2017年04月03日

介護福祉士 受験者数半減

【介護福祉士の希望者が半減した。1月にあった介護福祉士の国家試験への受験申込者数は前年度から半数に。新たな受験資格に450時間の実務者研修が加わったことが主因とみられる。高い技術を求めて待遇改善につなげる狙いだが、慢性的な人材不足にあえぐ現場に不安が広がる。】

{朝日新聞(東京)・朝刊 201724日 記事引用}


当法人ではリハ技士の採用は、PT10OT1ST1名となりました。

国家試験では今回、

PT 90.3%(新卒者96.3%)OT 83.7%(新卒者90.5%)、結構高かったですが、

やはり気になるのは受験者数。

PT13719人、OT5983人なのですが、これはPT1とすると、OTは約0.44

半数に満たない数になっています。

上記の計算で年度を追ってみると、平成17年度は0.76、平成21年度まで0.7台。

平成22年度から約0.66、平成23年度約0.56、平成24年度約0.49と下がり続け、

平成25年度から平成28年度は0.44~0.49でやや波は上下していました。

確実に理学療法士数と作業療法士数は差が広がっています。

言語聴覚士の受験者数は、

平成20年度までは増え続けましたが、それがピークとなっています。(ただし最近また平成20年度の数に近くなってきています)

全国のリハの会議でリハ職の確保に関して話し合うと、

必ずOTSTの確保が困難であることがでてきます。


そして今回の介護福祉士の受験者数は、昨年度は152573人、今回は79113人でした。

そして今回の半減の理由は、記事にある通り、450時間の実務者研修が加わったこと。

このことを皆さんはどうとるでしょうか。

この研修時間の増加で、ケアの質が高まり、

そしそれが介護報酬に評価され、賃金にも反映されるということであるなら、

少なくとも長期的には悪いことではないと思います。


当法人も介護福祉士の確保はかなり苦労しています。

今年度、小規模多機能施設も立ち上げることになっているので、

更に確保を進めていく必要があるのですが………、

心配です。

posted by リハ技師 at 17:51| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448695343

この記事へのトラックバック