2019年05月30日

医療・福祉サービス改革プラン

今回厚生労働省は、

2040年度を見据えた社会保障改革のグランドデザインにあたるものを発表しています。

その中の柱の1つに、

「医療・福祉サービス改革プラン」というものを報告しています。

診療報酬・介護報酬改定では、

このプランは大きな指針として使用するものではないかととらえています。

ではその中身はどのようなものでしょうか。

大枠での取り組みとしては以下の4つ。

@多様な就労・社会参加の環境整備

A健康寿命の延伸、

B医療・福祉サービスの改革による生産性の向上

C給付と負担の見直し等による社会保障の持続可能性の確保

@のところは更に6つの取り組みに分かれます

70歳までの就業機会の確保

・副業・兼業の促進

・地域共生・地域の支え合い

・就職氷河期世代の方々の活躍の場を更に広げるための支援

・中途採用の拡大

・人生100年時代に向けた年金制度改革

Aのところは更に3

・次世代を含めたすべての人の 健やかな生活習慣形成等

・疾病予防・重症化予防

・介護予防・フレイル対策、認知症予防

Bのところは更に4

・ロボット・AIICT等の実用化推進、 データヘルス改革

・組織マネジメント改革

・タスクシフティング、 シニア人材の活用推進

・経営の大規模化・協同化

Cはこのままで、

他に農業、金融、住宅、健康な食事、 創薬にもウイングを拡げ、関連する政策領域との連携の中で新たな展開を図っていく、となっています。


いろいろ気になるところは多いのですが、

Aの疾病予防・重症化予防をもう少し掘り下げて読んでいくと、

医学的管理と運動プログラム等の一体的提供(今年度中に運動施設での標準的プログラム策定)というものがあります。

どのような運動プログラムを標準化することになるのか、注目です。

あと気になっているのは、

Aの介護予防・フレイル対策、認知症予防のところ。

ここを更に読み進めると、

介護報酬上のインセンティブ措置の強化【2020 年度中に介護給付費分科会で結論を 得る】というところがありました。

そして次のような文章がでていました。

【平成 30 年度介護報酬改定において、通所介護事業所について、自立支援・重度化防止の観点から、一定期間内に当該事業所を利用した者のうち、ADL(日常生活動作)の維持又は改善の度合いが一定の水準を超えた場合を評価する加算を新設。今後、今回の改定の効果等について調査を行う。】

これはおそらく更なるアウトカム評価の強化を示唆したものととらえます。

令和3年が介護報酬改定の年になるので、

ADLなどの改善が一定程度示したサービス事業所に報酬が今以上に加算されることになっていくかもしれません。


70歳までの就業機会の確保も気になるところで、

もっとしっかり読むと、政府の展望している社会像が見えてくると思います。

興味がある方はリサーチしてください。

posted by リハ技士 at 15:25| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]