2017年02月28日

表面筋電図(EMG)周波数解析に応用した筋の質的評価


DSC_0027.JPG

EMGセミナーを、

九州看護福祉大学大学院リハビリテーション学科教授、

加藤浩先生(日本運動器理学療法学会運営幹事・SOPT,PhD)をお招きして開催した。

世界に先駆けたwavelet変換とよばれる工学技術を

表面筋電図(EMG)周波数解析に応用した筋の質的評価を学んだ。

県外から看護大学の助手、准教授(看護師)も参加して職域を超えたセミナーとなった。

グループに分かれて正常・異常歩行の下肢EMGを計測し、

積分処理してグラフ化し、各グループでのプレゼン発表を行った。

客観的データを見て真剣に討論し合い考えを共有し合った。

加藤先生には、

非常に難しい分野について分かりやすくマンツーマンで丁寧にご指導をいただいた。

2日間集中したセミナーでしたが、

終了したときの受講生の顔がとても清々しく何かを成し遂げたという勇ましさを感じた。

熊本から加藤先生、岡山から国里様、県外から看護師の皆様、

そして、当院を含む参加者の皆様に深謝します。


posted by リハ技師 at 19:09| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447465541

この記事へのトラックバック