2016年01月26日

活動と参加に焦点を当てたリハビリテーションの推進

119日の抄読会、PTの報告。

「活動と参加に焦点を当てたリハビリテーションの推進」

月間DAY201511月号 5861


では、いつものように気になるところだけを引用します。


6.の《要介護者の「参加」を促し、継続するために》から、一部を引用します。


【「参加」も、「活動」と同じくラポールを形成することが必要です。さらに、リスクに対する理解を得ることも忘れてはいけません。どんな「参加」活動も、準備不足のままで実施すると失敗体験につながり、その後の継続に影響するため注意が必要です。………(中略)………。

 「参加」を促すためには、参加の場の開発や社会資源の発掘なども必要になります。施設内の配り物をしていただいたり、地域でのバザーへの出品、施設内・公民館などに作品の発表・展示の場を設けるなどはご利用者の負担も少なく、ご自分の作品が認められることで自信にもつながります。】


なぜ、この「参加」ということを重要視すべきなのか、

そこを考えるときに、思い出したい1つの生活期(維持期)リハの歴史を思い出します。

それは、パワーリハです。

皆さんのところでも、通所リハ・通所介護などで、マシーンを購入した人がいたかもしれません。

かなり高額で、何百万の世界だったので、当院では手が出せないと思い、

カジュアルリハという介護予防の本を買い、

それを勉強しながら、要支援者レベルの人たちの通所リハの患者に対応したことを覚えています。

しかし、お金があれば買ってみたいなぁ〜とは、実は心の中では思っていました。

(実際に高齢者においてもパワーリハでの要介護度が改善したという報告が魅力的でした)

しかし、です。

短期的なタームであれば、そのアウトカムは改善しているものの、

長期的なタームでの改善報告はありませんでした。

実際にこのようなパワーリハが、介護予防の事業を覆いつくすような状況にならなかったことが、物語っており、

やはり様々な問題があったのだと思います。


その様々ある問題点の1つとして、

通所で通った時だけ頑張る運動と、

日々何か目的があって動いている(つまり参加している活動がある)ということでは、

運動の効率性ということにおいても、差があったのだと思います。


ただし、一応言いますが、

このパワーリハでの報告、

高齢者においても適切な筋力強化で、大きく歩行状態が変わった、という報告の重要性は消えません。

うまくそのような機能訓練と、

「参加」をうまく促す、両方を行うべきなのです。

(ただ、やはりマシーンが高額すぎます、

非マシーン訓練でも、リハ技士の力量があれば、代用できるはずです)


ゆえに「参加」というキーワードはかなり重要視すべきであり、

そのアプローチを行うべきですが、

高齢者のもつ機能面の可能性に対して、追及する余地があることは認識すべきでしょう。

posted by リハ技士 at 20:37| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 抄読会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック