2020年11月30日

コロナで訪問介護職の人手不足が深刻化

新型コロナウイルスの感染拡大で、ホームヘルパーなどの「訪問介護職」が深刻な人手不足に陥っています。ことし9月時点の有効求人倍率は15倍を超え、現場からは、人材を確保するためにも介護報酬を引き上げ待遇を改善すべきだという声が上がっています。
(NHK NEWS ONLINE 2020年11月30日 記事引用)

これと同時に別のニュースも…、
それは財務省の財政制度等審議会において、
プラス改定の環境にはないと、強い表現で財務大臣に意見を提出したのです。
現在更なる不況真っ最中の中、
ますます自己負担を強めるような介護報酬改定をするべきではないというのが理由のようです。

冒頭のニュースは、訪問関連だけでなく、
このコロナの影響で、
医療・介護の人材確保に逆風がおきているのは間違いないでしょう。
人の確保ができなければ、
医療・介護は機械に変われる仕事ではないため、
その事業は成り立たないところもでてくるかもしれません。
地域の医療・介護は縮小していくしかないのか………。

総合的にどう国は考え、対処していくのか、
見守っていきたいと思います。

posted by リハ技士 at 11:34| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]