2017年07月20日

日野原先生 死去

もうニュースで何度も聞いているとは思いますが、

日野原重明先生がおとといの18日に呼吸不全で亡くなりました。

享年105歳。


ブログ管理者、実はまぢかに日野原先生を見たことがあります。

日野原先生が90歳代後半の時に、

法人の何かの記念式典で特別講演を日野原先生にお願いをし、来てもらったのです。

ブログ管理者はそのプロジェクトの実行委員をやっていたので、

舞台裏での日野原先生、そして舞台袖からみる講演の時の日野原先生を

ずっと見続けていました。

なぜかというと…。


日野原先生と言えば、

地下鉄サリン事件で次々と運び込まれ、

他の病院も体制が厳しく、受け入れ人数をかなり制限していくところが多い中、

当時院長だった日野原先生の英断で、

今日の外来は全て中止、そして地下鉄で倒れた人たちは全て受け入れる、としたのです。

この受け入れが他と同様、大きく制限をしていたら、

もっと被害の数は広く、更に深刻なものとなっていたでしょう。

そのエピソードを聞き、医療人として、大いに尊敬してしまったのです。



さて再び講演の時に驚いたことが…。

それは1時間以上あった講演、その間なんと立ちっぱなしだったのです。

話す内容も上手で、時折笑いも入れていて、

皆さん、おそらく満足して帰っただろうなと思わせるものだったのです。


ちなみに日野原先生は、国内で一番早く「人間ドッグ」を取り入れたことでも有名です。


日野原先生のご冥福をお祈りいたします。

posted by リハ技師 at 20:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック