2013年09月06日

目標指向的アプローチ

リハビリテーションの歩みシリーズ最終回、
引用文献は、リハビリテーションの歩み その源流とこれから

リハビリテーションのこれから という章から引用します。
ここでは重要な指摘がたくさんあるのですが、
1つに絞ります。
その絞った内容は、目標指向的アプローチについてです。
『@生活機能と障害の「予後」(どこまでプラスを増やせるか)に立って、
A「参加レベルの目標」を当事者(患者・障害者)参加で確定する[具体的には専門化チームが目標の選択肢(複数)を提示し、当事者が熟慮のうえでそのうちの一つを選ぶ]。その際、その「参加レベルの目標」も同時に、「セット」(参加の目標と活動の目標との)として提示され、選択される。
Bそれに伴って、「それら(参加の目標と活動の目標)を実現するための活動向上プログラム」も決定される(あらかじめ「活動レベルの目標」と、プログラムとがペアになって考えられている)。
Cリハビリテーション・チームは「協業」に立ってその目標(参加と活動のペア)を、(目標にあらかじめ含まれていた到達時点までに)実現する』

このような内容は、リハ技士であるなら授業で習ってきた内容だと思われます。
ただし、この通りに皆ができているかどうかはまた別問題かもしれません。
まず@は「予後をみる力」が必要になってくるので、
そこで各々のリハビリテーション・チームにおいて差が出始めるでしょう。
Aは[目標選択肢複数から一つ選ぶ]は怪しいものの、
その他はまず普通に健全なリハビリテーション・チームであれば行っているものと考えます。
Bに関しては、
「している活動」の把握や「できる活動」の把握がどれだけできるのか、
そしてその把握に基づいて「する活動」の目標設定をしていくのか、
そしてその目標に向けてどのようなリハ(訓練・指導・環境設定など)を展開していくのか、
などが問われてくるので、
これも各々のリハビリテーション・チームで差がでてくるでしょう。
Cも協業がどれだけできるかによって、やはり大きな差がでてきます。

皆さんのところでは、きちんとできているでしょうか。

今回でリハビリテーションの歩みシリーズは最終回、
興味をもったかたは是非とも、この本を買ってください。
posted by リハ技士 at 19:20| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーションの歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック