2017年12月22日

慢性病を根本から治す

新書の紹介

慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方

斎藤糧三

光文社新書


この本の概要をこの新書のカバーに書かれていた内容紹介から引用します。

【「機能性医学」とは、糖尿病や高血圧といった発症メカニズムが複雑な慢性的な生活習慣病を、できるだけ治療薬に頼ることなく、その根本的な原因に立ち返って完治を目指そうとする次世代の新しい医療を指す。

私たちが慢性疾患に悩むのはなぜか。投薬中心の治療ではどうして治らないのか。現代の医学と医療が抱えている課題は何か。

アメリカで機能性医学を学び、日本で初めて認定医の資格を取得した医師が、機能性医学の基本的な考え方から慢性疾患の隠れた原因、

そして治療薬に頼らないライフスタイルの改善方法までを詳しく紹介する、本邦初の本格的入門書。】


機能性医学とは、一言でいうとどのような医学でしょうか。

それは治療薬にこだわらないで、慢性疾患のコアの問題に立ち返って完治を目指そうとする医療のことを言います。

PART1では代表的な8つの慢性疾患を取り上げて、

機能性医学の視点から何が問題で、どのように対処していけばいいのかが書かれていました。

例えば動脈硬化。

この動脈硬化に強く関係あるものとして、ホモシステインの濃度が関係あると述べています。

ホモシステインの濃度が高くなると、自己酸化して活性酵素が増えていきます。

その活性酵素がコレステロールを酸化させて、血管壁に蓄積させる、というのです。

このホモシステインが増える理由にビタミンB群の不足があり、

それを摂取すればホモシステインが別のものに変換(システイン)に転換させるというものです。

ビタミンB群は8種類ありますが、特にビタミンB9B6B12になります。

他にも鉄分やビタミンCなども補助的に必要ということからもわかるように、

バランスのよい食事を行っているかどうか、ということが問われてきます。


PART2では、

慢性疾患に対する機能性医学を理解するための7つのポイントが紹介されます。

@「防衛と修復」免疫と炎症について

A「消化と吸収」腸管の免疫反応と腸内環境について

B「解毒」肝臓について

C「コミュニケーション」ホルモンや神経伝達物質について

D「運搬」体内の循環システムについて

E「エネルギー」ミトコンドリアの機能について

F「組織構造安定性」筋肉や骨格について

なかなか中身は難しく、少なくとも素人向けの内容ではありませんでしたが、

細かく丁寧に説明がでていました。

とにかく慢性疾患が身体にどのような状況を引き起こしているかがわかるはずです。


PART3では、改善の対策として5つのポイントが紹介されています。

@栄養

Aストレスと対処力

B運動と活動

C睡眠と休息

D家族とソーシャルネット

特に@について、本書では詳しく書かれていました。


確かに慢性医療において、

本人の協力(食習慣の改善、運動習慣の改善など)がなければ、

その場その場の対処(薬など)をしても、結局は改善していきません。

そのような意味では、この本書の言っていることは正しいのでしょう。

ただしこのような生活習慣を様々な経済状態や環境によって、

変えられない人たちもいることも事実としてあると思います。

ゆえにこのような機能性医学は十分評価しつつも、

この医療を悪用し、現在の慢性疾患の医療の在り方を全て自己責任論で言ってくる人たちがいるのではないかと危惧します。


更にしかし………、

そもそも健康を害しないように食事の在り方や運動の在り方を地域で啓蒙していくことは

間違いなく必要です。

今後増えていく高齢者の健康寿命をできる限り伸ばすためにも必要でしょう。

posted by リハ技士 at 15:24| 山形 ☁| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]