2020年11月30日

コロナで訪問介護職の人手不足が深刻化

新型コロナウイルスの感染拡大で、ホームヘルパーなどの「訪問介護職」が深刻な人手不足に陥っています。ことし9月時点の有効求人倍率は15倍を超え、現場からは、人材を確保するためにも介護報酬を引き上げ待遇を改善すべきだという声が上がっています。
(NHK NEWS ONLINE 2020年11月30日 記事引用)

これと同時に別のニュースも…、
それは財務省の財政制度等審議会において、
プラス改定の環境にはないと、強い表現で財務大臣に意見を提出したのです。
現在更なる不況真っ最中の中、
ますます自己負担を強めるような介護報酬改定をするべきではないというのが理由のようです。

冒頭のニュースは、訪問関連だけでなく、
このコロナの影響で、
医療・介護の人材確保に逆風がおきているのは間違いないでしょう。
人の確保ができなければ、
医療・介護は機械に変われる仕事ではないため、
その事業は成り立たないところもでてくるかもしれません。
地域の医療・介護は縮小していくしかないのか………。

総合的にどう国は考え、対処していくのか、
見守っていきたいと思います。

posted by リハ技士 at 11:34| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

新型コロナ、全国のリハビリ・療養病院での集団隔離を考え直すべき=韓国

新型コロナの新規感染者数が再び二桁に下がった中、専門家らは「新規感染者数よりは重症患者数の方が重要」とし、警戒心を促している。
一部では重症患者数を減らすためには、リハビリ・療養病院などに適用される「集団隔離」方式を変えなければならないと指摘する。
(2020年10月25日 WOW! Korea のホームページ 記事引用)

韓国の記事ですので、お間違いなく…。
さてこの集団隔離・韓国では、どのように行っているか。
まず療養病棟で1名コロナ陽性者が出たとしましょう。
現状その場合、その療養病棟はなんと勤務者も含めて、プラス入院者全員を隔離します。
しかしその場合、
勤務者や入院者が例えば同じトイレを使用することもあり、
職員が感染をしたら、その職員が媒介者となって、感染を広げることも…。

普通に考えれば、感染したひとだけを隔離するのが日本で考える「隔離」でしょう。
しかし、これでは上記のように、その隔離内で感染を拡大することになってしまいます。
なぜ韓国でのリハビリ・療養病院の隔離の定義が、このような形になったのか、
ブログ管理者も不思議です。

追伸
また鶴岡(小真木公園付近の路上)にはクマがでました。
そのあたりに住んでいるスタッフもいるので、かなり心配です。
posted by リハ技士 at 17:24| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

県、職員相互派遣ネットワーク構築 介護、障害者施設の感染対策

県は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に備え、入所、居住を伴う介護施設や障害者施設などを対象とした相互応援ネットワークを構築したと発表した。利用者や職員の感染が確認された場合、職員を派遣し合う仕組みで、福祉サービスを継続して提供するための連携体制が整った。
(山形新聞WEB版・2020年10月21日 記事引用)

当法人においても、
例えば病院や診療所・介護事業所でクラスターが起きたとき、
その事業所の対応のありかた、
支援体制のありかたなど、
コロナ対応のBCP(事業継続計画)を作成しています。
(ただまだ完全最終版にはなっていないですが…)

記事にある通り、
県内の施設においても、
どのような基準で事業を継続するのかという基準を明確にし、
プラスして連携体制のありかたも明確にしています。
このようなことをしないと、
働いている人たちも不安ですし、利用者やその家族も同様に安心でしょう。
これに登録をすれば、コロナで大変な状況になった時に、
県が調整してその事業所に関与していくというサービスは画期的です。

上記だけの説明では不十分で、わかりづらいかもしれません。
もう少し詳しい情報が入ったら、後追い記事をまた掲載します。
posted by リハ技士 at 17:54| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

感染予防にシールドは効果「不十分」

新型コロナウイルスの感染予防対策で用いられるフェースシールドやマウスシールドについて、県や山形大医学部は飛沫(ひまつ)の拡散リスクがあり感染を防ぐ効果が低いとして、改めてマスクの着用を徹底するよう求めている。県は公式の会員制交流サイト(SNS)で県民への呼び掛けを始めたほか、同学部はマスク着用と手洗い励行を促している。
(山形新聞 2020年9月29日 記事引用)

かなり飛沫の可能性がある対応の場合は、
フェースシールドだけでなく、プラスしてマスク着用は、
当法人においても絶対でしょう。
よくテレビで話している演者の表情が見れるようなフェースシールドを目にしますが、
あれは本来は感染対策としては、不十分なのでしょう。
現在あのフェースシールドは見慣れなかったので、
その演者の話している内容が頭に入らず、
その外見の非日常さに気を取られていたことを思いだします。
今はさすがに慣れてはきましたが…。

ただブログ管理者の身の回りの日常ではフェースシールドをして、外に出ている人は見かけません。
(記事では、フェースシールドをする利用者が増えているとのこと)
おそらくフェースシールドを日常で行っているのは、
都会の人ではないかと、
田舎者のブログ管理者はそう思ってしまいます。

(あと数日前のニュースで地元の庄内映画村が自己破産したという一報が…。
このコロナ、
地域経済にどこまで傷を深くしていくのか、心配が深くなるだけです)

posted by リハ技士 at 18:35| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

堀ちえみ 24時間テレビ 手術後初歌唱

昨年2月に舌がんの手術を受け、舌の6割を切除したタレントの堀ちえみ(53)が23日、日本テレビ系「24時間テレビ43」に出演し、会場の東京・両国国技館で1985年の曲「リ・ボ・ン」を歌い上げた。
(JCSAT テレビウォッチ 2020年8月23日 記事引用)

日本テレビのワイドショーで見ましたが、
歌っている方が話すよりより自然に聞こえたのが不思議でした。
話すと若干、声がこもっている印象を受けたのですが、
歌い始めると伸びやかな声が出ており、
まさしく歌手なのだと、意識づけられる瞬間でした。

そして舌が6割もない状態でのこの歌唱レベルまでもってくるまでにいたった、
壮絶なリハビリを思うと、
この結果は、本当に良かったと思います。

今度はどこで、堀ちえみさんの歌声が聞けるのでしょうか。
posted by リハ技士 at 17:04| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする