれません。


しかし記事では、

カラオケルーム、岩盤浴などの過剰な施設を補助の対象外にしたのは、

そのような施設が多くあったからなのでしょう。

これだけ増えていくサ高住、差別化を図っていくうえでそんなことをしたのかもしれません、

またそのようなところは、富裕層をターゲットにしたものなのでしょう。

まぁ、そうであれば補助金の対象外にするのは納得ではあります。


気になったのは居住空間の狭さです。

本来は住宅ということでの触れ込み、しかしそうなっていない。

まだ設備投資にお金をかけない代わりに、

月の料金をかなり安くしているのであるならばまだ納得ですが、

単に儲けのためにやっているところもありそうな感じがします。

うーん、補助金の上限減額は仕方がないのかもしれません…。

posted by リハ技師 at 20:14| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

表面筋電図(EMG)周波数解析に応用した筋の質的評価


DSC_0027.JPG

EMGセミナーを、

九州看護福祉大学大学院リハビリテーション学科教授、

加藤浩先生(日本運動器理学療法学会運営幹事・SOPT,PhD)をお招きして開催した。

世界に先駆けたwavelet変換とよばれる工学技術を

表面筋電図(EMG)周波数解析に応用した筋の質的評価を学んだ。

県外から看護大学の助手、准教授(看護師)も参加して職域を超えたセミナーとなった。

グループに分かれて正常・異常歩行の下肢EMGを計測し、

積分処理してグラフ化し、各グループでのプレゼン発表を行った。

客観的データを見て真剣に討論し合い考えを共有し合った。

加藤先生には、

非常に難しい分野について分かりやすくマンツーマンで丁寧にご指導をいただいた。

2日間集中したセミナーでしたが、

終了したときの受講生の顔がとても清々しく何かを成し遂げたという勇ましさを感じた。

熊本から加藤先生、岡山から国里様、県外から看護師の皆様、

そして、当院を含む参加者の皆様に深謝します。


posted by リハ技師 at 19:09| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

新春 お餅注意報

【新年はおめでたい話題が尽きない一方、高齢者が餅をのどに詰まらせ、救急搬送されるニュースが後を絶たない時期でもある。消防は注意を呼び掛けているが、依然として高水準で推移している。「七草がゆ」の7日を迎えても、まだ餅を食べる機会は多い新春。なぜ危険を知りつつも日本人は口にするのだろうか。】

{産経新聞(東京)・朝刊 201717日 記事引用}


最後のなぜ餅を食べてしまうのか、

そんなの単純に「おいしいからだろっ」と記事につい突っ込みを入れたくなってしまいますが、

確かに餅での窒息事例は多く、なんとか対策を練らなければいけないものになっています。

実際に昨年どの程度いたのでしょうか。

全国のデータはなかったので東京都のデータ(餅でのどを詰まらせて救急搬送されたケース)でみていくと、

年間だいたい110件程度でした。

年齢層でみていくと、なんと60歳以上の割合が92.7%ということで圧倒的に高齢者が多いのがわかります。

東京では死亡が8%

重篤(生命の危険が切迫しているもの)37%

重症(生命の危険があるもの)8.7%と合わせて過半数が命の問題にまで支障をきたしているのです。


しかしよくよく考えてみると、おかしいことに気が付きます。

以前こんにゃくゼリーがのどをつまらせたということで、

一時こんにゃくゼリーの生産がストップしたことがありました。

その間にこんにゃくゼリーの何が問題で、どのようにそのリスクを減少させるのかと言う提言もしたプロジェクトも作られ、

実際にそのプロジェクトの提言からこんにゃくゼリーは復活しました。

しかし、餅はそのようなプロジェクトを作って、評価・分析したということは聞いたことがありません。

いや、こんにゃくゼリーは、それ単品で問題になっているのに対し、

餅は様々なタイプがあるから、比較できないという反論もかえってきそうです。

しかし実際にもちの件数はかなり多いのに、なにも国が具体的な対策をとっていないのは???です。


いや、ブログ管理者は別に餅にもっと規制をかければいい、と言いたいわけではありません。

逆にもちに規制がかからないのに、

なぜこんにゃくゼリーだけが規制の対象になったのかがわからないのです。

こんにゃくゼリーだけでなく、

いろいろ理由を上げればのどを詰まらせる食品などたくさんあるような気がします。

よほど、その食品が設計上問題であれば別ですが、

ブログ管理者から見るとこんにゃくゼリーの件は、行き過ぎではないかと考えてしまいます。


窒息事故は施設でも病院でもありうる話です。

そうならないためにも評価をし、

その人にとって窒息しないような食品形態で提供する必要があります。

皆さんのところはちゃんと評価できているでしょうか。

posted by リハ技師 at 20:15| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

リハ技士部門医療安全目標

かなり久しぶりに当院の中を写真で紹介していきましょう。
DSCN1575.JPG
上の写真は、当院リハ技士部門の医療安全目標と、
昨年の事故・ニアミス件数です。
レベルゼロ、というのは、
もう少しで事故になるところだった、というものです。

これはリハビリスタッフルームの壁に貼っています。
posted by リハ技師 at 19:59| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

市民連合判決?

堤美果新書3冊シリーズ、

6回目。


今日も沈みゆく大国アメリカ<逃げ切れ!日本の医療>3章から引用します。


2010年に最高裁で出された、企業献金の上限を撤廃する「市民連合判決」は、コーポラティズム国家アメリカの、最終仕上げだった。】


なんだ、コーポラティズムって、言われそうですね。

これって、いろんな意味があるようですが、

この文脈だと、おそらく大企業による社会の支配、ということのようです。

次になんとなく名称的によさそうに思える「市民連合判決」、

しかし、上記の引用文にあるように、

企業献金の上限を撤廃した、というもので、かなり革命的な判決だったのです。

最高裁は54という僅差で上限撤廃にしたのですが、

その撤廃理由は、

衆国憲法修正第1条に定められた表現の自由に反する、というものでした。

この判決の何が革命的だったかと言うと、

この判決で「民主主義」というアメリカで大切にしてきた理念が壊れたと言ってもいいほどの判決だったからです。

このことによって政治家に無制限に企業から献金が入るようになりました。

当然企業は、見返りがあることを意図して献金するのです、

企業は利益を出すことが大目的ですから、企業としては当然の対応です。

そこで政治家がそのようなことはできないと突っぱねていけば問題ありませんが、

選挙に莫大なお金がかかる政治家は

(アメリカではCMで敵対候補に対してのネガティブキャンペーンを行ったりなど…)

現在の政治家を続けるためにはお金がどうしても必要になります。

ゆえにその企業のいうことを聞かざるをえなくなっていきます。

仮にそれでも突っぱねる政治家がいれば、

企業はその地元の敵対候補を支援していくなど、突っぱねた政治家を落とすための工作に動くこともあるのです。

もう、こうなるとどこの企業がお金をどれだけ出したところで政策が決まってしまうという、

お金で国の政策が決まるという、嘆かわしい事態になってしまいます。


医療系でそのような動きが強いのが、アメリカでは製薬会社なのです。

オバマケアでも、

薬価自己負担ゼロのメディケイドの受給条件を緩め、受給者を大幅に増やしました。

(メディケイドとは、身体障碍者やオバマ保険も変えないほどの貧困者を対象にした公的保険制度)

しかし、アメリカでは日本と違って薬価の価格を調整する機関がないために、

オバマケア以降、アメリカの薬価がどんどん上がっていったのです。

アメリカというと、オバマケアが入ったとしても、

自己責任の国だから国の医療費はそれほどないだろうな、と思っているあなた!!

それは違います。

OECD加盟国の中では、

医療費対GDP比率は、ダントツ1位なのです。

オバマケアになってもまだまだ医療費の自己負担は多いはずなのに、

国の医療費は世界一、

このことからもわかるように、

それだけ薬であれば11つの利益幅が大きいのです。


posted by リハ技師 at 19:30| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 堤未果新書3冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

電子カルテ 佳境

当院の電子カルテが佳境に入っています。
今日は抄読会でリハ実施計画書の入力の仕方、
今後の電子カルテでカンファレンスの変化、
評価資料のスキャナー保存などの説明会を行いました。
説明もある程度終え、マニュアルも作成しましたが、
当然まだまだ混乱は覚悟しています。
電子カルテに向けて、
もう1週間を切っています。
posted by リハ技師 at 19:48| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

高齢者の運転見守り 急発進などの危険察知→家族にメール

【オリックスは高齢者の自動車の運転を見守る個人向けサービスを始める。速度超過や急発進などの危険運転を検知すると家族など指定した人にメールが届く。20172月からウェブサイトで売り出す。高齢者を対象にした運転見守りサービスの本格導入は初めて。死亡事故件数に占める高齢者比率は年々増えている。サービス導入で危険運転のリスクを早めに摘み取れるようにする。】

(日本経済新聞・朝刊 2016128日 記事引用)


皆さん、

この3月から改正道路交通法が施行されることは、皆さん知っている人も多いでしょう。

特に注目なのが、認知症関連です。

簡単に復習しましょう。

まず75歳以上の高齢者は免許更新時に認知機能検査を受けてもらい、

そこで引っかかった人は、

臨時認知機能検査を受けるか、医師の診断書提出が求められるようになります。

臨時認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判断された場合は、

最終的にやはり医師の診断書提出が必須となります。

(免許更新時だけでなく、違反して講習を受けなければいけない場合も、

認知機能検査はあります)

医師の診断で「認知症」と診断が下ってしまうと、免許取り消しになってしまいます。

また認知機能検査を受けない、

臨時適性検査を受けない、

医師の診断書を提出しないなどの約束違反をすれば、これも免許取り消しになります。


しかし、最近大丈夫?と思ってしまうニュースがでました。

それは、

このような病院などで診断書を求められる件数が一気に増えることで、

そもそも認知症診断の専門医が少なく、

普段でも外来が手一杯なのに、そのことが加わることで業務に支障がきたす恐れがあるという報道が2日前にあったからです。


上記のようにいろいろ課題は残しつつも、

このように制度として認知症のために悲劇的な事故を防ぐ手立てはしているのですが、

いつから認知症がすすんでいるかは、

事故を起こすか、更新時にしかわからない、というのは確かに不安です。

今回の記事は、

高齢者の運転の問題を早く情報として家族がキャッチすることができる、というのが強み。

初期費用は税別1万円、毎月税別2980円かかりますが、

本人の運転をなるべく認め続けたい、

しかし問題が出てくればすぐに対処したいというニーズを持つ家族は一定程度いるかもしれません。

チェック内容としては、

急発進・速度超過・急減速・長時間運転などができるそうです(GPSをうまく活用)


とにかく、3月から始まる改正道路交通法による認知症診断が、

どの程度件数がでてくるのか予測がつきません。

確かに認知症診断ができる病院は戦々恐々な思いに駆られていることでしょう。

posted by リハ技師 at 20:10| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

家政士 介護に活用

【介護保険制度の要支援者サービスの一部が市町村へ移行されることを受け、市は来年度から、自宅を訪問して家事などをする生活援助の担い手に、家政婦に資格を認定した「家政士」を活用しようと準備を進めている。家政士の仕事と重なる部分が多く、介護現場の人材不足を補うため、家政士を担い手に挙げる例は全国でも珍しいという。】

(千葉日報・朝刊 2016123日 記事引用)


家政婦というと、

ブログ管理者は、市原悦子主演の「家政婦は見た」と、最近では松嶋菜々子主演の「家政婦のミタ」を思い出します。

特に市原悦子の名演技は、今でもその映像が、ブログ管理者の脳裏に浮かんできます。

市原悦子の独特のしゃべり方に味があり、番組に引き込まれて見続けてしまう番組でした。

今ではこのような美女でもハンサムでもない役者が主演になり、

それでなおかつ視聴率がよいドラマはほぼなくなりましたね。

うーん。


さて、話を本筋に戻しましょう。

ここで正直ブログ管理者が心配していることがあります。

ややうがった見方かもしれませんが、ブログ管理者の疑義を述べたいと思います。

今回の家政婦からの特別資格「家政士」では、

普通の家政婦の仕事の単価と比べれば安い、というふうに聞いています。

ゆえにこのような資格を作っても企業としては、

参入するところは少ないのではないか、ということが言われています。

しかし…。

千葉の取り組みは全国的には珍しいと報道されているものの、

もしかしたらそれが波及していくことになるのでは…、と思っています。

そして国の財政難を理由に「身体介護」は介護報酬でいきますが、

「生活援助」については介護報酬ではなく、ビジネスで行わせよう、ということになるのでは、と推測しているのです。

少なくとも軽度者には現実的にそのような介護報酬カットは現実味としてあるのです。

実際に生活援助は徐々にカットされてきています。

ブログ管理者の推測はそのよう今までの介護報酬の変遷を元にしたものなので、全くの主観ではありません。


今後の生活援助がどうなっていくかも、要注目です。

posted by リハ技師 at 18:45| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

滑ってけが 店に責任!

【お店などで滑って転んでけがをした人が、「床に問題があった」として裁判を起こす例が相次いでいる。高齢者の死亡原因のうち、転倒事故は年間約5000件で、交通事故を下回る。未然防止のため、床を滑りにくくする「防滑(ぼうかつ)」に取り組む事業者もでてきた。】

{朝日新聞(大阪)・夕刊 20161128日 記事引用}


当院でも床をきれいにするために、

ワックスをかける作業を依頼するときは、

あまり滑らないように業者に注文したこともありました。

リハビリ病院であれば、移動能力に障害を持っている人が対象なので、

対応としては当然のことです。

(またそもそも滑りづらい素材を床に使用している、と以前の事務長より聞いたことがあります)

しかし今回は不特定多数の人たちに対しての環境設定…。

これはケースバイケースになりますが、

お店がどれだけ事故を起こさない環境設定にしているか、

転倒した本人がどれだけ注意していたのか、などを総合的に判断していくことになります。


床そのものも滑りやすくなっているようです。

きれいな見た目と清掃のしやすさから、セラミック製タイルが流行していて、

これに水や油がたれてしまうと、さらに大きく滑りやすくなってしまうのです。

もしかしたら将来、

公的な施設は建築基準として、この滑りやすさを何か指標づくりして、

その指標から滑りやすさ度が強いものに関しては選ばない、ということも出てくるかもしれません。

posted by リハ技師 at 16:03| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

車なし高齢者に生活支援

【高齢運転手の交通事故が相次ぐ中、移動販売車の展開や運転免許証の自主返納者向けに優遇料金を設定するなど、車を持たなくても快適に生活できるように手助けするサービスにタクシー会社やコンビニ各社などが力を入れている。高齢者の需要を取り込んで商機拡大を狙うが、収益面で課題も残る。行政の取り組みが先行するケースもある。】

(熊本日日新聞・朝刊 20161123日 記事引用)


どうも移動販売というと、

あまり利益を考えない中小企業が頑張っているイメージがどうしてもありました。

時折、そのようなことを放送している番組も見たことがあります。

しかし今回の例は大手のコンビニなどが積極的に、

展開しているのが目を引くところです。


なぜこのような大手企業が手を上げ始めたのでしょうか?

おそらく今後買い物弱者と言われる人たちがかなり増えるだろうという見込みがあること、

また当然でありますが、このような取り組みは、企業イメージをよくしてくれるからです。

セブンイレブンは、

宅配などの御用聞きを2000年からと、だいぶ昔から行っていて、

それを真似するコンビニ大手もでてきました。

ただし移動販売はローソンが先行し、セブンイレブンが後を追っていています。

あとファミリーマートだと、

介護事業所にファミリーマートの移動販売がきて、施設の人たちが喜んでいるブログを発見しました。

コンビニ、なかなかやりますね。


またこのようなコンビニの取り組みは、

今までの被災地での経験という蓄積や

(コンビニは救援物資の確保や帰宅困難者へのサポート、義援金の受付など、スピーディーに対応した歴史あり)

ただ行くだけでなく、その地域の状況を分析して商品を並べている、とのこと。

またそれだけでなく、

いつもの人が来なくなったなど、安否確認もできるかもしれません。


もちろん、コンビニにも批判する課題は多々あるでしょう、

例えば安易にコンビニだけを使用しての食事は栄養が偏ってしまう可能性もあります。

私たちリハ関係者は、

公的サービス・民間サービスなどの情報をしっかり入手し、

その人のニーズに合ったサービスが提供できるようにしていく必要があります。

今後の様々な買い物弱者対策のサービスに注目していく必要があります。

posted by リハ技師 at 19:38| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする