2017年04月13日

「念じて…」の技術 BMI

【脳から出る脳波などを読み取って機械などを操作するBMI(ブレーン・マシン・インターフェース)という技術だが、医療現場で使われ始めた。体が思うように動かせない難病患者の意思疎通を手助けしたり、脳卒中の後遺症で手足が不自由な患者のリハビリに活用したりする。脳活動の情報を生かした全く新しい医療になると期待される。】

(日本経済新聞・朝刊 201725日 記事引用)


ALSに対してこのBMIを使用するのは、

以前1回紹介した記憶があります。

ALSの完全閉じ込め症候群、

随意運動が全くできないけれども、

考えることだとか、感じることは問題ない状態のことを言います。

ALS患者によっては、そうなることは、生き地獄と表現している人もいます。

ブログ管理者のつたない想像力でも、耐え難いものがあるだろうと思ってしまいます。

しかし今回の方法で、

脳波を利用することで他の人とコミュニケーションができれば、

多少なりとも救われるでしょう、というか画期的です。


今回の記事で目新しかったのは精神病に対してのBMIの効果です。

脳波を確認しながら、感情のコントロールを制御させようとするもので、

症状が出にくくなったというものです。

ただどのような精神疾患に効いたのかが記事ではわかりませんでした。


後はBMIによる重度片麻痺の回復も研究していて、

かなり有望なものになるようです。


BMIというと、どうしても体格指数が浮かんでしまいますが、

今度からは皆さんもこのBMIも覚えておいてください

posted by リハ技師 at 16:45| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

緊急時対応学習会

毎年、4月には行っているリハ技士部門の緊急対応学習会、
今年も例年通りに行われました。
想定患者、年齢・疾患名・障害名、移動能力を提示し、
1グループ1つの課題を担当するのです。
課題は前日に話し合い、準備していきます。
課題は例えば、
調理訓練中、包丁で指先を切り出血、
屋外歩行訓練中、転倒し額から出血、
マット訓練中、てんかん発作の疑いあり、などなどです。
当日課題を任されたグループは、
どのように対応すべきかを全体に披露し、
そのあと意見交換をしました。

意識消失、呼吸貧弱あるような緊急な状況であれば、
とにかく周りの人に依頼すること、
その担当者は自分の担当患者が緊急的状況であればパニックになっている可能性があります。
とにかく人を呼ぶこと、
そして担当者でない冷静になりうる人が、
医師や看護師に連絡するように他の人に依頼、
気道確保、心臓マッサージ、
緊急ボックス(血圧計・パルスオキシメーターなど)を持ってきてもらうように依頼、
血圧・呼吸・酸素測定などの測定、記録
を行うようにしていきます。

上記の話はリハビリ室を想定しています。
最近は家庭訪問時、訪問リハ時の対応を更新しました。

posted by リハ技師 at 20:10| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

原子炉冷却 12日間の深層

番組の紹介。

312日放送、

NHKスペシャル「メルトダウンFile.6 原子炉冷却 12日間の深層 〜見過ごされた“危機”」


番組のホームページから引用します。

【世界最悪レベルとなった東京電力福島第一原子力発電所の事故から6年。事故がなぜ、どのように起きたのか、今もなお謎が残されている。独自の取材と専門家による科学的検証を重ね、事故の真相に迫り続けてきたシリーズ「メルトダウン」。今回は、最も早くメルトダウンし、その後の事故の進展を決定づけた1号機をめぐり、現場で何が起きていたのかに迫る。原子炉の冷却に失敗した1号機、その背景には何があったのか、新たな事実が浮かび上がってきている。さらに、一連の事故対応を記録した東京電力のテレビ会議の膨大な発話を詳細に分析することで、複数のプラントで同時多発的に事故が起きた時に、人間が適切に対処できるのか、検証する。福島第一原発で進行した危機の実態を解明し、今に突きつけられた課題を探る。】


当時の福島原発事故の報道をただ見ていたら、

もう日本はどうなってしまうんだろうと、かなり不安なまま生活を過ごしていたと思います。

それほど差し迫った状況でした。


番組においても、混乱状況の中でその原発基地のスタッフがいかにして必死に対応したかが見えてきました。

所長はその状況の中でできる限りでの賢明な対応をしたとは思いますが、

なんの準備もない状態(白紙状態)でした。

例えば電源が喪失した場合、イソコンという機会が自動的に働くのですが、

そのイソコンを誰もが動かしたことがなく、

電源喪失の中でそれが機能しているか、機能していないかがわからないことで、

メルトダウンになった一端になったのです。

また1号機から4号機が次々と予測がつかないトラブルを引き起こしてしまうのですが、

所長1人がリーダーとして対応していたので、

その次から次へとくる数日間の対応に疲労困憊し、

途中退席を余儀なくされていきました、

なおかつその退席時に適切な対応ができなくなったことがあったのです。


要するに非常時に対する何の準備もしなかった、

原発は絶対安全だという原発神話がこのような状況を引き起こしたのです。


政府は世界一厳しい基準を作って、原発再稼働にゴーサインをだしています。

しかし事故調査をするときは事故の現場を詳細に評価し、

どこにどのようなことが問題があるのかを明らかにし、対応策を考えます。

それによって事故が起きたときにはどうすけばいいかが見えてきます。

しかしいまだに原子炉の中は放射能が強く、調査できるような状況にはないのです。

つまり実態はわからないまま、政府は基準を作成しています。


福島原発が総括されないままの再稼働、

次の悲劇を繰り返さない対応をぜひともしてほしい、そう考えてしまいます。

posted by リハ技師 at 18:16| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

発達障害とどう向き合うか 働く発達障害者を支える

今日は、リハ技士政策委員会主催の勉強会がありました。
リハ技士は主任以上、
看護師さんも師長クラスの人たちがきていたようです。
講師は、
自立支援センターふきのとうの白幡先生。
テーマはタイトルにあるように大人の発達障害についての見識を深めるというもの。
発達障害があるのではないかと考えてしまうスタッフがでてきており、
その対応に苦慮している役職者が多くいます。
今回の講演ではそのような人たちをどう向き合い、支えていくか、
そのヒントが散らばっている講演になっていました。
具体的には気になったポイントとして1つだけ言うと、
「発達障害の二次障害」です。
発達障害があるからと言って、生活や社会に大きな問題を必ず起こすとは限らないということ、
不適切な対応・不適切な環境にいることで、深刻な状況を招く、というものです。
認知症の中核症状とBPSDの考え方と同じであることに気が付きました。
もちろん発達障害と認知症を全く同じ対応とすべきとは思っていませんが、
しかし私たちでもできるような対応の変化・環境の変化によって、
発達障害の二次障害を減らすことができるのです。

リハ技士部としてもこのような見識を深め、
そのうえで具体的な議論を進めたいと思っています。
posted by リハ技師 at 20:17| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極める変形性股関節症の理学療法 加藤浩 先生をお迎えしてセミナー 庄内の囲炉裏と客人 新人研修

小春日和

昨日、
九州看護福祉大学の加藤浩先生をお迎えして
今年度最初の研修会を開催しました。

当法人に入職した10名の理学療法士も参加しました。DSC_1588.JPGDSC_1590.JPG
彼らはラッキーですね
社会人になって初めての専門職としての研修が、
日本の運動器理学療法の代表である加藤先生の講義を無料(病院負担)で聴けるなんて

加藤先生の講義は大変興味深くそして楽しく4時間があっという間でした。
時折体を動かした実技も活気にあふれ、
何より実体験で学習することが出来ました😃PTは好きですよねこういう感じ....
DSC_1591.JPGDSC_1586.JPG

加藤先生は6/11 再来日予定です。
極めるシリーズ...極めたい...少しでも触れたい
真似事ではなく理解して、目の前の患者様に活かしたい
ぜひ、この学びの時間を多くの方々と共有したいと考えています。

この間素晴らしい先生方と多方面に渡りお話しして
多くの共通点や関連性を学びました。
世界で活躍する先生方が東北にお越し下さる貴重な機会です。
皆様の参加をお待ちしております
キーワード検索:PTPTSTネット 東北 庄内の囲炉裏と客人
posted by リハ技師 at 10:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

“仮設6年”は問いかける 〜巨大災害に備えるために〜

番組の紹介。

311日放送。

NHKスペシャル「シリーズ東日本大震災“仮設6年”は問いかける〜巨大災害に備えるために〜」


番組のホームページから、

この番組の概要を引用します。


【災害で自宅を失った時にどこに住むのか?国の制度や法律に基づいて予算を投じ、応急的に設置されるのが「仮設住宅」だ。しかし、震災から6年がたつ中、3万人以上がいまだに仮設住宅で暮らしている。阪神・淡路大震災では5年で全員が退去したが、東日本大震災では最長で9年仮設住宅での生活が続くとも言われている。不自由な仮住まいが続く中、再建を果たせぬまま亡くなる人も相次いでいる。

なぜこうした事態が起きているのか。次なる巨大災害への対策として、何が必要なのか。番組では、被災者の厳しい実態とともに、その根本的な要因を取材。さらに首都直下地震の住宅被害のシミュレーションなどを通して、現在の災害対策・復興政策をどう転換していけばいいのか、考えていく。】


実は東日本大震災の前に、

2005年にあったアメリカのカトリーナハリケーン後の復興の遅れを

2010年のブログで批判したことがあります。

確か被災後4年たっても仮設住宅であり、

アメリカ政府はなんと冷たい対応なのかと…。

しかし、東日本大震災は6年が過ぎました、

仮設住宅で暮らしている人はまだ3万人以上いる、という現実…。

日本政府を批判的に語ることもあるブログ管理者、

しかし日本はアメリカのような状況にはならないと勝手に思っていました。

もちろん東日本大震災の被災地域とカトリーナで被害を受けた地域の範囲が違うので、

一概に比較はできませんが、

何回も言ってしまいますが6年を過ぎているのです。

仮設住宅での本来の期間は2年が原則となっています。

災害救助法という戦後からほとんどかわっていない法律に、

仮設住宅は応急処置であり、そんなに長い期間住むようなものはなっていません。

ただ年度ごとに更新することはできて、現在の6年になっているのです。


番組ではまずこの2年間の設定がおかしいのではないかと批判します。

番組にでていた内閣府の役人は、こう言います。

"しかし、仮に5年という設定をしたら、そこの人たちは絶望的になってしまう"、

つまり人々の精神面によくない影響を与える、というのです。

しかし、これは明らかに詭弁です。

東日本大震災ではもう2年という設定が崩れているのです、

現実にに6年たっている、

内閣府の役人はなぜ現実に目を向けないのでしょうか。

それに2年という設定にし、

ただなし崩しに年度ごと更新するというのは、

逆に国は住宅方針を明確にできないのだ(もっと悪く言えばだましている)と考えてしまうのが自然でしょう。

またこちらのほうが被災者にとっては、

2年間という期間がある分、それが過ぎてからの国の説明は信頼がなくなります。

このような大規模災害の時は、

正直に長い期間仮設住宅になってしまう可能性も含めて、

応急処置ではない仮設住宅を考えるべきです。

(ある程度広くして、バリアフリー化もしていくなど)

そのためには災害救助法の仮設住宅の定義を見直すべきなのではないかと

番組をみて、そう感じました。


1995年の阪神・淡路大震災、

2004年の新潟中越地震、

2011年の東日本大震災、

そして昨年の熊本地震、

いつきてもおかしくない地震大国日本、

その準備はとても万端とは思えないのです。

posted by リハ技師 at 23:19| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

情報隠蔽

最近ご無沙汰していた堤未果新書3冊シリーズ、

「政府は必ずうそをつく」という本から。


SRP原子炉事故が、実は「アメリカ史上最も深刻な事故の一つ」であったことを国民が知るのは、それから更に14年後のことになる。1988年にオハイオ州選出のグレン上院議員が議会公聴会で明らかにするまでの18年間、この事故に関する真実は政府によって完璧に隠蔽されていたからだ。】


