2020年09月30日

社会参加支援加算に関して

社会参加支援加算、
まぁ介護系のリハをやっていないと、あまりしらない加算かもしれません。
どのようなものかというと…。
リハをし、ADLやIADLが向上することにより、
家庭内での家事や社会への参加ができるようになり、
他のサービスに移行できた場合に算定できる加算のことを言います。
「他のサービス」とは、指定通所介護、認知症対応型通所介護、一般介護予防事業などへの移行で、
入院や介護保険施設への入所、指定訪問リハビリテーション、グループホーム等への移行は算定されません。
まぁ、もっとくだけた言い方をしちゃうと
通所リハを使用して活動と参加能力を上げ、
そのことで卒業してもらう、というところが問われる加算になります。

今回、厚生労働省の介護給付費分科会にて、
この加算の全国の結果とその分析が出されていました。
(PTOTSTネットには詳しく書いていたので、ご確認を…)
この加算を大きく取り上げて分析しているということは、
この加算を厚生労働省は重視しているのでしょう。
とにかくできるだけ自立してもらうような結果を求めることが、
今後も更に促進されるような気がします。

このコロナで不景気になり、財政は悪化し、ということで、
来年の介護報酬が全体改定率が引き下げになるのではないか、
そして上記のような結果を残さない事業所は大きく減益になるのではないか、
そう予想してしまいます。

posted by リハ技士 at 15:25| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]