2020年01月31日

診療報酬改定

とうとう診療報酬改定の中身がでてましたね。
だいたい予想していたものが出ていました。
安心したのは、
回復期リハ病棟入院料Tの実績指数が40だったこと。
リハ実績指数が診療報酬に出てきたときは27、
それから次の診療報酬改定で37。
一気に10あがったことや、
全国の回復期リハ料1をとっている実績指数が45を超えていたので、
心配していました。
鶴岡協立リハ病院の実績指数は、
月々によって波はあるものの、
6か月平均だと40は超えてきていますが、
40代の中盤から後半だと、かなり厳しいとは思っていました。

あと予想していたことではあれますが、
良かったのは呼吸器リハに言語聴覚士の対応が認められたことです。
鶴岡協立病院の言語聴覚士は、
今まで認められていなかったので、対応に苦慮していたと思います。

意外だったのは、外来リハビリテーション料。
今まで外来リハビリテーション料は、カンファレンスが条件だったのに、
リハスタッフが医師に報告すれば、
それがカンファレンスの実施に代えうるものとして認められました。
意外な基準緩和です。
もう1つ意外だったのは、
回復期リハ料の入院患者に係る要件から、発症からの期間に係る事項が削除されたこと。
確かに上記の提起は、
厚生労働省で出していた、今までの議論のまとめに書かれていたので予想はしていましたが、
てっきり、例えば病床数の2割は、発症からの入院まで期間が2か月以上認めるだとか、
一部容認程度だと考えていました。
全く削除とは………

ただ気になった点も1つありました。
その一つだけは、また次回報告します。

posted by リハ技士 at 15:06| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]