2021年02月25日

たまり場 オンライン 学会発表

学会と言っても、民医連系列の全日本学術運動交流集会での発表。
リハ病院のPT科長が、
このオンラインでのたまり場参加者にアンケート調査をしました、
そこから見えてきたものは…、ということでまとめています。
オンラインの良さを挙げ、
なんと副題?に衝撃的なタイトルが、
それは、「コロナは負の遺産だけなのか?」というもの。
このコロナ禍で集まっての研修会などができず、オンラインの環境整備をしました。
そしてそのオンラインを使用することで、違う場所での体操を同時開催でき、
効率的な運営ができます。
そのことで、人手の関係で、
今までは声をかけられなかった支部に関しても関わりを持てることは確かにいいことのように思います。
もちろん、オンラインでの限界はありますが、
それはそのメリット・デメリットを知ったうえで使い分ければいいのだと思います。

全日本学術運動交流集会は、10月22、23日開催、そして全てオンライン。
演題登録は3月13日までです。


posted by リハ技士 at 15:21| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]