2013年06月03日

学会発表2 口演の仕方

論文を書こうシリーズ、
学会発表2
(論文のレトリック 南江堂 から引用)

口演の仕方

人の前で話すのが慣れている人だと原稿なしで発表する人を時折みかけます、
私的には、うらやましい…、と思ってしまいますが、
著者は、
『意気揚々とはしているが、あまりテキパキとやられると、耳に入る言葉と指されたスライド上の文字とが輻輳して、こんがらがってしまう。
 このような方法は、よほど口演に慣れたひとでないと時間どおりに終えることはできない。』
確かにそのような人は話すことが次から次へと浮かぶようで
アドリブも入れるために話す時間が長くなり、
予定の時間よりかなりオーバーしていた、
というのは何度かみたことがあります。

しかしずっと下を向いて原稿を見て話すのも若干見た目があまり良くないでしょう。
時折、聴衆を見渡すことは織り交ぜながら、
しかし原稿をきちんと読むのがベストのような気がします。

そして前にも話したようにゆっくりと、
そして棒読みにならないように話すのが大切です。
『句読点で切るべきところは一時休み、病名など医学用語はよくわかるようにゆっくりと発音する。』
このような話し方はきちんと前回も言ったリハーサルを何回も行う事と、
発表時には早く話してしまう傾向があるという意識を強く持つことです。
(ブログ管理者の失敗談から強くそう思います)

著者が強く禁じている発表があります。
それは弁解。
『「はじめに、内容が(数字が、症例数が)抄録と若干異なることをお詫びいたします」といった前置きは、学会でよく聞かれる。やっつけ仕事で抄録を書いた、ぎりぎりになってまとめた仕事だ、ということを自ら告白しているわけではあるまいが、ある意味では聴衆を愚弄した行為である。』
うーん、手厳しい。
しかしその通り、と言うしかありません。
ただこれは論文ビギナー・論文若手で、
そのような発表していたら、温かく見守ってほしいとは思います。

今回で論文を書こうシリーズは終了。
次回からはあるネタ本を使用して、
リハビリテーションにおける「倫理」をシリーズ化して述べていきたいと思います。

この論文シリーズのネタ本、
論文のレトリック 改訂第2版 消費税別で3000円(つまり3150円です)
このブログでは本当にごく一部しか紹介していないので、
興味をもった方はぜひ買って勉強してください。
posted by リハ技士 at 20:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文を書こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック