2017年06月20日

がんの発見に"ドッグ健診"

【金山町は本年度、検体(尿)のにおいをかぎ分けて、がんの有無を知らせる「がん探知犬」を使った検査について、健診受診者を対象に実施する。分析を委託するのは、がんが発するにおい物質の研究を進める日本医科大千葉北総合病院(千葉県)で、患者ではない一般住民を対象にするのは同病院にとって初めて。効果が出れば、がんの早期発見や治療・健康寿命の増進が期待される。】

(山形新聞・朝刊 2017415日 記事引用)


九州大での研究では、

嗅覚受容体を多く持つ1ミリ程度の線虫を使用して、

がん患者とがん患者でない人の尿をかがせました。

その結果、

がん患者ではない尿を避ける傾向があり、がん患者の尿には全て反応したということだったのです。

嗅覚神経を破壊した線虫には、上記のような反応は出てなかったので、

正常な線虫は、がんの臭いを判別することがわかったのです。

つまりこれは、がんには臭いがある、ということです。


そこで「犬」の嗅覚を利用してのがん発見というアプローチを

実際に初期のがんでもかぎ分けることは可能だというところまできていると、

探知犬の育成を携わっている会社は言っています。


金山町の試みは、

探知犬だけでなく、臭いの専用装置も使用して分析する予定になっています。

ブログ管理者も健康診断を当然11回は行っています、

それが人間ドックですが、

まさに全国的に今後もしかしたら本当の人間ドッグが開始されるかもしれません…。

posted by リハ技師 at 20:06| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

症例報告の書き方 EBM 臨床の責務 臨床実習からへシームレスに卒後教育へ 東北文化学園大学 小林武教授

鶴岡協立リハビリテーション病院理学療法科では
年間約40名の臨床実習性を受け入れています。

自分たちも実習が出来たからこそ、今がある!!
そんな思いで、1年に一度は学生の指導を引き受けています 
(面識がない学校でも受け入れ検討しますので、ご一報下さい。)

今年度から当院の症例報告の形式を変更しました。
これまでレポートの作成を行い、学習を進めていましたが・・
これからの時代の症例報告書を模索した時に
恩師の東北文化学園大学 小林武教授 
「臨床実習のケースレポートの書き方」を拝見し
これだ
と思い、導入しました。
そして昨日、小林先生に当院へ御出で頂き基調講演を行っていただきました。DSC_0105.JPG
臨床実習の学びから
EBM構築のための臨床で行うべきケースレポートの積み重ねが重要であることを学びました。
内容について詳細に教えていただき、今後のデーターベース構築を検討します
きっとこの取り組みは学校と臨床を結ぶ懸け橋になるでしょう

PTさかい
追伸
今週は男性の患者様が減塩クッキングに挑戦して
私のランチが華やかで嬉しいですDSC_0100.JPGDSC_0098.JPG
続きを読む
posted by リハ技師 at 16:48| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

当ブログの広告について

以前、当ブログの広告についてコメントがありました。
当初から当ブログは病院のブログなので、広告機能は無効にしていました。
ただこのブログ、無料のブログなので、
デザインにあらかじめ最低限の広告は入ってしまうようです。

ゆえにその広告で稼いでいることはありませんので、一応お知らせします。
posted by リハ技師 at 18:34| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

山形県理学療法学術大会

6月17日、18日に山形県理学療法学術大会が米沢で行われます。
その予演会を先週の水曜日に理学療法部門では行っているとのこと。
下記の写真はポスター発表(写真では2演題だが、実際は3演題)。
他に口述発表3演題とのこと。
posted by リハ技師 at 20:06| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

花と野菜植えたよ 光療法 効果絶大 楽しいリハビリテーション 

梅雨の晴れ間

恒例の正面玄関花壇にサルビアの苗を
患者様と一緒に植えました。
DSC_0091_LI.jpg
太陽は色んな意味で元気をもらえます
自然で行うリハビリは効果が絶大

リハビリ室の畑では
患者さまが鍬を持ち畑を耕し・・
ナスを植えていました 
夏には料理のリハへ〜DSC_0086.JPG

posted by リハ技師 at 13:25| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

来年30年度医療・介護同時改定 社会に求められるリハビリテーション技士を目指して

梅雨ですじめじめ...
患者様と今日は窓から外を眺めています。
新緑の若葉が青々していることに、「たまには雨も良いかも!」

学習時間にno306.jpgを活用しまして
来年度の医療介護同時改定についてグループワークを行いました。

グループは今回80名のスタッフをお誕生日月で分けました
なんと!2月生まれが2名しかいない?!
9月生まれが最多の12人!!
そこは、アナログで配分調整を行いまして〜いざグループワーク開始です。

国が求める療法士の役割、療法士がアピールしたい役割
それぞれの考えが見え隠れする参考資料です。
さて、当院ではどのように考え行動するべきなのでしょうか??
ベースを踏まえて個々の考えを話し合う機会は有意義な時間となったと思いますDSC_0052.JPG
この様な機会を学習時間として業務内で積極的に活用して行きます。
PTさかい

posted by リハ技師 at 13:21| 山形 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

医療と介護の連携に関する意見交換

今回は、中央社会保険医療協議会 (医療と介護の連携に関する意見交換)の議事録をみてみました。

【】内は議事録引用しています。


【医療機関が各患者の要介護認定日を把握することは容易ではないために、要介護認定を行った場合には、保険者である市町村等から主治医意見書を作成した医療機関などに対して、要介護認定を行ったことを通知する仕組みも必要】

上記は、ある委員が述べた意見なのですが、ブログ管理者全く同意です。

現在、介護認定開始日を医療側が把握するのはなかなか困難です。


次に同じ上記の委員が述べたこととしては、

原則として介護保険に移行できる人はなるべく介護保険に移行していく、ということですが、

医療保険でなければいけない一定程度の人はいるので、

それはどのような人を対象にするのかを明らかにした方がいい、というものでした。

あとは例えば医療保険と介護保険の実施計画書が共通でなかったりなど、

非効率な運用が問題との指摘をしていました。


【通所リハのふえ方は、訪問看護師がなかなかふえない現状の中で、なぜかPTOTが訪問看護ステーションに勤めて、どんどん在宅、訪問リハをふやしているという現状を考えますと、少しそこら辺のあり方は考えたほうがいいのではないかなと思う点が1点。】

この意見は先ほどの委員とは別の委員が述べたものですが、

うーん、訪問看護ステーションのリハ技士増にやや批判的なトーンになっています。

また実際に老人保健課長が返答し、

その委員の意見に同意し、訪問のありかたについては考えていく、という不気味な返答をしています。


1つ飛び越して次の委員は、急性期リハの重要性を強調していました。

急性期病院にリハビリ能力がある病院は診療報酬上評価していく、という提起だったかと思います。


次の委員の指摘は、

活動と参加に関わる医療保険と介護保険の共通データ項目を作り、

医療保険リハサイドと介護保険リハサイドが情報共有しやすいものを作った方がいいという指摘でした。


あと複数の委員からの指摘では、

地域連携パスをもっとうまく活用すべき、という意見がだされていました。


他にもありますが、このぐらいにしておきます。

来年の同時改定で診療報酬・介護報酬がどうなっていくのか、

皆さんと同様に注目して見守っていきたいと思います。

posted by リハ技師 at 19:08| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

定例のみんなで行う トランスファー研修 リハビリテーション技士部

青葉の頃 
 うるさく寝付けないのはこの土地ならでは

今年もやってきました新人研修ついでの
みんなでやろう 腰痛予防!
トランスファー研修会です

7-8人のグループで2日間合計3時間の手厚い環境でtry
基礎から応用まで
あらゆる福祉用具を駆使して研修は進みます。
先輩の手取り足取り暖かいサポートが何よりですね
IMG_9865.JPGIMG_9864.JPGIMG_9855.JPGIMG_9858.JPGIMG_9856.JPG
posted by リハ技師 at 14:32| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする