2014年11月18日

サルコペニア

リハビリテーションワード、今日第2弾。

ブログマニア様のリクエストで「サルコペニア」を紹介したいと思います。


実はこのサルコペニア、

以前少しだけ紹介したことがありました。

去年の6月に名前だけ紹介し、

今年の4月に当院で割り当てられている地方のケーブルテレビ番組(15分番組、年2回)で、

このサルコペニアを特集したことを、このブログで報告。

(鶴岡協立病院の大長整形外科医から協力してもらいました)

また424日のブログで定義や診断基準を報告しました。


今回のリハビリテーションワードでは、

その番組の冒頭部分を真似て、このサルコペニアを紹介しましょう。


簡単にいえば、筋肉が加齢に伴い減少していること。

筋肉量は30歳頃がピーク、その後は加齢とともに低下し、

70歳以下の高齢者2割、80歳以上では半数以上にサルコペニアを認めるというショッキングな報告も…。

サルコペニアは寝たきりと嚥下障害の原因疾患としては脳卒中に次いで第2位というデータもあります。

最近話題のメタボは肥満によって脳卒中や心臓病の危険を高める状態と言われています。

ロコモティブシンドロームも体の働きが衰えて、介護が必要としたり、寝たきりになる危険性の高い状態と言えますが、

サルコペニアは体全体の筋肉量が減少し、寝たきりになるメタボやロコモよりもっと深刻な状態と言えます。


ここで少し言葉そのものの説明を…。

サルコが筋肉、ペニアが減少という意味です。

日本語でのサルコペニアの正式名称は加齢性筋肉減少症。


このサルコペニアの特徴として進行性・全身性の筋肉量の減少と筋力低下だということです。


次回のリハビリテーションワードは、気管支拡張症です。

posted by リハ技士 at 20:06| 山形 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | リハビリテーションワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リクエストありがとうございました。
私はブログマニアさんではありません。
今後とも、名無しをよろしくお願いいたします。
Posted by 名無しさん at 2014年11月19日 06:03
高倉健さんについて、取り上げて下さい。
Posted by 名無しさん at 2014年11月19日 06:12
名無し様、コメントありがとうございます。
一応当ブログは医療・福祉関連+震災・原発関連をテーマにしているので、高倉健さんもそれを切り口にして報告できればと思います、しかし、これはネタが必要なので時間をください。
Posted by ブログ管理者 at 2014年11月19日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック