2013年10月08日

健康の社会格差の対策

健康の社会格差シリーズ、
提言はまだ続くのですが、今回はこの程度にして、とりあえず最終回にします。

健康の社会格差の対策
『英国、スウェーデン、韓国などでは、政府として健康格差是正の数値目標を掲げ、公衆衛生法の改正などを行って、健康の社会格差の対策に政府として取り組んでいる。米国でも国立研究機関が医療の社会格差の報告書を出すなどの取り組みを進めている。これらの国で取り組みが進んだ背景には、社会階層が高い者に比べ低い者が不健康という「健康格差」が数多く観察され、医療へのアクセスが不良で死亡率も高く、その背景に社会経済的格差が関与しているという研究の蓄積がある。一方、わが国では、健康の社会格差は政策上の重要課題には位置づけられておらず、またその改善方策に関する研究はほとんど行われていないのが実情である。』
(提言 わが国の健康の社会格差の現状理解とその改善に向けて から引用)

2009年にWHOが健康格差の是正を各国に対策を勧告するなどの動きがありました。
この提言もそのWHOの勧告に則ってまとめた提言でしょう。
このような世界的な動きにやっと日本も動き始めました。
2012年に厚労省は拡大する健康格差があることを認め、
英国や韓国のように数値目標を掲げたのです。
厚生労働省の専門委員会における「国民健康づくり運動プラン21」に、
初めて所得や地域等の健康格差があることが明記されています。
具体的には素案では、
「日常生活に制限なく活動できる期間」や、「自分が健康だと自覚している期間」について、
都道府県の格差を縮小することを目標としました。
(男女ともに健康寿命が高いのが千葉県と静岡県、男女でともに健康寿命が低いのは大阪)
そしてその大枠の指針として「生活の質の向上」「社会環境の質の向上」を挙げています。
まずは一歩前進と言えるでしょう。

次回から、新シリーズ、「今年の理学療法国家試験にチャレンジ」です。
お楽しみに。
posted by リハ技士 at 15:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の社会格差 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック