2015年06月24日

身体障害者授産施設のあり方

またいつものようにためてしまった抄読会。

512日にOTが報告。


「身体障害者授産施設のあり方」

総合リハ・3211号・1037~1041200411


11年前の資料なので、

もっと新しい文献で報告してもらいたいとは思ったのですが、まぁいいでしょう。

現状は10年たってもそんなには変化ないと思われます………




【結果として、利用者の高齢化・重症化傾向が加速され、就労の機会はもとより、地域生活移行が阻害されていることとなっている。

 これは、一般就労を希望しながらそれに至らない者や、社会生活力のスキルアップを図りながら福祉的就労を目指すものなど、障害状況や意欲の差が激しい利用者が混在するなかで、障害者の就労・社会参加ニーズと施設をとりまく環境変化に施設が適切に対応できていないことを示しているのではないかと推測できる。】




もちろん、2004年以降で変化した政策で多少なりとも改善している点はあるでしょう。

このブログでも紹介した「障害者優先調達法」

(障害者就労施設で就労する障害者や在宅で就業する障害者の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体、独立行政法人などの公機関が、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進するために制定)や、

この法律の同じ年に障害者の法定雇用率がひきあがったりしています。


しかしそれほど雇用率は増えていない………と思っていたら、

すみません、厚生労働省のプレスリリース「民間企業における障害者の雇用状況」では、

グラフは実数・率ともに平成13年以降どんどん増え続けています。

うーん、そうだったのかと思ったら、

ご丁寧にも障害者のカウントの定義が年度によって変化していることが記載してありました。

うーん、実質的には増えているのか、それほど増えていないのかは、また???になりました。


【施設の機能に応じてそれぞれの施設を再編成し、障害者自身のニーズや就業能力に応じて、それにふさわしい機能の施設を利用できる仕組みとすることで、授産施設の役割を明確にできるのではないかと考えられる。】


2004年時点ではなかった就労継続支援AB型事業や就労移行支援事業、

2006年の自立支援法で再編成され、移行していきます。

posted by リハ技士 at 21:06| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 抄読会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック