2020年06月17日

今後の研修会

様々なところから、
今後の技士会関連の研修会は、
感染状況にもよりますが、
どうやらオンラインでの研修会がメインになるようです。
(ワクチンが開発されれば別)
交通費や、その交通の時間がかからないなど、メリットはあるものの、
実技関連はオンラインは厳しい??
また研修会のぴりぴりとした雰囲気があることで、緊張感をもって研修会に望めるなど、
行っての研修会のメリットもあるので、
オンラインだけになるのも、ちょっとという感じでしょう。

まぁ、しかしとにかく、
今からズームなどのソフトは、
パソコンを持っていて、インターネット環境があるのであれば、
インストールして、
今後普及するかもしれないオンライン研修会に、
環境設定していく必要があるかと思われます。

法人でも
研修会だけの考えではありませんが、
オンラインの投資は、様々検討されています。
posted by リハ技士 at 18:06| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

通所系・短期入所生活介護 介護報酬評価へ

以前、介護系もこのコロナ自粛により、
経営難が広がっていることを伝えました。
そういうこともあってか、
介護報酬の評価する、という通知が厚生労働省からきました。

報酬範囲は、ブログタイトルをみてわかるように、
通所系と、短期入所生活介護です。
当法人も、このような介護事業所は9つあります。
1事業所だと月の利益もそれほどでないにしても、
各事業所全て合計すれば、
法人の経営にも多少「これだけでもありがたい」と思わせる金額でした。
ただ利用者に月200〜300円の自己負担が発生するので、
きちんと介護支援専門員と連携の上、患者さんに丁寧に説明しなければならないです。
(更に限度額に収まる方が対象)

どの程度の介護報酬アップになるかは、
計算の仕方や、内容が複雑なため、ここでは説明しません。
興味がある方は、ホームページで調べてください。
posted by リハ技士 at 18:07| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

大坂のリハ病院 消毒不十分で院内感染の可能性

当時、マスクや消毒用アルコールが不足し、スタッフの感染予防策が不十分な状態でリハビリ施術を行ったことなどで、院内感染が広がった可能性
(MBS NEWS 2020年6月12日 記事引用)

大坂のリハ病院のクラスターは、ブログ管理者にも衝撃でした。
もうわがことのように、
鶴岡協立リハ病院の感染対応はどうなのかと、過敏なほど考えるようにはなりました。
上記の記事には、その他にも要因は挙げられていましたが、
やはり記事にある通り、感染標準予防策の徹底は、
今更言わなくてもいいレベルですが、本当に重要であることを再認識しました。
上記は、おそらくスタッフは感染に対しての意識はあったのかもしれないけど、
管理者側が感染グッズの在庫管理が非常に甘かった、ということは言えるかもしれません。

当法人もやっとマスクやアルコールは十分確保されつつあります。
一応第2波にも備えての在庫は確保していると聞いています。

この記事は、厚生労働省のクラスター対策班がまとめたものを記事にしたものです。
公開してもらうと、ありがたいですが…。
posted by リハ技士 at 16:46| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

「日本のチカラ」 渋谷さん番組に

当院の外来患者、渋谷さんが三度番組に出演、
今度はNスタ山形ではなく、全国版の「日本のチカラ」という番組。
「日本のチカラ」という番組のホームページに、この番組の概要が書かれていました。

全国各地の「魅力あふれる産業」を通して、地域の歴史や文化・人々の英知や営みを学び、日本の技術力・地方創生への道を描き出す、教育ドキュメンタリー番組
山形県の放送だと、6月28日(土曜日)に6時30分から7時まで山形放送で放映されます。

そういえば、日本のチカラという番組が、鶴岡協立リハ病院のリハシーンを撮りたい、と言ってきたのですが、
当時はコロナのまん延が非常に心配される時期だったので、
テレビ関係者が病院内に入り込むことはお断りし、
その代わりとして本人がビデオカメラを持ち込んで撮る、というスタイルで行わせていました。
編集でどうなっているかわかりませんが、
もしかしたら数秒、病院の訓練シーンがでているかもしれません。

さて今回の「日本のチカラ」のタイトルは、
「なりたい自分になるって決めたんだ 〜夢見る車いす女子〜」というもの。

ビデオに絶対録ります。

posted by リハ技士 at 16:09| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

全日本病院協議会の病院経営状況緊急調査

日本全国の病院のうち、約4分の1が加入している全日本病院協会。
鶴岡協立リハ病院は、加盟しています。(鶴岡協立病院は加盟していないようです)
なので今回のタイトルの調査は、
鶴岡協立リハ病院の事務長に調査依頼はメールできているでしょう。
そしておそらく答えたでしょう。

ただ今回の有効回答率は30%強、
まぁ、緊急調査であり、このコロナの関連で調査する余力もなかった?、
ということでの、この低値の回答率になったかと思います。
しかしその中での結果も、
「うーん」とうなってしまう内容でした。
ごく簡単に言うと、
4月のところにおいて、入院・外来共に大幅に減少。
特にコロナを受け入れたところでの病院経営は深刻で、
なおかつ病棟閉鎖まで追い込まれたところは顕著でした。

鶴岡協立リハ病院はコロナを受け入れしていない病院ですが、
そのカテゴリーでの平均の医業利益は、
2019年4月は530万円強の黒字ですが、
2020年4月では、1380万弱程度の赤字になっています。
そしてコロナ受け入れ病院では、
そのカテゴリーとしての平均の医業利益は、
2019年4月は1200万円弱の黒字、
2020年4月では、9600万円強の赤字、となっているのです。

細かいところを見ていくと、
手術件数は、1月2月では前年比較でそれほど変化なかったのに、
3月のところでは2019年と比べて2割弱少なくなっています。
他にも緊急受け入れ件数も2019年と比べて大きくへらしたりなど、
このコロナが医療のありかたに大きく影響させた実態が見えてきます。
posted by リハ技士 at 15:55| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

PCR検査、診療所・小規模病院でもOKに

厚生労働省は、新型コロナウイルスのPCR検査を実施できる医療機関の対象を拡大する方針をまとめた。これまでは感染症指定医療機関などに設置されている「帰国者・接触者外来」に事実上限定してきたが、感染対策ができていれば診療所や小規模な病院でも検査できるよう改める。10日付で都道府県などに通知した。
(2020年5月11日 朝日デジタル 記事引用)

今まではコロナ陽性かどうかの検査ができるところは、
おそらく庄内地方だと日本海総合病院だけだったかと思います。
しかしまだ情報が未確定なので、具体名は言えませんが、
庄内の他の医療機関においても、
この1〜2か月の間でこのPCR検査はできるようになるかと思われます。

とにかく秋冬の第2波、第3波に備えて、
迅速になおかつ大量に検査ができる体制づくりを様々な地域で準備をしています。
posted by リハ技士 at 17:54| 山形 | Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

山形県 令和2年度6月補正予算

ブログ管理者、
正直あまり国や県の予算に関して、強い興味を持ったことはないのですが、
今回は県はコロナにどう対応する方向なのだろうかと興味を持っています。

今回の補正予算はコロナ関連対応、新しい生活様式関連、
雇用確保・地域産業振興関連、困窮者関連などでした。
全体予算額は今回は350憶弱です。
(その前は4月の補正予算は総額300憶強)
コロナ関連での医療・介護者向けの施策としては、
  • 医療者に対する特殊勤務手当の支給
  • 介護施設における感染症対策物資の備蓄
  • 感謝のガウン県民運動の展開
施策の詳しい説明はなかったので、
これからは細かな施策に関しての説明も、ホームページ上にあると、
県の頑張りが見えていいのに…と思っています。

ただ少なくとも、これだけ連続で補正予算がかかるのは、
このコロナによる社会への影響が甚大だからです。
(通常の予算では、補正予算はありません)
財政的には山形県も厳しいとは思いますが、
感染を広げないために、
今苦しんでいる人に対して対応するために、
おそらくどの県においても、このような補正予算が出されていると思います。
国の対応も、そうであることを願っています。
posted by リハ技士 at 19:20| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

コロナで受診控え、診療報酬が大幅減

福井県医師会は6月4日、新型コロナウイルスが県内医療機関の経営に及ぼす影響について調べた独自アンケートの結果を公表した。特に4月は「受診控え」が広まり診療報酬が大幅に減少、医療機関が軒並み厳しい経営状況に直面している現状が明らかになった。
(47NEWS 2020年6月6日 記事引用)

やはり、ほかのところもそうなんですね。
まぁ、医療機関に行くことが、コロナウイルスに感染するかもしれない、
という不安はあったでしょうね。
コロナウイルス診療関係では、診療報酬改定でかなり増額されましたが、
コロナウイルスに関係ない医療機関は、
そのような診療報酬改定には関係ないので、経営的には苦しくなってきます。

もうどの業界も経営難になり、本当に大不況到来だと、つくづく感じます。

あと地域医療構想では、急性期病院が過剰にあるので、
国としては整理する方向でしたが、
果たしてこのコロナの状況で急性期病院を本当に整理していくのか、
国として議論を今一度してほしいものです。
posted by リハ技士 at 19:28| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

スティホームは健康にいい?

このコロナ関連が影響していたのか、していなかったのか??
全然不明なのですが、
この時期、協立病院の入院はなかなか少なく、
経営的にも大変な状態になっていました。
しかし先週から続々と入院が…。
県の非常事態宣言が解除されたころから?…。関係ある??

それもあってところてん方式で鶴岡協立リハ病院のベッドも、
これから埋まっていくかもしれません。

このようなことから、あるスタッフは閉じこもったほうが健康的だったりして…
と言われる始末。
そういえば今回のインフルエンザにり患した患者は、全国的に昨年と比べてかなり少なかったという報道も…。
確かに感染症関連は、様々な環境に触れ合わなかったことから、感染症が少ないのは自明でしょう。
しかし生活習慣病関連では
おそらく悪くなっている人がたくさんいるでしよう(運動不足ということから)し、
判りやすいのは高齢者だと廃用になっている人が多い人がかなりいると推察しています。
そう考えると、
今回のスティホームが一部の人たちにはあとで病気になりやすい1因子をつくらせ、
今回のコロナに関係なく、ある時期、医療機関にかかる人が急増する、ということはあると思うのです。
病院としては、波はあってもだいたい一定程度の数で推移していれば、ベッドコントロールしやすいですが、
その時期、その時期に患者数が大きく増減すると、ベッドコントロールがしづらくなります。
そしてこれにコロナがくれば、それは大変なことになるのです。


posted by リハ技士 at 15:43| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

鶴岡の海水浴場3カ所、開設前向き

鶴岡市内の海水浴場6カ所の今季開設に関する打ち合わせ会が3日、同市の湯野浜コミュニティセンターで開かれた。湯野浜など3カ所は開設に前向きながら、新型コロナウイルス感染拡大の懸念から慎重な海水浴場もあった。
(山形ニュースオンライン 2020年6月4日 記事引用)

徐々に暑くなりましたね。
特にマスクをずっとしているとなおさらです。
湿度もブログ管理者の部屋では51%とやはり上がってきました。
当地域の梅雨入りはだいたいあと1週間ぐらいでくるのが平年並み。
そして梅雨明けは7月の最終週ぐらいであけるのが普通です。
そうなると、本来7月末からは海水浴が本格的になります。
だいたいこのころの毎週土日は海沿いの道路は毎回渋滞していますね。

ただしこの夏はどうでしょうか。
外ですし、暑い中行うものなので大丈夫のような気がしますが、
問題はどの程度密になるのか、ということでしょう。
また最近は水泳用のマスク的なものも出ていますが、
それは必須になる??のかもしれません。
ただそれは、このあたりで売っているものかは不明ですが…。

当法人の健康運動施設Vividのプールが再開できないのも、
マスクの問題があるようでした。
posted by リハ技士 at 16:29| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする