2014年03月18日

原発再稼働推進の疑義W 原子炉全滅

原発再稼働推進の疑義W
ネタ本は、NEWTON 4月号
特集「災厄 福島原発1000日ドキュメント」
PART1の過酷事故の連鎖
(参考文献として、国会事故調報告と脱原発論)

原子炉全滅

【3月14日20時ごろにはようやく、1〜3号機で原子炉(圧力容器)へ継続的に注水する体制がととのった。消防車を使って、海から直接海水をくみ上げて注水しはじめたのだ。圧力容器内の圧力が高いうちは、消防車の水圧では注水がむずかしかった。皮肉にも、圧力容器が破壊されたことで圧力が下がり、注水が可能になったのである。
 結局、地震発生から4日後には、1〜3号機の原子炉内部にあった核燃料は溶け落ち、圧力容器と格納容器は破損するという悲惨な状態になった。原子炉の密閉性は失われ、安全に閉じ込めておけるはずだった放射性物質は、原子炉の外へ大量に放出されてしまった。
 3月15日ごろから、使用済み核燃料プールへの注水が新たな課題として加わった。核分裂反応を停止させてから時間がたった使用済み核燃料も、反応を停止した直後核燃料ほどではないものの、熱(崩壊熱)を発し続けているからだ。】
(NEWTON 4月号 48ページから引用)

1号機と3号機はメルトダウンと水素爆発、2号機はメルトダウン、4号機は水素爆発。
4つの原子炉が全て損傷するという、チェルノブイリ級の事故となってしまいました。
(チェルノブイリ級と書くと、それは言い過ぎだと批判する人をよくある掲示板などで見かけます、
確かにチェルノブイリ原発事故は長期にわたって火災が続いたため、
福島第一原発はチェルノブイリ原発放射性物質量の10数%、
汚染範囲もチェルノブイリと比べればかなり狭くはなっていますが、
長期間住めない地域・高濃度の汚染地域が出来たということは、
まぎれもない共通することです、
このことで避難住民が帰れない状態になったのは、
チェルノブイリ原発と福島第一原発だけなのです。
そうであればチェルノブイリ級と言って何が悪いのか、
そのような批判をする人の批判の意図が全くわかりません)

今回は、簡単にこの程度で…。

次回は少し飛ばして、地震発生から22日後の
汚染水が流出 を紹介します。
posted by リハ技士 at 19:51| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック