2017年09月05日

通所介護 報酬下げ検討

【厚生労働省は21日、要介護高齢者の自立支援を促すため、心身機能の訓練に消極的な通所介護(デイサービス)事業所への介護報酬を引き下げる方向で検討を始めた。サービスの質を確保するとともに、増え続ける方向で検討を始めた。サービスの質を確保するとともに、増え続ける介護保険費用の抑制にもつなげたい考えだ。】

(高知新聞・朝刊 2017622日 記事引用)


まず介護報酬の改定率の推移をおさらいしておきましょう。

2003年度はマイナス2.3%

2006年度はマイナス2.4%(ただし、この数字は2005年度の改定も含めています)

2009年度はプラス3.0%

2012年度はプラス1.2%

2015年度はマイナス2.27%になっています。

2003年は特別養護老人ホームが4%程度減額されたことが大きく、

2006年は軽度者向けのサービスが大きく減額されたことが大きかったです。

プラスに転じた2009年、2012年は、介護従事者の処遇改善が大きな課題となったため、そうなりましたが、

2015年はまたマイナス方向に転じます、

これは施設介護の利益が結構あると捉えられ、減額方向になったのが大きいことでした。


果たして2018年の介護報酬改定のポイントはどうなるでしょうか、

また改定率もおそらくマイナスになるのは間違いないとブログ管理者は思っていますが、

どこまでマイナスになるのかです。

既に前倒しで処遇改善加算が行われているので、

その処遇改善加算を除くと、過去最低の数値になるでしょう。

もしかしたら、その処遇改善加算を入れ込んでも、過去最低の改定率になる可能性もあります。

今からわかる介護保険分野で変化することは…。

すでに行われている要支援の訪問介護と通所介護の地域支援事業への転換です。

上記以外だとあとは推測になりますが、

もしかしたら(可能性は低いですが)通所介護はただ全部下げるのではなく、ランク分けするかもしれません。

体制や施設の充実度、もしくはアウトカム評価などでのランク分けです。


通所介護以外で注目する介護報酬改定は何でしょう。

やはりブログ管理者はリハ技士なので、気になるのは…。

まず以前にも述べたデイケアの短時間化へシフト?(通所介護・通所リハの各機能の明確化)

リハビリ中心の訪問看護の規制強化?

福祉用具貸与、上限規制導入

リハ以外だと、

訪問介護の生活援助はかなり下がるだろうと聞いています。

あとお泊りデイサービスについては、いろいろ施設環境や勤務状態の問題もあり、

かなりこれも大きく減額されるのではないかと聞いています。


介護報酬改定の諮問答申は来年の1月、

診療報酬の改定と同等に要注目です。

posted by リハ技師 at 15:40| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]