2015年10月02日

吉尾雅春先生 特別講演 2日目

ブログ管理者、今日のブログ入力は楽々
2日の特別講演に出た若手PTに書いてもらいました。

2日目は実技中心の勉強会でした。


実際の装具療法として、千里リハの治療動画をみせていただきました。早期からの装具療法の有効性を改めて実感し、患者様の変化に感動しました。

実際に千里リハで使用している装具を履かせていただき、また歩行介助練習を行いました。下肢の振り出し介助、踵接地位置のコントロールのためのループ、踏み返しを楽にするtoeスプリングなど長下肢装具のところどころに工夫点があり、「介助しやすい!」と当院スタッフからも好評でした。

2日間の勉強会を通し、長下肢装具の有効性はもちろん、解剖、生理学といった基礎が大事ということを改めて実感する機会となりました。常に探究心を持ち、患者様の治療に生かしていければと思います。



、ということだそうです。

このような他の人に書いてもらうことも、検討しています。
posted by リハ技師 at 18:15| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427117762

この記事へのトラックバック