2018年11月30日

温泉療法について

【今日1126日は「いい風呂の日」(日本浴用剤工業会)だ。肌寒くなってくる師走前、温かな湯にのんびり浸かることで心身共にリラックスする。日本は火山国で温泉も多く日本人は入浴好きでもあるが、温泉療法(Balneotherapy)の可能性も次第に明らかになってきている。】

(ヤフーニュース・20181126日 記事引用)


1126日は「いい風呂の日」ですか。

こじつけのレベルとしては、いい意味で高いレベルでしょう。

それはさてより、

昔はリハビり病院という名称はおそらくなくて、温泉病院というのが結構ありました。

(現在においてもまだ温泉病院という名称は根強く残っています)

実をいうとブログ管理者も最初は群馬の温泉病院で社会人1年目をスタートしています。

そこの売りはお風呂のスタッフの人数が充実していて、

毎日のようにお風呂に入れる、ということと、

一人で動ける方は、まあまあ広い温泉入りの浴槽に入れることでした。

(もちろんリハビリができることも売りでした…)

入職した当時はバブルがはじけて数年たっていましたが、

診療報酬は右肩上がりで、リハビリの点数は今からして思えば相当高く、

相当経営的には良かったのではないかと推測しています。

現在はそのような状況でもないので、入浴にそれだけのスタッフはおいていないとは思います。


温泉の水質による体への影響は、ブログ管理者もそれほどしりません。

しかし通所リハや通所介護においても、

入浴をすることが強いニーズになっているひとも結構多いです。

そのような通所の方は標準的には週12回しか入浴できないので、

だんだん寒くなる中、

ますます入浴は利用者にとっては楽しみなことは間違いないでしょう

(まぁ、お風呂が嫌いな人もいますが…)


記事ではそのあとに、

温泉療法の効果に期待できるかどうかを述べるために、

いくつか簡単に論文を紹介していましたが、

エビデンス的にはまだまだ明確ではないようでした。

しかし九州大学などのグループで、

日常的に温泉に入っている人と入っていない人での健康面での影響を調べたものが、

英国の医学誌に載って、反響があったと聞いています。

まだまだ温泉の効果については、現在進行形で研究が書かんでいるようです。


さて今年は例年よりは暖冬だと言われています。

しかしブログ管理者も年を取るにつれ、ちょっとした寒さも敏感になってきました。

高齢者であれば、なおさらでしょう。


明日、入浴剤を買おうかとブログ管理者考えています………。

posted by リハ技士 at 18:14| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]