2017年10月23日

健生ふれあいクリニックへPT支援

先週から当院のPTが、
酒田市の健生きふれあいクリニックの支援に行っています。
期間は1月10日まで。
その後は、本間病院のリハ技士が5月中旬まで支援することとなっています。

健生ふれあいクリニックは、リハ技士数人の少数精鋭、
その中の2人がほぼ同時におめでた、ということで業務が成り立たない、ということになりました。

時期を見計らって、
(もちろん本人の許可ももらって、
派遣したPTの写真を撮りに行こうと画策しています)

posted by リハ技師 at 18:15| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

LSVT LOUDとLSVT BIG講習会 PT・ST認定へ

DSCN2427.JPG
(上記の写真、2人が持っているのは認定証、
個人情報が記載されているため、写真は拡大できないようになっています、
ただ認定証の言葉が全て英語なので、ブログ管理者にはちんぷんかんぷんだったのですが…)
当院のPT・STがLSVT LOUDとLSVT BIG講習会 PTとSTが認定となりました。
LSVT LOUDは、発声発語明瞭度改善目的の訓練法で、
特にパーキンソン病患者の発話明瞭度改善に有効であることが知られています。
エビデンスとしては、最高の1レベルなのです。
このLSVTは発話明瞭度だけでなく、
運動機能にも応用され、それがLSVT BIGとなり、
パーキンソン病の世界的なリハビリ方法となっているのです。

当院にはパーキンソン病患者が多いために、
パーキンソン病リハビリの質を向上させるためにも、
今後2人がならったことを、当院でどう生かしていくか、検討していきます。
とにかく2人は、ご苦労様なのでした。

あと今後、本人の許可が取れれば、
当院のスタッフが頑張っているところなども時折紹介していきたいと思います。
posted by リハ技師 at 19:42| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

生活習慣病は自己責任?

最近気になっている言葉として、生活習慣病があります。

今から4年前に麻生副総理がこんな発言をしました。
「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費は俺たちが払っているんだから、公平じゃない」
(ここ最近、このようなことを言ったことを知りました)
これだけ聞くと、正論ではないかと思う人もいるでしょう。
この発言は、その前後の文脈から言うと、
生活習慣病が改善しない人には、医療費は出したくない、というものです。
こうブログ管理者が言っても、それは確かに自己責任の範囲であり、麻生副総理の言っていることは正しい、という意見を持っているひとがいると思います。
しかし、です。
生活習慣病は果たして自己責任と言い切っていいのでしょうか
このブログを読んでいる人たちは、生活習慣病が全く自己責任だと思っている人は少ないでしょう。
様々な本人以外の環境要因が、生活習慣病の一因になることは、ありうることです。
1986年のWHOによる「健康づくりのためのオタワ憲章」において、
生活習慣病などでの個人での行動変容は難しいと、過去の失敗からそう結論付けられたのです。
(公衆衛生分野の中で、様々なこのような調査は行われていて、
上記のような結論はいくつもだされています)

二木立氏からは、生活習慣病という名前を変更した方がいいのではないかという意見さえ、出始めています。
名前自体が自己責任をイメージするような名前になっているからです。

麻生総理の言葉は、財務大臣としての立場で言っている言葉なので、
そう深刻にとらわれなくてもいいのかもしれませんが…。
でも、突っ込みをいれたくなってしまいます。
posted by リハ技師 at 15:53| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

第13回全日本民医連 学術・運動交流集会1日目昼〜

昨日のブログからの続き………。
昼食を食べ終えた後、とうとう発表の時間へ。
ブログ管理者は、前半の部の7番目、
いつもの悪い癖で早口になってしまったのですが、
なんとか質問もうまくきりぬけ、一安心しました。
DSC_0894.JPG
みんな、ホテルロビーで集合することにしていたので、
その時に発表がどうだったのかの確認。
皆さん、うまく発表し終えることができたようでした。
そして昨日に引き続いて居酒屋でご苦労さん会。
お通しのサラダになんと小さいイモムシがいてビックリ
店員さんに言って別のものに変えてもらいましたが、
うちのグループは怒るどころか、
発表を終えた安堵からか、皆さんいい土産話ができたかのような寛容な態度で接していました。
また2回目の飲み会ということで完全に打ち解け、
とても昨日会ったばかりのグループとは思えないほどの楽しい会になりました。

研修会2日目、今日は分散会。
私以外は、
「その人を中心とした最善のケアとは 〜パーソン・センタード・ケアを学ぶ」に行き、
ブログ管理者は、
「社会的困難を抱える若年層の患者へのアプローチの仕方を考える〜みなさんはどう考えますか〜」
ブログ管理者的には、
歯科酷書報告での貧困家庭での子供たちの口腔状態の報告が気になりました。

お昼は会場のレストラン、
その後時間があったので、筑波宇宙センターに見学、
無料でだいたいの展示場はみれたので、これはお得でした。
その後、電車で羽田まで行こうとしたのですが、途中人身事故があったため、
1駅分歩いて、次の駅に行きました、
かなり歩いて疲れたのですが、その間、浅草の雷門も見れたので、まぁよかったとしましょう。
DSC_0916.JPG
庄内に帰ってきたのは20時過ぎ、
最後、ブログ管理者が
「何事もなく終わって………」ではなく、「何事も今回はあって…」と言う感じであいさつし、
最後みんなの労をねぎらって、解散となりました。
posted by リハ技師 at 16:31| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

全日本民医連学術運動交流集会前夜+1日目お昼まで

10月6日、7日に第13回全日本民医連学術運動交流集会が、
つくば国際会議場で行われました。
ブログ管理者も含めて、当法人から発表予定が7人、
職種としては、PT1名・OT1名・Ns1名・臨床工学士1名、介護職2名です。
ブログ管理者、
リハ以外はほぼ初対面状況、やや緊張ぎみで
空港でこれからの動きをブログ管理者が説明しました。
庄内からは飛行機、羽田からつくばまではバスでいき、16時ぐらいで到着、
明日の会場を見学しようということで、
だいたいの感覚で会場を目指したのですが、
30分かかってやっと到着。
よくよくマップを確認すると、かなり遠回りして歩いてしまった😖ようで、
本来は10分程度で歩けるコースでした。
その後ホテルにチェックインし、
すぐさま明日への発表成功を祈って乾杯するために、
ホテル前の焼き鳥屋に行きました。
ここでみんなと一気に緊張がとれ😃、楽しく飲むことができるようになりました。

1日目、8時30分でホテルロビーに集合、
駅で行き先と反対側のホームにブログ管理者とPT科長が行ってしまったり
介護職の方が、ゲートを通るときに切符を取り忘れて、取りにいったりなど、
ハプニングはあったものの、なんとか会場につくことができました。
下の写真は、駅から会場までに、いい感じの装飾品?があったので、写真をとりました。
DSC_0886.JPG

受付を終えると、3人ほどいつの間にかいなくなり、
遠くを見るとお土産屋で行列待ち、
10分以上まって、もう集会が始まる前から、お土産をゲットしていました。
全体集会は、
オープニング企画で楽器演奏、そして開会のあいさつ、
そして特別講演として奈良女子大学の大学院教授 中山徹先生から、
「政府が進める地域の再編に対して、安心して暮らし続ける地域をどう展望すべきか」というタイトルで
講演がありました。
時折意識が遠くになりながらも聞いていたのですが、
椅子が低すぎて、お尻がかなり痛くなる状況に…。
どうやらお尻の痛みは、他の人も同じだったようで、
講演会終了後、みんな顔をしかめながら、お尻をさすっていました。

昼食は、別会場で発表する2名を除いて、
用意されていた弁当をもらい、またお尻が痛くなる同じ座席で食事をしました。
明日、お昼以降の動きを報告します。
posted by リハ技師 at 19:08| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

全国学術運動交流集会前夜

今回、ブログ管理者、つくばにきています。
PT科長以外は、ほとんど交流のない法人のスタッフと一緒に行動していました。
特にトラブルもなく、つくばに到着、
明日発表をする国際会議場を視察していきましたが、
慣れていない道だったので、10分で行ける場所、結果的に遠回りして30分で会場につきました。
その後ホテルに行きチェックイン、
焼き鳥屋で飲み会をして、盛り上がりました。


続きを読む
posted by リハ技師 at 21:03| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

第13回全日本民医連学術運動交流集会

10月6日、7日と、つくば国際会議場で、
第13回全日本民医連学術運動交流集会が行われます。
ブログ管理者も参加(発表参加)、その他に当法人で7名の参加となります。
この集会の対象者は、
全日本民医連で働いている人は全対象なので、
参加する人は事務から医師・看護師、検査技師、リハ技士などなど様々。
(分科会は30もあるので、参加者数は相当な数だと思います)
ブログ管理者は、
山形県連で、青年に対するアンケートを実施し、その結果を多少の知見を加えて報告する予定です。
前泊するので、10月5日から出発、
その様子もこのブログで報告できればと思います。

posted by リハ技師 at 18:38| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

第106回社会保障審議会医療保険部会

96日に行われた第106回社会保障審議会医療保険部会では、

次回の診療報酬改定に向けた検討(大枠での検討)が行われました。

いつものことですが、

12月中旬に診療報酬の改定率が発表、

1月ぐらいに大枠の改定内容が示され、細かな内容は3月下旬ということにはなるでしょう。

この会議では、特にリハビリのことは話しあわれませんでしたが、

会議資料にはリハビリのことが触れられていました。

その内容は、

「質の高いリハビリテーションの評価等、アウトカムに着目した評価の推進」となっています。

今までは体制の評価がメインになっていましたが、

これからはその行う内容がどのようなものかが問われること、

結果主義がメインになっていきそうです。

(この傾向は平成28年診療報酬改定から、明確になってきており、

今回の改定で一層その傾向が強くなってくることが予想されます、

またこの傾向はリハビリだけにとどまらない状況です)


会議議事録ででてきたのは、キーワードとして言うと、

連携(特に医療と介護の連携)

機能分化、

適正化

透明性

働き方改革

データヘルス

というのが、やはりでていました。

ただ上記の中でデータヘルスという言葉は目新しい人もいるのではないでしょうか。

厚生労働省のホームページから引用して説明します。

【近年、健診やレセプトなどの健康医療情報は、平成20年の特定健診制度の導入やレセプトの電子化にともない、その電子的管理が進んでいます。これにより、従来は困難だった電子的に保有された健康医療情報を活用した分析が可能となってきました。データヘルスとは、医療保険者がこうした分析を行った上で行う、加入者の健康状態に即したより効果的・効率的な保健事業を指します。】

つまり今まで病院間で独立的に存在していたデータを見て分析できるようにしていくのです。


来週の水曜日に第107回社会保障審議会医療保険部会が行われ、

再度次回の診療報酬改定の議論を行うとのこと。

今は、選挙があわただしくて、このような会議は見落としそうですが、

要チェックです。

posted by リハ技師 at 19:04| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする