2017年07月31日

現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病

新書の紹介。

「現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病」

岸本忠三/中嶋彰

講談社BLUEBACKS


この本の前に、

現代免疫物語

新・現代免疫物語をこの2人の著者は書いています。

ブログ管理者も現代免疫物語は読んだことがあります。

難解になりそうな部分はかなり工夫してわかりやすく表現されていて(BLUEBACKSにありがちな難解で専門的な文章は少なかったです)

比較的面白く読んだ本の1つでした。


今回の本は、その第3弾。

多少なりとも、免疫の基礎知識がないと、読むのにはかなり苦労するタイプの本になっています。

ブログ管理者は、前回の本の知識もあり、

本の最後の方はななめ読みをいつも通り駆使してしまいましたが、

その他は前回の本より新しく見つかった知見など、かなり知的好奇心がくすぐられました。


この本の中で気になったワードは、

樹状細胞

制御性T細胞

免疫チェックポイント分子、です。


まず樹状細胞から説明したいのですが、ごく簡単に免疫ででてくる他の細胞を紹介します。

マクロファージ→病原体がきたらすぐに攻撃してやっつけてくれます。でも完全にはやっつけてくれない場合もあり。(先制攻撃タイプ)

ヘルパーT細胞→マクロファージなどで攻撃したということを感知して、様々な免疫細胞の開始にゴーサインをだします(攻撃の司令塔)

B細胞→敵が強い場合は、B細胞は抗体というミサイルを作り出し、病原体に向かって撃ち始めます。

キラーT細胞→文字通りの殺戮部隊

そして樹状細胞、

マクロファージなどで断片になった病原体、それを捕まえ、

このような敵がきているよと、ヘルパーT細胞に伝える役目になっています。

そして今回の本では、

この免疫の機能をうまく使い、がんなどの治療に生かせたことが描かれています。

この樹状細胞を体外に取り出し培養して増やし、

患部から採取したがん細胞とお見合いをさせ、体内に戻す、というものでした。

このことによりヘルパーT細胞がそのがんにそった免疫細胞を賦活化しやすくなったのでした。


今度は制御性T細胞。

まず先ほど説明した細胞はうまくいけば、悪者をやっつけてもらい、

体の中は平和になるのですが、

時にその細胞たちが乱暴者になり、過度な対応をしてしまうことがあるそうです。

過度だけではなく、とばっちりで問題ないところにまで攻撃するなど、

平和でなくなる事態もあるのです。(その代表的な疾患が自己免疫疾患です)

このような事態も人間の仕組みは想定していて、

そのような乱暴者になったひとを「やめろ!!」といって制御する細胞が、

制御性T細胞となります。

つまり自己免疫疾患に関しては、この制御性T細胞がキーになるのです。


そして免疫チェックポイント分子。

ここからだんだんと専門的になってきて、

ブログ管理者なんとなくは理解ができたのですが、説明するレベルにはなっていません

(この免疫チェックポイント阻害薬というのは、

かなり盛んに開発されていて、

今まででは絶望的であったがんに対しても有効であったりなど、要注目です)

興味がある人は、本を読んで勉強してもらえればと思います。

posted by リハ技師 at 17:39| 山形 ☁| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]