2016年11月17日

あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界

また昨日に引き続いて、番組の紹介。

1029日放送、

NHKスペシャル「あなたもなれる“健康長寿”徹底解明100歳の世界」


またいつものように番組のホームページから、この番組の概要を引用します。

【「単なる長寿など望まない。“心も体も健康”で長生きしたい」。平均寿命は男女ともに80歳を超え、世界一の長寿国を突き進む日本。長生き自体がもはや当たり前となる中、次なる関心は“サクセスフル・エイジング”=認知症や寝たきりにならずに、どれだけ元気に年を重ねられるかにシフトしている。その健康長寿の秘密を解き明かすカギを握るとして、いま、世界各地で注目されているのが「百寿者=センテナリアン」の研究だ。なぜか寝たきりが少なく、最後まで元気な人の割合が高いという共通項を持つ、センテナリアン。最新の研究で、特殊な人だけではなく、誰でも条件次第で到達できるのではないかという可能性が浮上してきた。人類究極の願い“健康に命を全うする秘密”の解明に向け百寿者研究が加速している。番組には世界の「スーパー百寿者」が続々と登場。謎に満ちたセンテナリアンたちの驚異のパワーと健康に満ちた暮らしを記録し、そこに到達するための条件に、医学・栄養学・心理学・環境学・社会学などあらゆる角度から迫る。】


この番組で健康長寿になるためのポイントは3つ、

その3つの対応ともごく基本的な内容でしたが再確認させられるものになっていました。


この番組に出ている先生がある仮説を立て、

それを学会等で報告しました。

それは長寿の人たちとCRPの関係性でした。

まず基本からいきましょう。

そもそもCRPとはなんでしょう。

もうC反応性たんぱく、と言われるもので、

体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に現れるタンパク質、のことになります。

一般的な基準値は0.3mg/dlとなっていますが、

番組に出ていた100歳以上の女性は0.03でした。

実際に100歳以上の人たちのCRPを調査してみるとかなりCRPは低値ということがわかったのです。

ではそのCRPをどうすれば低くさせることができるのでしょうか。

もうその番組の答えを言っちゃうと、

食事・運動・心(満足感)なのです。

うーん、健康情報番組で行きつくところは、絶対そうなるよね〜、という感じです。


まず食事から行きましょう。

必ず長寿になる食品、というのはないというのが結論でした。

その地域によって、その地域の人たちが健康になれる食品があり、

地域差があるのだと…。

番組にでていた識者は、

その地域によって腸内細菌が違うことが関係しているかもしれないと述べていました。


運動が大切というのは、特に目新しいことは言ってなかったので割愛。


満足感の問題では、

快楽を求めるタイプ(食欲・性欲・娯楽など)よりは、

生きがいタイプ(ボランティア・家族のため、地域奉仕など)の方がCRPが低い、という結果は………、

皆さんはどう受け止めるでしょう。


上記の対策はどれもそんなに目新しい内容ではなかったかもしれません、

しかしそれがやはり事実だとブログ管理者は思います。

勉強もそうですが、

健康もそんな簡単になれるものではありません。

地道にバランスよく行うものです。


番組には日野原先生が出ていました。

御年105歳です。

食事も運動も心もすべてきちんとバランスよく行えていて、まだまだ元気そのものでした。


番組最後には、東京オリンピックで聖火に火を灯したいと言っていたのが、印象的

ブログ管理者には、もう4年後の聖火を灯す日野原先生が見えていました

posted by リハ技師 at 20:15| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444058942

この記事へのトラックバック