2019年12月09日

中村哲氏 死去

先週、中村哲さんが亡くなりました。

先週末は、このニュースが各番組で取り上げられていましたね。

当ブログは2016年に中村さんを取り上げています。

その2016年にETV特集で「武器ではなく、命の水を」という番組に、

中村さんが中心人物としてでていました。

その時のETV特集のホームページから、この番組の概要を引用しましょう。


【戦乱と干ばつが続くアフガニスタン。この地で干ばつと闘い続けてきた医師・中村哲(69)。始めたのは用水路の建設。渇いた大地に再び緑を取り戻すまでの15年の記録です。

アメリカ同時多発テロから15年。今も戦乱の続くアフガニスタンで干ばつと闘う日本人がいる。医師・中村哲(69)。「武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」。中村は白衣を脱ぎ、用水路の建設に乗り出した。15年たったいま、干ばつの大地には緑がよみがえり、人々の平穏な営みが再び始まろうとしている。戦乱の地アフガニスタンに必要な支援とは何か。15年にわたる中村の不屈の歩みを通して考える。】


今でも中村氏の言葉が忘れられません、

10人の医師よりも1本の用水路の方が命を救える」

アフガンでは基本的な生活さえままならない状態で、

非常に不衛生であり、なおかつ食えずにやせ細った人たちがたくさんいます。

それは2001年の同時多発テロでアフガンがテロの温床として名指しされました、

そしてアメリカから空爆などで被害を受けたことが、貧困状態を更に加速させ、

数多くが難民状態になったのです。


実際に中村氏は白衣を脱いで、農業ができるように、砂漠化していた土地に水をひく事業を行います、

しかしほとんど素人集団での事業でした。

様々な苦難を乗り越えながらも、

全面砂漠化していた土地を地平線まで緑地化した映像は圧倒的で、胸にこみあげるものがあったことを記憶しています。


中村氏は番組最後に土木作業など、

今まで中村氏が行ってきた事業を本にまとめ、

後世の人たちが自分たちの手で事業ができるように対応していました。

この番組の時点で用水路事業ではアフガン全体の2%しかできておらず、

中村氏が生きている間はアフガン全体をくまなく農業ができる土地にするのには、まだまだ時間が30年、40年かかるだろう、

中村氏は、そのころには、私はいない、ということで、引き継ぐ全てを作成していたのです。


中村氏が亡くなったのは、非常に残念なことです、

しかし中村氏の想いは、すでに形になり、そして引き継ぐすべはアフガンの人たちに、

もうあるのではないでしょうか。

もちろんまだまだ他の人たちの国の助けがないと大変な状況ではあるでしょう。

しかし少なくとも一部のアフガンの人に、

私たちで生きていけるという「誇り」を与えた、ということだけは間違いないでしょう。


中村氏の冥福を祈りたいと思います。

posted by リハ技士 at 16:53| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

回リハ病棟、FIM得点の患者への説明を要件化か

【厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は20191129日の総会で、回復期リハビリテーション病棟入院料や入退院支援に対する評価のあり方について議論した。回復期リハビリ病棟入院料では、リハビリのアウトカムを適切に評価できるよう、入棟時のFIM得点について患者への説明を要件化することが検討された】

(日経メディカル 2019124日 記事引用)


リハ実績指数をまた引き上げるのではないかといううわさも飛び交っているのですが、

それは不明確な情報なので、ひとまずそれは置いておきましょう。

上記引用の記事がでた趣旨としては、

おそらく国は現場でのFIM評価が適切なのかどうかを疑っているのではないでしょうか。

入棟時のFIM点数が抑えられているのではないかという文章を何かのレポートで読んだ記憶があります。

つまり患者・家族にFIMの入棟時の点数がわかるように説明することで、

病院によって入棟時の抑えられたFIM点数が適正な数値になるだろうということです。


他にも様々情報がきています。

また来週紹介しましょう。

posted by リハ技士 at 17:30| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

首相「名簿廃棄担当は障害者」 ???

【内閣府は今年の同会の招待者名簿について、野党議員から59日に資料請求を受けた1時間後にシュレッダーで廃棄を始めた、としている。首相はその経緯について、2日の参院本会議で「シュレッダーの空き状況や、担当である障害者雇用の短時間勤務職員の勤務時間などとの調整を行った結果、使用予定日が59日となった」などと説明した。】

(2019125日 朝日デジタル 記事引用)


上記の記事は、「桜をみる会」の招待者名簿の破棄についてのものです。

まぁ、「桜をみる会」の招待客名簿破棄(破棄したタイミングが大問題)の内閣府の説明は、誰が聞いても納得できないものでしょう。

(どう考えてもシュレッダーの問題ではないでしょう)

そして更に今回その納得できない理由に付け加えて、

障がい者を理由に出しているのは、

ブログ管理者からすれば、首相は障がい者に対して、べつに関心がない、と自然にそう感じてしまいます。

(そもそも首相含め内閣府の役人は、個人情報を守ることを盾にして、様々な情報を黒塗りにしていました、

しかし今回の話は、個人を特定できるものではないものの、

障がい者が要因でシュレッダーが………と、そこだけはおおっぴらに言っています、

もう無茶苦茶です)

この件について、れいわの障害をもつ議員が批判するのは当然のことで、

首相は本当に真摯にこの意見に耳を傾けてほしいと思います。


まだ障がい者雇用の数多くの公的機関の不正の記憶が、まだ生々しい中、

また障がい者雇用促進に対して、ブレーキをかける対応、

本来、模範を示す国がこのような対応、もう言葉がみつかりません。

posted by リハ技士 at 19:19| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

診療報酬改定で「人件費」プラス 政府、医師働き方改革に配慮

政府は23日、医療機関がサービスの対価として受け取る診療報酬の2020年度改定で、医療従事者の技術料や人件費に当たる「本体部分」の改定率をプラスにする方針を固めた。医師の働き方改革を進めつつ安定した医療提供体制を維持できるよう、スタッフを手厚く配置するための財源確保が必要な医療機関に配慮した。
(livedoor News 2019年11月23日 記事引用)

やはり医療費本体はプラスでほぼ固まったようです、
予想通りとはいえ、少しだけ安心しました。
あとこれも予想通りですが、全体の改定率をマイナスにすることも固まっているという報道が…。
(財政審議会の答申では医療費全体で2%以上のマイナス改定を出していたので、ここも安心しましたので)
そしてやはり問題になるのは薬価がどの程度抑えられるか、ということです。
一番直近のニュースでは、0.9%引き下げで合意されたとなっています。
1998年以降のデータで薬価の引き下げで最高だったのが、1998年の−2.8%、
一番高かったのは、2014年の-0.63%。(つまりここ10年以上薬価は常にマイナス改定)
2016年は、-1.33%、2018年は-1.74%なので、
ここ最近のデーターでは、マイナス改定ではあるものの、比較的高い数値であることはわかります。

そうなると気になるのはどの程度のプラス改定なのか、ということです。
全体の改定率はマイナスの改定率で、医療本体はプラスということであれば、
0%よリハ実施は大きく、0.9%よりは小さい数値ということになります。

おそらく12月中には、改定率が発表されるのではないかと思います。
そしてその結果をうけて、診療報酬改定の中身がどうなのかも早く知りたいところです。
待ちましょう。
続きを読む
posted by リハ技士 at 16:04| 山形 ☔| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

障害者試験、244人が合格=雇用水増し受け2回目―人事院

【人事院は26日、障害者を対象にした2019年度の国家公務員採用試験で、244人が合格したと発表した。中央省庁の障害者雇用水増し問題を受けたもので、昨年度に続き2回目。合格者は常勤職員として、同日以降各省庁や地方の出先機関で勤務を始めることができる。

 申込者数は4574人で、競争率は18.7倍だった。省庁別の合格者は国税庁の48人が最多で、法務省28人、出入国在留管理庁26人と続いた。障害の種類は精神が63.1%、身体が36.5%、知的が0.4%だった。】

(時事メディカル 20191126日 記事引用)


障がい者の法定雇用率を達成しているところは、

平成27年度の古いデータで申し訳ありませんが、達成したのは民間だと47.2%

半分もいっていないのですから、なんとかしなくてはならない状態であります。

しかしその法定雇用率の達成を促進する官庁や自治体が、

さまざまなごまかしを行い、実際には障がい者をきちんと雇用していなかったというのは、

本当に腹立たしい事件でした。

ブログ管理者が受け持っていた若い患者も、数年前に地方自治体の採用を受け、結果不合格、

もしかしたらこのようなごまかしを行っていなければ、受かっていたのでは?と、

つい思ってしまいます。


現在働き方改革が叫ばれ、その中に働く人の多様性をいかに進めていくかも、大事な視点です。

生産年齢人口が減少する中、女性・高齢者・障がい者・外国人など様々な人の手を借りていかなければ、

将来の成長はないはずです。

もちろん簡単なことではないでしょう。

様々な知恵と工夫が必要にはなってくるでしょうが、

多様な働き手がいる社会を実現するために、知恵と工夫と言う点ではリハ技士の関与も必要になってくるでしょう。

posted by リハ技士 at 17:43| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする