2014年11月13日

キース・ワグナーの分類

かなり久しぶりのリハビリテーションワード、

今回はキース・ワグナーの分類。

【本態性高血圧()の進行度を知るための眼底所見の分類。】

高血圧の原因って、意外と分からない事が多いです。

生活習慣病や遺伝的要素が複雑に絡み合っているようです。

そのような原因の分からない高血圧を本態性高血圧と言います。

日本人で高血圧と診断されている中で90%が本態性高血圧という報告もあるようです。

ただこれほど医療が発展している中、

これだけ多い本態性高血圧、

もっとこの分野を切りこんで原因をある程度明確にし、

それに基づいて治療に生かせるなら画期的なものになると思うのですが…。


進行度はT度〜W度の4段階という分類になります。


次回は「記憶」です。

posted by リハ技士 at 15:06| 山形 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリテーションワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メニエール病について取り上げて下さい。
今井翼さん
Posted by 名無しさん at 2014年11月13日 16:51
名無し様、コメントありがとうございます。
メニエール、了解しました。
私の持っている辞書にあったので、それを明日引用したいと思います。
またメニエールに関しては、ブログ管理者の思い出もあるので、そこも報告しますね。
Posted by ブログ管理者 at 2014年11月13日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック