2014年04月02日

原発再稼働推進の疑義W 汚染水問題の深刻化

原発再稼働推進の疑義W
ネタ本は、NEWTON 4月号
特集「災厄 福島原発1000日ドキュメント」
PART1の過酷事故の連鎖
(参考文献として、国会事故調報告)

汚染水問題の深刻化

【建屋の地下にたまっている汚染水を回収・浄化して、原子炉の冷却に利用する循環注水冷却システムが2011年6月に稼働したことで、建屋の地下に汚染水がふえつづけるという状況は解消された。しかし、汚染水の問題がすべて解決したわけではなかった。
 循環注水冷却システムを使うと、処理した汚染水のおよそ半分は淡水となって原子炉の注水に再利用されるが、残り半分はセシウム以外の放射性物質と塩分を多く含んだ「濃縮塩水」になる。濃縮塩水(汚染水)は、専用のタンクや地下貯水槽に貯蔵されてきた。ところが、その貯蔵量が増加しつづけ、貯蔵場所の不足が懸念されるようになってきたのだ。
 旬間注水冷却によって、1〜3号機の原子炉には合計で1日約400トンの水が注入されている。ところがこれに加えて、1〜4号機の建屋の地下には、山側から流れてくる地下水が1日約400トンも流入しているという。流入経路は現在も特定されていないが、地下を通るトンネルやケーブル配管などと建屋との継ぎ目が地震によって破損し、そこから水が流入している可能性が指摘されている。】
(NEWTON4月号 68〜69ページ引用)

まずこの循環注水冷却で保管している濃縮塩水が入っているタンクからの水漏れがでています。
例えば最近では2月21日にタンクから2億3千万ベクレルの高濃度汚染水が100トン漏洩したとのニュースが………。
その2日前にも………。
複数のトラブルが発生しているのは気がかりです。
まだ当分はタンクや貯水槽は増やし続けなければいけないでしょうから、
なぜこのような事故になったのかはきちんと総括してもらわなければいけません。
地下水が原子炉建屋に流入してくる問題はどんなに早くても1年後の4月、
その時にはおそらく再度森を切り崩し、貯水槽やタンクを作る必要がでています。

次回は、汚染水対策です。
posted by リハ技士 at 15:44| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック