2020年07月23日

難病患者に薬物投与 嘱託殺人容疑で医師2人逮捕

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性=当時(51)=から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、京都府警は23日、嘱託殺人容疑でいずれも医師の大久保愉一(42)=仙台市=、山本直樹(43)=東京都=両容疑者を逮捕した。
(時事通信 2020年7月23日 記事引用)

この事件は、難病に対して世間はどのように向き合う必要があるか、
ということを突き詰めるものになっていくかもしれません。
今までもこのような事件はありました。
しかしそのような事件は、
入院している病院で長く主治医になっていて、
なおかつ本人や一部の家族の意向もあり、
安楽死させてしまったというものだったかと思います。
今回は、全く主治医ではなく、SNS等?で本人の意向を受けての安楽死です。

確か昨年のNHKスペシャルで、
やはり難病のひとが安楽死したいということで、
安楽死を認めている外国に行って、
その模様をその難病の家族と一緒になくなるまでのルポを追ったものがありました。
この番組はかなり批判もあり、かなりネットニュースで取り上げられていました。

今回は当然法律違反の嘱託殺人というものになります。
当然引き受けた医師は、犯罪であることぐらいは知っていたはずです。
今までの嘱託殺人をしてしまった医師は、
まだ本人・家族との長い付き合いから、本人などの強い思いから拒絶できなくなり、
安楽死をしてしまう、ということがありました。
今回は、もうその安楽死をするだけにかかわったというものになり、
もしかして、今回が初めてじゃないかも…と思ってしまう事件なのです。

もう少しこの事件の詳細は入ってくるでしょう。
関わった医師の思いは何だったのか、
後追いの報道を待ちたいと思います

posted by リハ技士 at 19:38| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]