2017年07月26日

医療機器開発とベンチャーキャピタル

新書の紹介

「医療機器開発とベンチャーキャピタル」

大下創 池野文昭

経営者新書


うーん、ブログ管理者、

前回の本もそうですが、

あまりリサーチすることなく、勢いで買ってしまうことがあります。

今回もその手の本。


概要としては、

日本の医療機器産業が目指すべき未来像とは?

またベンチャーキャピタルの仕組みとプロセスをわかりやすく解説した、ものとなっています。


うーん、まずそもそもタイトルのベンチャーキャピタルという言葉が

実際この著書でもこのワードの説明がなく、

もう皆さん知っているでしょう、という感じの文調になっています。

考えてみれば経営者新書なので、

このような本を読む人には常識的なワードなのでしょう。

なのでビジネス初心者向けのホームページで検索してみると、

下記のような説明になっていました。

【ベンチャーキャピタルとは、主に高い成長率を有する未上場企業(ベンチャー企業)に対して、ハイリターンを狙った投資を行う投資会社(投資ファンド)のことを指します。】

ベンチャーの基本的な仕組みやら、魅力やら具体的に事例も出しながら説明がありました…。

しかしブログ管理者は全くこの手の話には興味が持てなかったので、

久しぶりに超斜め読みを駆使してしまいました。

少し興味を持てたところは第5章のところ…。


【歴史的にみても、画期的な医療機器の開発には医療現場からのニーズが重要であり、医療従事者、特に医師が大きな役割を果たしてきた例が多い。】


10年程度昔の話になりますが、

当院でも開発課がある地元の業者に移乗用の手すりについて議論し、

その議論に基づいて移乗用の新しい手すりの開発に寄与したことがあります。

他にもブログ管理者が覚えている限り、23、その商品開発に関わったことがあります。

(こういうのがあればなぁというようアイデアを、

ただ口をだしただけなので、当院にお金が入ったということはありません)


企業はあるアイデアを具体化して商品化することはできるとは思いますが、

そのアイデアに関しては、

実際臨床の最前線で頑張っている人たちにはかなわないでしょう。

ゆえにどこにおいても医療・福祉の関係者が医療福祉機器に関して、

アイデアや検証をしているところって意外とあります。


臨床だと1人1人の患者さんと向き合っての医療・介護になりますが、

このような医療・福祉機器の開発に関わることは、

たくさんの人たちが助かることにもつながるものです。

ベンチャーキャビタルというのはよくわからないものの、

企業と医療・介護関係者がコラボして、いい商品を作ることって大切だと…、

そう感じました。


この本800円、

しかしほとんど斜め読み、

うーん今度からは、経営者新書は買わないでおこう。

posted by リハ技師 at 19:10| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック