2020年11月26日

山形県知事メッセージ 感染者の差別・偏見を防止するための呼びかけ

11月19日に山形県知事が、
感染防止と共に、
感染者等への差別や偏見、誹謗中傷の防止等の呼びかけをおこないました。
一部引用します。

【私たちが戦う相手はウイルスであり、人ではありません。新型コロナウイルスは誰でも感染する可能性があります。感染された方やその御家族、職場関係者、医療従事者などに対する心無い言動やSNSでの書き込みなど、差別や偏見、いじめなどは決して行わないようにお願いします。】

まさにその通り。
実は、山形県作業療法士会最北支部の研修会で、
「コロナ禍からのメッセージ」というタイトルで
講師を呼んだのですが、
まさに上記の内容も強調して述べていたと聞いています。

もう山形県もレベル3になり、
感染はできるかぎり防止はしつつも、
だれもが陽性者になる可能性あることはふまえて、
私たちは構える必要があります。

詳しい内容は、県庁のホームページにでています。
ご確認ください。
posted by リハ技士 at 18:46| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]