2013年08月01日

医療と教育の同時提供

リハビリテーション歩みシリーズ、
引用・参考文献は「リハビリテーションの歩み その源流とこれから」。

青年・成人の時代2
(68〜74ページ)
また無理やり要約です。

1947年に児童福祉法公布、
この施策には孤児・浮浪児対策が中心だったのですが、
高木氏の尽力で肢体不自由児施設も取り入れられることになります。
1950年に身体障害者福祉法が施行、
この法律のマイナス面として、その定義・範囲が曖昧であったことです、
その後様々な関係者の運動により、
いくつかの内部障害が追加されてきました。
1952年には高木氏の尽力で作られた整肢療護園が復興(東京大空襲でほぼ全壊していた)します、
そしてまた、その整肢療護園の中に小学校の出張学級として特殊学級2クラス設置されます
(これは高木氏が目指していた医療と教育の同時提供が実現したことを意味していました)。
1961年に国民皆保険制度が実現します。
(もう目?にタコができるかもしれませんが、再度述べます、
つたない要約ですので、興味がある方はこの著書を是非とも買って読んでください)


医療と教育の同時提供、この実現に高木氏は奮闘しました、
障害をもってうまれた子どもたちに、
ただ狭義の医療としての提供だけでなく、
社会で生きていける事までの教育を行う、
これがまさに日本のリハビリテーション草創期に形作られ、
著者、上田敏氏が唱えた「全人間的復権」の理念につながっていくものでした。

そのこともあり、他の医療分野と比較して、
小児だけでなく他のリハビリテーションにおいても「教育」の要素が非常に高い医療になっています、
特に高齢者では生活の仕方によって心身機能は変化していくことが多いです。
ゆえに心身機能が低下しないように、どのような生活を送るべきなのか、
患者さん(家族)が理解しやすいように、
また、やってみようと思わせるように、
うまい具合に指導していく必要があります。
そのことをきちんと行う事で、患者さんが地域で安全・安心に暮らせることにつながっていくのです。
posted by リハ技士 at 15:12| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーションの歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック