2013年10月18日

神経リハビリテーション研究会 in沖縄2013 理学療法注目発表

全日本民医連 神経リハビリテーション研究会 in沖縄2013
今回は参加した理学療法士が注目した発表。
タイトルは、
「ヒップウォークによる側方バランスの変化」
大阪の耳原総合病院、理学療法士の発表です。

今回、耳原病院のPTは、
端座位ヒップウォーク・長座位ヒップウォークを行って側方バランスにどのように影響を及ぼしたかを調べました。
対象は健常成人。
健常成人でも端座位の側方リーチには左右差がある(体幹筋の緊張アンバランスあり?)とのこと。
しかし、このヒップウォークをすることによって、
その左右差が有意に減少したという報告でした。

参加した理学療法士はこのヒップウォークは行ったことがないアプローチということで、
これに注目したようです。
posted by リハ技師 at 20:03| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

神経リハ研究会 in沖縄 2013 OT注目発表

全日本民医連 神経リハ研究会 in沖縄 2013
今回はOTが注目した報告。
タイトルは、
「ラベンダーによる嗅覚刺激が複数課題環境下における歩行パフォーマンスに及ぼす影響の検討」
福岡のみさき病院、理学療法士の発表です。
ブログ管理者は初めて聞いたことでしたが、
先行研究で、
ラベンダーによる嗅覚刺激が、
10m歩行速度やTimed Up Go testを著しく改善したという報告があったとのことでした。
では日常生活上の歩行で求められる複数課題環境下での、
ラベンダーによる嗅覚刺激では改善が認められるかということを
今回の報告者が研究したものです。
(対象は全て回復期リハ病棟にいた歩行自立者、方法は割愛)
結論的には複数課題環境下においても改善したとのことでした。

ラベンダーがどのように歩行能力の改善に関与しているのか、
抄録だけでは不明でした。
憶測で言うと、ラベンダーは人の意識を清明にする性質があるのかなととらえましたが、
全く自信はありません。
もう少しその機序を知りたいところです。
posted by リハ技師 at 19:39| 山形 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

神経障害性疼痛

ファイザー株式会社より、
神経障害性疼痛についての研修を開いてもらいました。
かなりわかりやすく、非常に理解しやすい研修でした
(ただし薬剤の関しての説明はやや難しかったです)。
資料に痛みを視覚的評価スケールで表せる器具もついており、
これは早速、臨床で使用できそうな器具でした、
痛みを数値化できるのは、どの程度改善したのかなどを見る時に非常に有効です。

また神経障害性疼痛があるかどうかの評価スケールももう少ししたら、
当リハ技師部に配布してくれるそうです。
どうやら質問形式でできる評価なので、
リハ技師がそれらの評価を定期的にチェックしながら医師に報告することもできそうです。
楽しみにその評価スケールを待っていましょう。
posted by リハ技師 at 16:00| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

院内高次脳機能研修会

昨日は夕方にOTより、
当院における自動車運転評価で、
可能と判断した群と困難と判断とした群での、
様々な高次脳機能評価バッテリーの有意差を調べたものを報告しました。
内容は東北作業療法学会に報告するため、
ここでは結果は述べません。

自動車運転がらみでもう一言付け加えて、
来週火曜日に、
本田技研で出している自動車運転シミュレーターのデモがきます。
このシミュレーターの企画には作業療法士が関与しているということなので、
運転評価の妥当性に関しては、
現在ある運転シミュレーターよりも高いのではないかと期待しています。
posted by リハ技師 at 20:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

移乗等の介助研修

昨日は、リハ技師部全体の研修会で、
移乗等の介助研修が行われました。
10班に分かれて、
臥位での上方・下方・側方への介助の仕方、
移乗機器・用具を利用した移乗介助の仕方などを
先輩が後輩に指導する形で行われました。
posted by リハ技師 at 08:30| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

オムツ交換・陰部清拭の勉強会

オムツ交換・陰部清拭の2南病棟リハ技師部勉強会、
2南の介護職より指導をうけました。

オムツはオムツの種類の説明、
そしてそのあて方。
陰部洗浄は目的と対象者の説明、
具体的な手順とその拭き方が指導されました。
2013年度理学療法士.jpg

posted by リハ技師 at 13:40| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

リハビリテーション技師部緊急時学習会

昨日は、
リハビリテーション技師部緊急時学習会が行われました。
10班に分かれて様々な緊急トラブルを想定し、
その時にどのような対応をするのか、
寸劇を織り交ぜながら説明していく学習会です。

調理訓練中の火傷の場合の対応、
プラットフォーム上、臥位での意識消失心拍停止(心筋梗塞の場合)、
椅子座位での休憩中、嘔吐した場合、
などなど10の事例を出しました。
ただ共通していたのは患者の設定(右片麻痺・車椅子棟内自立など)のみです。

かなり迫真に迫った演技も魅力でしたが、
やはり緊急時にどのように対応すべきか、
10班の事例から、みんな真剣にメモを取っていました。
各班の発表の後には質疑があり、
発表した緊急時の対応について訂正した方がいいところも見つかりました。

今年度もう1回学習会があります。
posted by リハ技師 at 19:54| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

新人異動者発表会2

昨日は、新人異動者発表会。
前回も話したように先週に引き続いての発表会です。
また今回も理学療法室・作業療法室にわかれて発表を行いました。
理学療法室での発表は理学療法士・作業療法士各2名、准看護士・介護職各1名でした。
作業療法室では理学療法士・作業療法士・言語聴覚士各1名、准看護士2名、介護職1名でした。
リハ技師ではどのような報告があったでしょうか。
前回はテーマが似ている報告が多かったのですが、
今回はそのテーマも様々でした。
理学療法での発表のメインキーワードを羅列すると、
腹臥位療法・評価表の工夫・外出訓練
作業療法での発表のテーマを羅列すると、
CI療法・高次脳機能障害者の薬剤管理の工夫・介助方法
言語聴覚士は1人しかいなかったので少し詳しく…、
廃用の誤嚥性肺炎のアプローチと連携について
、といった感じでした。

これで全ての新人発表は終わりました。
新人・その指導者の方、ご苦労様でした。
特に新人は発表のプレッシャーから解き放たれて、とても表情が和んでいるように見えました。
(発表が終わった新人のだす空気感に春exclamation&questionを感じてしまいました)

しかし今回の新人も来年の新人の指導をする人もでてくるでしょう。
指導される側から指導する側へ、移行していきます。
現在の新人もしばらくはゆっくり発表が終わった余韻を楽しんでもらいつつも、
また症例を中心に知識・技術を磨いてもらいたいと思います。
posted by リハ技師 at 09:49| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする