2017年02月23日

リハ技士部門医療安全目標

かなり久しぶりに当院の中を写真で紹介していきましょう。
DSCN1575.JPG
上の写真は、当院リハ技士部門の医療安全目標と、
昨年の事故・ニアミス件数です。
レベルゼロ、というのは、
もう少しで事故になるところだった、というものです。

これはリハビリスタッフルームの壁に貼っています。
posted by リハ技師 at 19:59| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

第49回通常総代会

明日は、
グランドエル・サンで
第49回通常総代会ず行われます。
当医療生協の最高決定会議と言って
良いものでしょう。

当法人の部長以上の職員や、
地域の組合員さんの代表が一斉に集まります。
(年に1回の会議です)

明日は、
リハ室からも新人がこの会議を
見学する事となっています。
自分の病院・診療所の経営だけを考えているのではなく、
いかに地域の声を大切にしているかが
この会議を見学することによって
理解できると思います。
posted by リハ技師 at 20:08| 山形 ☀| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

当院のリハ室が関与する院内の委員会

(STの後藤さん、
コメント嬉しかったです。
後藤さんも頑張ってくださいわーい(嬉しい顔)

院内の委員の改選は、
7月からあります。

リハ室が院内委員として関与しているものだけ、
挙げていきます。
労働安全衛生委員会
保安防災委員会
医療安全管理委員会
医療安全推進担当者委員会
感染委員会
褥瘡委員会
倫理委員会
教育委員会
全職種症例検討委員会
共同組織委員会
社保・平和委員会
接遇委員会
摂食・嚥下研究委員会
広報委員会
療養委員会
地域連携パス委員会
ジャンボリー委員会
です。
結構ありますね。

この中でリハ室スタッフが
事務局となっているのは
療養委員会と
摂食・嚥下研究委員会です。

院内の委員の他に
法人の様々な委員会
県連の様々な委員会
があります。
posted by リハ技師 at 19:04| 山形 ☁| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

集団療法 音楽

3階の療養病床では、
平日毎回訓練する人は、
現在少ないです。
個別が少ない分、
集団で対応し、離床を促しています。

その集団には、
レクレーションや手工芸等がありますが、
フリーダイヤル事ですが、
得意分野は歌です。

懐かしの音楽などは、
ほぼマスターしています。
簡単な懐メロや童謡は、
ハーモニカも弾けるようになりました。

以前、懐メロの練習をするために、
音楽をかけて歌を歌う練習をしていました。
その歌は、
「骨まで愛して」exclamation×2

その歌っているフリーダイヤルの姿を見て
笑い転げているOTがいました。

なぜ、
笑っているかを聞くと、
「だって骨まで愛してなんて……」
と繰り返し笑いながら言うだけで、
きちんと応えてくれませんでした。

ジェネレーションギャップexclamation&question
posted by リハ技師 at 15:15| 山形 ☁| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

リハ室の机

今年の3月下旬まで、
リハ技師には1人1個の机が
リハスタッフルームにありました。
しかし、
4月からの新人の人数の事を考えると、
リハスタッフルームの大きさでは手薄と考えました。

3月下旬から、
スタッフは共有机にし、
荷物は購入した棚に置くことにしました。
ただし、
室長机はそのまま配置、
各部門の3〜4台の机はそのまま残し、
(各部門の机には主任が座っています)
各部門共有のファイルは、
そこに置くことにしました。
(リハ室共有のファイルは室長机が管理)

共有机は、
3〜4人座っています。
以前よりは、
リハ技師間の情報交換が
密になった印象があります。
(+机が少なくなった分、
リハスタッフルームの掃除がしやすくなりました)

机が変わっただけで、
見た目にも気持ち的にも
大きな変化でした。
posted by リハ技師 at 08:13| 山形 ☀| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

綱領改定

当法人は、
全日本民主医療機関連合会(通称、民医連)に
加盟しています。
民医連に加盟している事業所は、
1700件を超えているようです。

民医連には綱領があり、
その綱領は、その事業所や法人の指針となるものです。
50年近く綱領は変えないまま行ってきましたが、
情勢の激変・時代の転換期になりつつある現在、
綱領をバージョンアップした方がいいとう意見が多く出され、
現在、理事会で出された綱領草案をたたき台として、
ボトムアップ方式で全国の民医連加盟組織で議論をしています。
当院でも6月中に、
全国民医連事務局で作成したビデオを見て、
アンケートを行い、
草案についての意見を出していきたいと考えています。
posted by リハ技師 at 08:17| 山形 ☁| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

10項目宣言 家族

家に帰ってから、
「おくりびと」オスカー受賞のニュースを、
チャンネルTVを変えながら、
ずっと見てしまいましたフリーダイヤル
(発表するシーンは何回見ても良かったです)
この映画は、
癒しの映画だというニュースで語られていました、
しかし、
このニュース自体が、
嫌になるようなニュースばかりの中で、
「癒し」になる出来事ですわーい(嬉しい顔)

今日は、
このネタで
何人かの外来の患者とお話ししました。
まっさきに
「おくりびと、とったね」
と嬉しそうに話していました。
会話もはずみます。

さて話題を変えて、
今日は10項目宣言の9番目、
「家族へのケアと介護指導を徹底しよう」

介護指導を中心に紹介します。
口腔ケアの仕方
おむつのあて方
寝たきり者の更衣の仕方
体位交換のしかた
などなどがあります。

上記の内容は
家族向けのパンフレット(介護の仕方)も作成し、
退院前に家族に配布しています。
そしてそのパンフレットは、
定期的に改訂しています。

リハ室も個別的にではありますが、
外泊訓練時に
家族に介助の指導、
コミュニケーションの取り方の指導などを
行っています。
posted by リハ技師 at 16:27| 山形 | Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

10項目宣言 リハ技術・介護技術

ヒャッホーグッド(上向き矢印)
「おくりびと」が外国語映画賞を受賞。
当地域(庄内地方)を舞台にした映画だったため、
もう興奮状態ですぴかぴか(新しい)
庄内地域も、
これがきっかけで経済が活性化してくれないかなー。
しかし、うーん、とにかく良かったわーい(嬉しい顔)

今日は、
10項目宣言の8番目、
「リハ技術を習得し、
看護ケアに生かそう」

新人看護・介護研修に、
リハ(PT・OT・ST)の研修が組まれています。
移乗の仕方などは
外部講師を呼んで実際に臨床で生かしています。

逆に
リハ室から積極的に
看護・介護職から教えを受けることが必要です。

看護師からは、
リスクファクターの管理
コーディネーターの役割
を知ることは、
リハ室スタッフの教育にも生かせるかもしれません。

介護職からは、
おむつ交換などの
実際のケアを習得することも
必要かもしれません。

このような学習をすることが、
ただ知識を蓄えるだけでなく、
他職種の連携を築く材料になっていくものと
考えています。
posted by リハ技師 at 16:21| 山形 ☔| Comment(0) | 当法人・当病院・リハ室の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする