2017年03月25日

女たちの大震災 〜最新医療が迫る 体と心のリスク〜

番組の紹介。

117日のNHK

NHKスペシャル「女たちの大震災〜最新医療が迫る 体と心のリスク〜」


番組のホームページからこの番組の概要を引用します。

6434名の命が奪われた阪神・淡路大震災から22年。これまで女性特有の被害に焦点を当てた研究はほとんど行われてこなかった。しかし神戸周辺の拠点病院に残されていた被災直後の「入院患者3500人の診察記録」を分析した医師は、ストレスが多い避難所生活で、女性の方が血栓(血管内の血のかたまり)ができやすいことや、脳卒中を発症する割合が急増していたことを解明。さらに血栓が体内に残り、発症の危険性が長期間続くことも分かってきた。分析結果をもとに試算すると、体内に血栓が生じていた被災女性は推計1万人、22年たった現在も血栓のリスクを抱え続けている人は少なくないというのだ。

一方、女性の心も蝕まれていたことが分かってきた。被災者への大規模アンケート調査では、「震災を思い出して眠れない」という回答が、一貫して男性よりも高い割合を示している。脳科学の専門家は、災害によって体内に生じるストレスホルモンが制御できなくなり、不安感が長期間消えない女性特有のメカニズムを指摘している。】


この番組でまず注目したのは、「性差医療」というワードです。

番組で言われていたのは、

現在の医学は成人男性を基準として医療を進めていた、と言うのです。

ブログ管理者から見ると、本当にそうなの?と思ってしまいました。

私たちが医療的データをとるときに、基本情報として男性・女性のデータは必ず取ります。

医療に限らず、データをとるときに、性のデータはほとんどとっているでしょう。

しかし、医学が成人男性を基準としているのであるならば、

データとしてはとっていたのに、性による分析・対応はしていなかったというのは不思議です。

どうやら出産以外はそれほど大きな差はない、と思われていたようなのです。


実際に男性と女性では明らかな差があります、

例えば男性ホルモン・女性ホルモンの違いは明らかで、

そのホルモンの影響で病気の在り方も大きく変わっていきます。

代表的なのは女性の更年期障害です。


今回の番組では、女性のほうがストレスに弱く、

そのストレスから脳卒中などが引き起こしやすい、という結果でした。

この結果は、ブログ管理者としては、意外な結果でした。・

男性のブログ管理者は、

現在の女性は精神的には強くなっている、

実際に高齢者で元気があるのはだいたい女性が多い、という印象があったのです。

ところが番組では女性のほうがストレスにあうと、

血圧が急に高くなる傾向があり、

それが脳卒中を引き起こす要因となっていました。


女性のほうがストレスに弱い、という部分も、番組で説明されていました。

ストレスを感じたときはコルチゾールというホルモンがでます。

しかし、それが過剰に出すぎると脳に負担がかかってしまうので、

視床下部がそれを制御しようと、指令をだします。

しかし女性の場合、女性ホルモンが視床下部の機能をおとすようで、

コルチゾールを減らす機能がうまく作用できなくなってしまいます、

つまりコルチゾールが過剰な状態になり、

その結果、脳にダメージをあたえ、心の病にまで発展することがあるのです。


阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災、熊本地震などなど、

その地域に住む人々の生活を一変させる大災害がありました。

恥ずかしながら、ブログ管理者は女性のほうが男性よりもストレスに強いと思っていました。

おそらくそのように思っている人は少なくないと思います。

そのような女性は弱者でないという雰囲気の中で、

女性が被災地の中で声があげづらかった、そのようなことがあったのだと思います。


私たちはそのような「声なき声」があることを心に刻まなければいけません。

また女性だけに限らず、

弱い人たちが声を出せるような環境作りが必要なのだと感じます。


特に震災など試される弱者への対応、

今の地域がそのような状況になっているのかを私たちは問わなければいけません。

posted by リハ技師 at 20:31| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448377952

この記事へのトラックバック