2017年06月02日

発達障害 〜解明される未知の世界〜

番組の紹介。

521日放送、NHKスペシャル

「発達障害〜解明される未知の世界〜」


【小中学生の15人に1人と言われる「発達障害」。これまで、主に社会性やコミュニケーションに問題がある障害として知られてきたが、最新の脳科学研究や当事者への聞き取りにより、生まれつき、独特の「世界の見え方・聞こえ方」をしているケースが多いことがわかってきた。多くの人にとっては何でもない日常空間が、耐えられないほどまぶしく見えたり、小さな物音が大音量に聞こえてパニックになったり。その独特の感覚・認知が、実は、社会不適応につながる原因のひとつになっていたのだ。

この世界を解き明かし、周囲が理解することで、発達障害の当事者の生きづらさは軽減。さらに「新たな能力」を引き出すことにもつながると、世界の教育・ビジネスの現場が注目している。

身体障害と違い、「見えにくい障害」と言われる発達障害。番組では、当事者の感覚・認知の世界を映像化。これまで誰にも言えなかった、わかってもらえなかった当事者の思いを生放送で発信する。周囲から「空気が読めない、つきあいづらい人」などと誤解されてきた行動の裏にある「本当の理由」を知ったとき、あなたの常識が大きく変わる。】

(番組のホームページから引用)


発達障害、当法人でもこの発達障害に関しては注目しているテーマです。

なぜなら今まで入職してきた人たちで、発達障害ではないかと疑いがある職員が増えてきているからです。(つまり成人期の発達障害)

そのような職員に対して、

どのような育成をしていくべきなのか、

実際の職場では様々なところで頭を悩ませています。




番組では、まず感覚過敏の症状を示す人たちの紹介がでてきました。

聴覚過敏・視覚過敏・触覚過敏などなど、

脳内に過剰にインプットされるためにその処理が不安定になり、

適切な行動ができなくなる、ということでした。


このような発達障害の方に対して、

このぐらい普通できるだろう、という対応をしてしまい、

その人たちの心を傷つけてしまう、ということをしがちだという、ことも番組では指摘されていました。

ではこのような人たちは仕事ができるのか、という皆さんの疑問も出てきそうです。

確かに大きな弱点をもちつつも、

全く正常な部分、逆に強みである部分もある、ということが番組後半では述べられます。

そのための環境調整や役割や周りの対応の変更などを行うことで、

発達障害を抱えていても、仕事などの社会参加はある程度は可能なのです。


ただし番組では、

基本的に本人が発達障害であることを受容している人たちがでていました。

問題なのは、

明らかに発達障害と思われるような状況がありつつも、

本人が全く発達障害ということを認めない人がいることです。

障害を認めなければ、

環境調整などの対応変更も拒否されるでしょう。

やはりこうなると、

適切なカウンセリング+適切な診断を下せる医療機関が、

皆さんの近くにあるのかどうかがカギになると考えます。


610日に、

酒田の山容病院で、

昭和大学教授の岩波明氏の講演がある、ということを聞きました。

講演内容は、

「成人期発達障害の臨床」。

本屋の新書コーナーに今行けば「発達障害」というタイトルが目に飛び込むと思います。

その著者が岩波氏です。

勉強になりそうです。

posted by リハ技師 at 19:39| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる!

昨日、予告したように今回も番組の紹介。

やはりクローズアップ現代+で、

516日放送の「生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる!」。


【老化を防ぎ、若さを保ちたい。そんな願いをかなえると注目されている研究がある。ノーベル賞生物学者・ブラックバーン博士らによる「テロメア」研究だ。染色体の端にあり細胞分裂のたびに短くなるため、年とともに縮むと考えられていたテロメア。ところがテロメアを伸ばして細胞から若返る方法があり、がんを防げる可能性もあるというのだ。それは日常で実践できる生活習慣。最新の研究から健康寿命を延ばす秘策と命の神秘に迫る。】

(番組のホームページから引用)


まず医学初心者であれば染色体という言葉からつまずきますよね。

簡単に染色体と言うと、

遺伝子を入れる入れ物の役割、と言えばわかるでしょうか。

その染色体の末端にあたるところを「テロメア」と呼ぶのです。

このテロメア、細胞分裂を繰り返すたびに短くなっていきます。

そしてテロメアがある長さになったら、もう細胞分裂は起こらなくなるそうです。

つまりテロメアは人間の寿命を決める「命の回数券」ということがあります。


このテロメア、同じぐらいの年齢でも、

テロメアの長さはかなりばらばらになります。

番組で実際に10人ほど確かめたところ、

同じような年なのに、

テロメアの長さが35歳相当から85歳相当までばらつきがあったのです。

番組では、なぜここまで差が広がったのかを分析しました。

するとあるタイプにテロメアが短くなる傾向があったのです。

それはストレスを感じる心配性の人たちです。


またそのような理由などからテロメアが短くなった人に対して、

がんの発症リスクが高まると指摘する医療者もでてきました。

その仕組みとしては、

テロメアが短くなると染色体が不安定化し、そうなると遺伝子変異が起きやすくなる、というものです。

他にもテロメアが短くなると、認知症になるリスクも高まるという研究報告もでていました。


ではテロメアを維持する予防活動が何かあるのでしょうか。

番組の中でノーベル賞を受賞した医学博士は、

適切な運動・食事・睡眠、人とのつながり、というごく常識的な健康法を提示していました。

昨日の男性更年期障害の対処法と同様に、

やはり「ごく普通の日常生活」に健康を保つポイントがあるのだと再確認しました。


次回も番組の紹介です。

posted by リハ技師 at 15:25| 山形 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年30年度医療・介護同時改定 社会に求められるリハビリテーション技士を目指して

梅雨ですじめじめ...
患者様と今日は窓から外を眺めています。
新緑の若葉が青々していることに、「たまには雨も良いかも!」

学習時間にno306.jpgを活用しまして
来年度の医療介護同時改定についてグループワークを行いました。

グループは今回80名のスタッフをお誕生日月で分けました
なんと!2月生まれが2名しかいない?!
9月生まれが最多の12人!!
そこは、アナログで配分調整を行いまして〜いざグループワーク開始です。

国が求める療法士の役割、療法士がアピールしたい役割
それぞれの考えが見え隠れする参考資料です。
さて、当院ではどのように考え行動するべきなのでしょうか??
ベースを踏まえて個々の考えを話し合う機会は有意義な時間となったと思いますDSC_0052.JPG
この様な機会を学習時間として業務内で積極的に活用して行きます。
PTさかい

posted by リハ技師 at 13:21| 山形 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

がんや認知症も!? コワ〜い“男の更年期障害”

今回から3~4回程度番組の紹介を行います。

今回は、

59日、クローズアップ現代で放映された

「がんや認知症も!? コワ〜い“男の更年期障害”」


【「疲れがとれない」「やる気がでない」「イライラする」…、今そんな症状に襲われる中高年の男性が増えているという。実はこれら、男性ホルモン「テストステロン」の減少がもたらす「更年期障害」が疑われる症状。最新の研究では潜在患者600万人。深刻なケースでは「認知症」「うつ」「心臓病」などを引き起こすこともある「現代病」であることが分かってきた。働き盛りの男性を襲う意外なピンチ、その克服の処方箋に迫る。】

(番組のホームページから引用)


男性の更年期障害、

この組み合わせはあまり聞きなれないかもしれませんね。

やはり更年期と言うと、女性とつい思ってしまいます。

しかし、男性もなってしまう、意外と気づかずに………。


ただ女性の場合は明らかに閉経前後に急速に女性ホルモンが減少し、更年期障害に陥りますが、

男性の場合は、かなり高齢になれば当然減るのですが、

それ以外だとストレスや生活習慣の問題が絡んでいて、

その影響で男性ホルモンが減少し、更年期障害になるのです。

番組ではそのような男性の更年期障害を放置していくと、

認知症や心筋梗塞・脳梗塞などを発症させるリスクが高まることを強調していました。


ではどのような症状がでていたら、要注意なのか。

番組では4つ挙げられていました。

1.最近笑っていない

2.新聞が読めなくなった

3.よく眠れない

4.メタボ気味

…、なのだそうです。

そしてそうならないための対策としては、

ごくごく基本的なのですが…、

適度な運動、そして人と交わりながら楽しむ、ということなのでした。


男性の更年期障害ということをホームページ上で告白しているのが、

吉田拓郎さん。

「結婚しようよ」などの代表曲が有名です。

その吉田拓郎さん、

森進一さんに提供し、大ヒットとなったのが「襟裳岬」(名曲です)。

その歌詞の中で、

「理由のわからないことで 悩んでいるうちに

老いぼれてしまうから 黙りとおした年月を

………」」

というのがあるのですが、

何かこの歌詞が更年期障害の症状のようにも読み取れてしまいます。


他にも病気などで仕事が休止状態だった時もあるようでしたが、

現在は更年期障害もそれほどなくなったようで精力的に活動しているようです。

posted by リハ技師 at 20:03| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

医療と介護の連携に関する意見交換

今回は、中央社会保険医療協議会 (医療と介護の連携に関する意見交換)の議事録をみてみました。

【】内は議事録引用しています。


【医療機関が各患者の要介護認定日を把握することは容易ではないために、要介護認定を行った場合には、保険者である市町村等から主治医意見書を作成した医療機関などに対して、要介護認定を行ったことを通知する仕組みも必要】

上記は、ある委員が述べた意見なのですが、ブログ管理者全く同意です。

現在、介護認定開始日を医療側が把握するのはなかなか困難です。


次に同じ上記の委員が述べたこととしては、

原則として介護保険に移行できる人はなるべく介護保険に移行していく、ということですが、

医療保険でなければいけない一定程度の人はいるので、

それはどのような人を対象にするのかを明らかにした方がいい、というものでした。

あとは例えば医療保険と介護保険の実施計画書が共通でなかったりなど、

非効率な運用が問題との指摘をしていました。


【通所リハのふえ方は、訪問看護師がなかなかふえない現状の中で、なぜかPTOTが訪問看護ステーションに勤めて、どんどん在宅、訪問リハをふやしているという現状を考えますと、少しそこら辺のあり方は考えたほうがいいのではないかなと思う点が1点。】

この意見は先ほどの委員とは別の委員が述べたものですが、

うーん、訪問看護ステーションのリハ技士増にやや批判的なトーンになっています。

また実際に老人保健課長が返答し、

その委員の意見に同意し、訪問のありかたについては考えていく、という不気味な返答をしています。


1つ飛び越して次の委員は、急性期リハの重要性を強調していました。

急性期病院にリハビリ能力がある病院は診療報酬上評価していく、という提起だったかと思います。


次の委員の指摘は、

活動と参加に関わる医療保険と介護保険の共通データ項目を作り、

医療保険リハサイドと介護保険リハサイドが情報共有しやすいものを作った方がいいという指摘でした。


あと複数の委員からの指摘では、

地域連携パスをもっとうまく活用すべき、という意見がだされていました。


他にもありますが、このぐらいにしておきます。

来年の同時改定で診療報酬・介護報酬がどうなっていくのか、

皆さんと同様に注目して見守っていきたいと思います。

posted by リハ技師 at 19:08| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

特殊詐欺 "自分は大丈夫"8割

【自分は「おれおれ詐欺】などの特殊詐欺に遭わないー。こう考えている人が80%を超えていることが11日、内閣府が行った世論調査で明らかになった。このうち被害者の過半数を占める70歳以上は、2人に1人が「だまされない自信がある」と回答し、防犯対策も手薄と判明。認識の甘さが被害を生む要因になっている実態が浮かんだ。】

(福井新聞・朝刊 2017312日 記事引用)


まず特殊詐欺とは、どのようなものかを説明しましょう。

警視庁のホームページから引用します。

【特殊詐欺とは、不特定の方に対して、対面することなく、電話、FAX、メールを使って行う詐欺のことで、「振り込め詐欺」と「振り込め類似詐欺」に分けられます。】


このような特殊詐欺を犯す人は、本当に口がうまいのです。

以前番組の特集でみた記憶があるのですが、

うーん、様々な手口があって、その手口の技術がなかなかなのです。

しかし、もし防ぐとしたら一番なのは、

電話を使用するものであるならば、

不審な電話にはでないということです。

警視庁のパンフレットにはいくつか対策が書かれていて、

ふむふむと、うなづけるような対応がでていました。

例えば常に留守番電話に設定、

そして合言葉を決めておいて、その言葉を言ったら電話に出るという対応。

事前の準備が必要ですが、

こうすれば悪い人たちの口車にのせられて、動いてしまうということはなくなるでしょう。


ブログ管理者も詐欺まではないにしろ、

訪問販売や電話販売などで、

親がついつい「いいよ」と買ってしまい、まあまあの金額を払っていたことが数回ありました。

(実際にその買ったものは使うこともなかったのです)

例えば日中独居の高齢者の場合、

普段日中1人なので人恋しくなり、

訪問販売などの担当者の優しい声と表情などについつい信用してしまうのです。

ブログ管理者自身も高齢者になり、

あまり誰も気にかからなくなる状況に陥れば、そうなってしまう(変な)自信はあります。


しかし記事では、特殊詐欺にあわないという自信がある、と答えている人が多い…。

特にその中では高齢者が多いという結果………。

うーん、これはもう地道に犯罪者の怖さを言い続けるしかないのかもしれません。

posted by リハ技師 at 18:37| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ゆるスポ−ツ 笑って快汗

【運動が苦手な人でも楽しめる「ゆるスポーツ」が広がっている。ユニークなルールやネーミングも、人気の秘密だ。市民が新たなスポーツも作り、高齢者の健康増進や国際交流にも活用されている。目標は、2020年の国際大会「ゆる五輪」開催だ。】

{朝日新聞(東京)・夕刊 2017330日 記事引用}


だいぶ前から時代に追い付いていない、ブログ管理者。

年のせいもあるのですが、

「ゆるキャラ」の何がかわいいのか、

何がいいのか、よくわからなくなっています

また、もう「ゆるキャラ」がいたるところにでているので、

もうちんぷんかんぷんなのです。


さて記事にある「ゆるスポーツ」。

例えば記事では4つのスポーツがでていました…。

まずタイトルだけ。

「ベビーバスケ」「手錠バレー」「スピードリフティング」「シーソー玉入れ」

現在その他にも22種類のスポーツを公開しているそうです。

ふむふむ、なんとなくスポーツ名だけでも面白そうに聞こえます。

例えば手錠バレーは、

手錠をしながらバレーする、というなかなかトリッキーなものです。

これだけの説明を聞くと、

「ゆる」という雰囲気ではなさそうですが…。


なんとこの「ゆるスポーツ」、

なかなかたいしたもので、スポーツ庁も期待を寄せています。

同庁の健康スポーツ課の課長は、

「…、スポーツへの心理的なハードルを下げ、気軽に楽しめる…」と言っています。


具体的にどのような「ゆるスポーツ」があるかは、

「世界ゆるスポーツ協会」で検索すれば、よくわかります。

ブログ管理者は、そのホームページを見て、想像しただけでも、

結構そのスポーツを楽しめてしまいました

もしかしたら総合支援事業などでも、様々なメニューのうち、

このようなものを取り入れるのも悪くないような気がします。

posted by リハ技師 at 17:04| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

精神科 隔離1万人越え

【精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が2014年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計でわかった。隔離は調査が始まった1998年以来、初めて1万人を突破した。】

(長崎新聞・朝刊 2017321日 記事引用)


この記事の結果をどうとらえるか。

真逆の2つの見方がありそうです。

まず1つの見方としては、

実際に症状が激しい患者が増えていて、その隔離などの対応が増えるのは当然である、とか、

また精神科救急が増えたことで、

うまく緊急性の高い患者を受け入れているため、とか…。


もう1つの見方としては、

簡単に使える拘束危惧などがでてきたことで、その対応がしやすくなり、

安易に使用してしまうなどの対応があるのではないかという懸念…。


この記事では、

事後検証できる仕組みを作ることを提案しています。

録画・録音などの様々な事後検証できる仕組みをつくり、

果たして適切な対応していたのかを検証していくのです。

厚労省もこの提案には積極的なようで、

隔離などの対応をとるときは、一定程度精神科のところでは、

事後検証できる環境を作り上げる必要がでてくるかもしれません。

もしかして、それが施設基準になる可能性もあります。


実際に精神科病床自体が国際的にみても、異常なほどとびぬけて多いのです。

(世界平均の4倍もあります)

これは世界の精神科患者の対応が脱施設化に向かって久しいのに、

日本だけがその脱施設化に至っていないからです。

この理由は何かといわれると、

その理由の1つとして、精神科患者は危険、施設に閉じ込めたほうがいいという偏見があったのではないかと推察します。

またそれに付け加えて精神科は単価が安いということも理由としてあるでしょう。

病院も経営のことをかんがえなければいけない、

単価が安いのでなるべくたくさんの精神科患者を入院させる、

地域もそれに同調していく…。


ただ風向きは変わりました。

やっと精神科患者の脱施設化に向けてすでに厚生労働省は動き出しています。

今回の隔離や拘束の事後検証も、

隔離0 拘束0などのスローガンは無理ではありますが、

不適切な隔離・拘束を減らしていく「脱隔離」「脱拘束」には、つながっていくでしょう。

posted by リハ技師 at 14:00| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

がん全体の生存率 「50%超」7割知らず

【がんの治療成績は向上し生存率は上がっている。また高齢化の進展とともにがんの発症は増え、2人に1人程度が一生の間にがんにかかるといわれている。ただ、こうした知識は一般に普及しているとは言えないことが、内閣府が昨年11月に実施した「がん対策に関する世論調査」で明らかになった。】

(秋田魁新報・朝刊 201739日 記事引用)


最近の報道で話題になった「がん患者は働かなくていい」という大西議員の発言、

このことに関してはあまりにも程度の低い発言なので、無視したいと思います。

しかし今回の受動喫煙の議論で気になるのはお酒が入るような小さな店に関して、

全てタバコを吸ってはいけないこととする、ということが、

経営的にやっていけるのかどうかという問題が残ります。

小さな店は、分煙するにしても、ある程度設備投資が必要になりますし、

そもそも小さいので分けるスペースもないというところがあるでしょう。

また分煙ではなく完全禁煙にすると、お客さんが来なくなり、小さな店が倒産してしまうことになりかねないのか、ということが気になります。

そうなると飲食店は大きなところしか残らなくなるのではないかという心配です。

またしかし世界的には先進国では飲食店においても    建物内は原則禁煙というところがほとんどと聞きます。

またタバコを吸う人は、厚生労働省の調査では2割をきっており、

大半は吸わないということも考えると、

思い切った対策は必要ではないかということも考えてしまいます。

(どちらにしろ受動喫煙防止法が制度化されていないのは、日本と北朝鮮だけ、とのこと)

またこのような飲食店で働く人は、吸わない人でもお客さんのタバコで受動喫煙してしまいます。

働く場所を選べない飲食店勤務の人には、健康を害してもいいのか、という問題もあります。


うーん、ブログ管理者、正直この問題はどう考えればいいのか悩みます。

基本的な立場としては、医療者として完全禁煙を大いに支持しますが、

現状では、一定程度小さな店には妥協する必要があるのかもしれません。


ただ将来的にはもっとタバコの害を啓蒙していって、

タバコを吸う人がもっと減れば全面禁煙にもっていけるでしょう。

実際に今の20歳代の喫煙率は、経時的にみていくと、かなり減少しています。


さてすっかり今回の記事のことを忘れて話してしまいました…

記事では、

がんの生存率は意外と高いんだよ、という報告でした。

医療知識初心者の方は、がんと聞くとすぐに短命と思ってしまう人が多いと思います。

しかしがん全体の5年生存率は50%を超えているのです、

そしてそのことを知らないのは今回の内閣府の調査で7割程度いたのです。

がんになっても生きて、なおかつ仕事もしている人もいます。

そのようながん患者を支えていくために、

がんのリハビリも徐々にできるところが増えてきています。

(平成22年度から「がん患者リハビリテーション料」が算定できるように…)

2人に1人は一生の間にがんにかかると言われていますので、

がんに対してのリハ対応をしていくことは当然です。

ただがんリハ料をとるための研修会の参加条件が厳しいのです。

質を保つうえで仕方がないことは重々承知しつつも、

もっと間口を広げることはできないのかとも思ってしまいます。

posted by リハ技師 at 20:20| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定例のみんなで行う トランスファー研修 リハビリテーション技士部

青葉の頃 
 うるさく寝付けないのはこの土地ならでは

今年もやってきました新人研修ついでの
みんなでやろう 腰痛予防!
トランスファー研修会です

7-8人のグループで2日間合計3時間の手厚い環境でtry
基礎から応用まで
あらゆる福祉用具を駆使して研修は進みます。
先輩の手取り足取り暖かいサポートが何よりですね
IMG_9865.JPGIMG_9864.JPGIMG_9855.JPGIMG_9858.JPGIMG_9856.JPG
posted by リハ技師 at 14:32| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする