2014年08月12日

冠状動脈性心疾患

おそらく3か月ぶりのリハビリテーションワード、

今回は冠状動脈性心疾患。


【心筋に血液を供給する冠()動脈の血液が悪くなり、心臓に障害がおこる疾患の総称】

(リハビリテーション用語・略語・英和辞典から引用)


狭心症や心筋梗塞もこの冠状動脈性心疾患に入ります。

例えば狭心症は冠状動脈の血管内側が狭くなって、

心筋に必要な酸素量を送れなくなり、胸に痛みがでてくる場合があります。

心筋梗塞は、その冠状動脈血管の詰まりがひどく、

心筋の一部が壊死してしまうものです。

原因としては動脈硬化とれん縮があります。

今回は簡単にこの程度で…。


次回は寒冷療法です。

posted by リハ技士 at 18:44| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーションワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック