2017年04月20日

6月、7月の研修会

今日、当法人の有志の会で行っている研修会、
PTOTSTネットに3つを載せました。
6月11日、変形性股関節症の筋機能評価と治療戦略・後編
7月2日、脳血管障害患者に対する肩関節・股関節へのアプローチ
7月29日、30日、アナトミートレイン。
詳しくは、PTOTSTネットの研修会情報をご確認をとう
続きを読む
posted by リハ技師 at 19:58| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

安川電機さんの商品説明

業者からの商品説明など、昨年は結構あったのですが、
このブログではここ最近報告していませんでした。
今日から報告するようにいたしましょう。

さて今日は安川電機でだしている2つの商品の説明があったので報告します。
1つは「上肢訓練装置」です。
この商品は簡単に言うと、
川平法で行う促通反復療法をロボット技術を使って再現したものとのこと。
商品説明を聞きましたが、
確かに原理は川平法そのものでした。

もう一つの商品は、足首アシスト装置。
足関節の運動機能低下しているひとに対し、足関節の底背屈のアシストを行うものです。
この装置に関しては、来週の25日から一定期間貸し出してくれるとのこと。

投資要求は、すでに上に出しているのですが、
他のスタッフと相談し、いいものであるならば、追加してみようかと思っています。
posted by リハ技師 at 20:08| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

キャリアラダーについて

今日は、リハ技士政策委員会があり、キャリアラダーの紹介を行いました。
他の病院のリハビリ部門でも、
初期研修の制度は充実しているのですが、中堅以降の研修システムが不十分であるという報告はたくさん聞きます。
そこで中堅以降には、
今後は個人のキャリア発達を支援するシステムが必要なのだと思います。
そのキャリアラダーシステムの資料が手に入ったので、
会議で議論していきました。
もうすでに法人の看護部はラダー制度を行っており、
介護部も昨年度から開始されていることから、
次回はその看護部・介護部で具体的にどのような取り組みがされているのかを確認し、
その上でリハ技士部門のラダー制度を構築していくことで合意しました。
続きを読む
posted by リハ技師 at 20:17| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

緊急時対応学習会

毎年、4月には行っているリハ技士部門の緊急対応学習会、
今年も例年通りに行われました。
想定患者、年齢・疾患名・障害名、移動能力を提示し、
1グループ1つの課題を担当するのです。
課題は前日に話し合い、準備していきます。
課題は例えば、
調理訓練中、包丁で指先を切り出血、
屋外歩行訓練中、転倒し額から出血、
マット訓練中、てんかん発作の疑いあり、などなどです。
当日課題を任されたグループは、
どのように対応すべきかを全体に披露し、
そのあと意見交換をしました。

意識消失、呼吸貧弱あるような緊急な状況であれば、
とにかく周りの人に依頼すること、
その担当者は自分の担当患者が緊急的状況であればパニックになっている可能性があります。
とにかく人を呼ぶこと、
そして担当者でない冷静になりうる人が、
医師や看護師に連絡するように他の人に依頼、
気道確保、心臓マッサージ、
緊急ボックス(血圧計・パルスオキシメーターなど)を持ってきてもらうように依頼、
血圧・呼吸・酸素測定などの測定、記録
を行うようにしていきます。

上記の話はリハビリ室を想定しています。
最近は家庭訪問時、訪問リハ時の対応を更新しました。

posted by リハ技師 at 20:10| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

極める変形性股関節症の理学療法 加藤浩 先生をお迎えしてセミナー 庄内の囲炉裏と客人 新人研修

小春日和

昨日、
九州看護福祉大学の加藤浩先生をお迎えして
今年度最初の研修会を開催しました。

当法人に入職した10名の理学療法士も参加しました。DSC_1588.JPGDSC_1590.JPG
彼らはラッキーですね
社会人になって初めての専門職としての研修が、
日本の運動器理学療法の代表である加藤先生の講義を無料(病院負担)で聴けるなんて

加藤先生の講義は大変興味深くそして楽しく4時間があっという間でした。
時折体を動かした実技も活気にあふれ、
何より実体験で学習することが出来ました😃PTは好きですよねこういう感じ....
DSC_1591.JPGDSC_1586.JPG

加藤先生は6/11 再来日予定です。
極めるシリーズ...極めたい...少しでも触れたい
真似事ではなく理解して、目の前の患者様に活かしたい
ぜひ、この学びの時間を多くの方々と共有したいと考えています。

この間素晴らしい先生方と多方面に渡りお話しして
多くの共通点や関連性を学びました。
世界で活躍する先生方が東北にお越し下さる貴重な機会です。
皆様の参加をお待ちしております
キーワード検索:PTPTSTネット 東北 庄内の囲炉裏と客人
posted by リハ技師 at 10:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

新人研修

今年入職してきた新人は、
今日まで法人で研修を行い、明日から現場で研修になります。
その今日の研修で、施設見学が組まれていますが、
ブログ管理者と事務長とで2グループに分けて当院の施設説明+病院の特徴を説明しました。
そのブログ管理者の説明の時に、
ST室について説明しようとしたら、
ST科長がその見学をしてきた新人を笑わせようとしたのか、
突然説明の時に入り込み、何か意味不明なことをやっていました。
しかし誰も笑わず、逆に「シーン」とさせてしまいました。
ここは「笑うところなんだけど…」とブログ管理者が突っ込みを入れたら、
笑ってくれましたが…。

明日はまず事務長より10時30分までオリエンテーション、
10時30分からは各配属先に分かれて見学。
午後、リハ技士部門は独自で新人研修スケジュールを組んでいるので、
まだ新人の研修は続きます。

そして明後日の金曜日には新人歓迎会、
ここで一気に緊張がほどけるようにしたいものです。
そうすればST科長の様々なボケにも、笑ってくれるでしょう。

posted by リハ技師 at 20:14| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

いきいき100歳体操 たまり場活動 ちよさんの家 鶴岡市 総合支援事業 通所型サービスB

新年度に入り
私たちリハビリ技士が
新規事業として市の総合支援事業に携わります

法人のたまり場活動で中心的な「ちよさんの家」が
今年度から市の総合支援事業で通所型サービスBに登録し
今日が初日を迎えました。

まだ手探りで不安だらけの組合員さんをサポートして
運動による健康づくりや骨折予防、認知症予防に
何よりも組合員の皆さんの生活の向上を支えたいと思います

今日は、天気も良く
外で5m歩行速度を計測したり・・
みんなで楽しく初期の評価を行いました。
その後「いきいき100歳体操」を実践DSCN0190.JPG
運動後に美味しいお茶を頂きました。
経過を追っていく予定ですので、お楽しみに
posted by リハ技師 at 18:47| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

森岡周先生をお招きして高次脳機能研修会 開催

DSC_1524.JPG

森岡周先生セミナー 高次脳機能障害とニューロリハビリテーション 研修会

前日には、春の吹雪となり山は雪道だったそうです。
そんな中・・先生は遥々山形空港から庄内までお越しくださいました。
送迎してくれたのは、私が実習指導したRさんでした

森岡先生が車から降りてくると、カッコイイ
田舎者の私は「おおー!!」と感銘しちゃいました。
さすが、ロッカーです
鶴岡の誇るアルケッチァーノで美味しいランチ
Rさんは2人前をペロリと食べてましたね🍴

先生の講義は
高次脳機能の中でも私達が日々臨床の中で遭遇する
失認・失行について研修を行っていただき
わかりやすい評価とアプローチで大変勉強になりました。

夜の懇親会も大変盛り上がり
その中で先生が話される内容も大変興味深いもので、
楽しい時間はあっという間でした

病院の図書室に森岡周先生の本を置かせていただきます
脳を学ぶ2:写真家、小谷千賀子さんとの対話
脳を学ぶ3:アンサンブル・グループ「ブーケ・デ・トン」との対話
その他にも多数の有名著書がありますので、皆さんも是非読んでみて下さいね

posted by リハ技師 at 10:54| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする