2020年11月25日

com com 鶴岡協立リハ病院リハ技士登場

com comという医療福祉生協の情報誌があります。
その12月号に鶴岡協立リハ病院のリハ技士が、
「戦争体験から平和を考える」というタイトルで、
載りました。
作業療法士が中心に回想療法的なアプローチをしているときに、
この戦争体験がクローズアップされ、
単に治療としてのアプローチだけでなく、
患者さんから平和の大切さを教えられるという副産物が…。
そのことを報告したものが載ったのです。

もう戦後75年、
昭和20年で10歳だった人はもう85歳、
もう戦争をリアルに語れる人はだんだんといなくなっています。
若いリハ技士には、貴重な体験でした。

posted by リハ技士 at 13:33| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]