2018年10月31日

寝る時レンズ 視力矯正

【夜間に専用のハードコンタクトレンズを装着し、角膜の形を変えることで視力を矯正する「オルソケラトロジー」(オルソ)。効果は一時的で、視力を恒久的に回復させることはできないが、子どもの場合は近視の進行を抑える効果が期待できるとの研究もあり、近年、注目が集まっている。ただ、普通のコンタクトレンズより汚れやすいほか、夜間に装着するため目のトラブルを引き起こす危険性があり、眼科医の定期的な検診が必要だ。】

(東京WEB20181030日 記事引用)


ブログ管理者、ものすごい近視(+乱視)です、

更に老眼も加わり、目に関してはボロボロの状態です。

実は小学生4年ぐらいから視力が0.8を切るようになり、

中学生でかなり近視が進んでしまいました。


現在視力が悪い子供たちは、

ブログ管理者の時代よりもかなり増えているということも聞いています。

おそらく視力測定は、身長測定や体重測定よりもうつうつとしている子どもたちは多いはずです。

なぜならブログ管理者も、

小中学校時代は視力測定がプライド的に苦痛だったからです。

そのプライドを守るためにも、

いかにあの視力表を覚えることができないか、というシミュレーションだけはしていた覚えがあります。


さて記事のハードコンタクトを装着し、角膜の形を変えるという試み、

課題はまだまだありそうですが、

手術ではなく、このような視力の矯正ができるのであるなら、

ぜひともやってみたいという人はごまんといるでしょう。


もしこれがもっと技術が進んで重度の近視の人でも対象が広がれば………、

という勝手なシミュレーションは、どうしてもしてしまいます。

posted by リハ技士 at 18:26| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]