このような原発事故の隠ぺいは、英国でもありました。

195710月に原発事故が起き(2基で火災)16時間にわたって放射性物質を放出したのにも関わらず、

当時の政府は避難命令もださなかったために、事故直後数十人が白血病で亡くなりました。

しかし、これが事故として明らかになったのは30年後だったのです。


最近の森友問題と同じ土俵で話してはいけないとは思いますが、

近畿財務局の森友との面会記録が一切のこっていないのは、

どうしても隠ぺいの臭いがぷんぷんしてきます。

財務局側は、規則で面会記録は1年未満の保存期間となっていることを盾にして、記録がないことの正当性を訴えています。

しかし、そもそもその規則がおかしい…。

面会記録が1年未満であれば、面会の次の日に処分しても問題になりません。

では本当に処分しているのかと思っていたら、

テレビ番組に出ていた元官僚の何人かは、官僚は少なくともかならず詳細なメモをとるはず、

何も記録がないのはありえない、とも述べています。

ブログ管理者には、わからない世界ではありますが、

やっぱり怪しいのです。


それだけではありません。

防衛省の南スーダン国連に参加した陸上自衛隊の日報問題も、隠ぺいがありました。

そもそも南スーダンの状況が政府軍と反政府軍が戦闘状態なのか否か、

そこに関して国会でも野党は政府に質問を投げかけました。

マスコミもどのような状況なのか追及、

派遣した自衛隊部隊の日報を公にするように求めました。

しかし防衛省はその日報は廃棄されたと説明、

更に11月に駆けつけ警護の任務付与を決め、先発隊を出発させたのです。

しかし同じ与党から日報のデータはあるはず、という強い要請を受け、

4日後に見つけたのですが、

なんとそのデータを発見したことを大臣に伝えたのは、その1か月後、

そしてマスコミに報告したのはそれから10日後です。

うーん、国会で大議論になっていたときに、その情報(日報)を出したくなかったのではないかと、

疑り深いブログ管理者は、そう思ってしまいます。


国のこの連続した隠ぺいは、何をものがたるのか、

皆さんも考えてみてください。

posted by リハ技師 at 17:44| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 堤未果新書3冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

介護・育児・障碍者福祉 窓口18年度一元化

【高齢者や子ども、障害者向けの福祉サービスを一体で受けられる「地域共生会議」づくりへ、厚生労働省は実現までの道筋を示す工程表をまとめた。2020年代初頭の全面実施を目標に各制度の縦割りを段階的に排除。まず18年度から相談窓口を順次一元化し、障害者と高齢者の共通サービスを導入するため、7日に関連各法を閣議決定する。】

{朝日新聞(東京)・朝刊 201727日 記事引用}


具体的にどのように変化していくのでしょうか。

厚生労働省は4つ挙げています。

地域課題解決力の強化

これは互助機能強化といっていい内容です。

.地域を基盤とする包括的支援の強化

若い障害者であれば福祉課、高齢者であれば介護保険課など、

その診断名などによって、相談窓口が1本化されていなかった、という問題がありました。

今回の改正では「縦割り」から「丸ごと」にみていくという姿勢に変化しています。

.地域まるごとのつながりの強化

例えば障害者の雇用など、

雇用政策と福祉政策の両面から、そのような人たちを支援する人材を育成するなど、

丸ごとみられるための連携の強化。

.専門人材の機能強化・最大活用

看護師・介護福祉士・保健士の資格獲得にむけて「共通基礎課程」を創設し、

専門職種の今までの仕事の範囲を大きく広げ、柔軟に対応できるような仕組みにしている…、

のだと思います。


1番目に関しては、みんなが手と手を取り合って町の人たちのために動くような仕組みは悪いことではありません。

ただこのことを理由に大きく公助の対象が減っていく危惧をもっています。

2番の縦割りの弊害や3番の連携強化は、

人口減少時代を生きている今では、効率的な対応が必要であり、ブログ管理者も賛成です。

ただ気になるのは4番です。

一応厚生労働省は、

専門職の専門性を確保しつつ、という言葉を入れており、

全く専門性に対して軽視しているわけではないことはわかります。

しかしこの「共通研修」程度で本来でない職務の対応が可能なのか、

その「責任と権限」の姿がブログ管理者には見えてきません。


まだまだこのことに関しては、

これから様々な政策がでてくると思います。

注目しましょう。

posted by リハ技師 at 16:00| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

新人研修

今年入職してきた新人は、
今日まで法人で研修を行い、明日から現場で研修になります。
その今日の研修で、施設見学が組まれていますが、
ブログ管理者と事務長とで2グループに分けて当院の施設説明+病院の特徴を説明しました。
そのブログ管理者の説明の時に、
ST室について説明しようとしたら、
ST科長がその見学をしてきた新人を笑わせようとしたのか、
突然説明の時に入り込み、何か意味不明なことをやっていました。
しかし誰も笑わず、逆に「シーン」とさせてしまいました。
ここは「笑うところなんだけど…」とブログ管理者が突っ込みを入れたら、
笑ってくれましたが…。

明日はまず事務長より10時30分までオリエンテーション、
10時30分からは各配属先に分かれて見学。
午後、リハ技士部門は独自で新人研修スケジュールを組んでいるので、
まだ新人の研修は続きます。

そして明後日の金曜日には新人歓迎会、
ここで一気に緊張がほどけるようにしたいものです。
そうすればST科長の様々なボケにも、笑ってくれるでしょう。

posted by リハ技師 at 20:14| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

シニア お手本にしたい有名人

【「お手本」は吉永小百合さんとタモリさんー。大和ネクスト銀行が50代以上に目標とする有名人を尋ねたところ、若くから活躍し、還暦を迎えても第一線にいる著名人が上位に名を連ねた。高齢者の定義を75歳以上に見直すべきだとの議論がある中、「生涯現役」に憧れるシニアの思いが浮かび上がった。】

(福島民友・朝刊 2017129日 記事引用)


(このアンケートは50~79歳の男女を対象にしたものです)


男性1位はタモリさんですが、

ちなみにそれ以下の順位を言うと…、

2位は役所広司さん、3位は高田純次さん、4位加山雄三さん、5位伊藤四郎さんです。

女性1位は吉永小百合さんですが、

これもそれ以下の順位は…、

2位は樹木希林さん、3位は桃井かおりさん、4位中島みゆきさん、5位竹内まりあさんです。

男女含めると圧倒的に吉永小百合さんが1位。

吉永小百合さん、インターネットで年齢を検索してみると、

昭和20(1945)生まれ、現時点でなんと72歳。

うーん、最近の写真も確認しましたが、

とってもとっても奇跡の72歳なのです。

昨年も日本アカデミーの主演女優賞受賞までは至りませんでしたが、

候補に選出されただけでもすごいことです。

今年だと、「北の桜守」で主演。

息子役に堺正人、堺の妻に篠原涼子、

その他に佐藤浩一、阿部寛、高島礼子、中村雅俊などスタッフも豪華。

そして吉永さんは120本目の映画出演という節目の映画のようです。


また吉永さんは、映画だけでなく、

原爆詩朗読も有名で、

平和の語り部としても活躍しています。

また最近では、先ほどの「北の桜守」の映画撮影の合間をぬい、

世界的音楽家、坂本龍一の復興支援プロジェクト「東北ユースオーケストラ演奏会2017」に特別出演しており、

東北の復興のためにも尽力してくれています。


いつまでも輝いているこの姿が、シニアが理想とするところなのでしょう。

ちなみに女子大生が、このように年を取りたい有名人というものでも、

吉永さんの名前は挙がっていました。


これからもシニアに元気を与え続ける吉永さんになってもらいたいですし、

その姿をブログ管理者も見守っていきたいと思います。

posted by リハ技師 at 18:48| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする