2012年07月30日

転倒のリスク因子にはどのようなものがあるか

リハビリテーションQ&A。
今回でとりあえず最終回(しかし、また特集する可能性あり)。
今回は、
転倒のリスク因子にはどのようなものがあるか。

リスクには大きく2つ、内因性と外因性に分かれます。
内因性とは本人の特性に関連することです、
例えばバランス障害や筋力低下、視力障害、うつ等が挙げられます。
当院では内因性をふまえての対応が必要になってきます、
もしリハで改善できるものであれば訓練をしていきますし、
なかなか難しい性質のものであれば環境設定や介助のあり方を変える等をしていきます。
外因性は本人以外の環境や状況の問題です、
例えば介助の仕方が悪くて転倒したり、
その人にあわせた環境になっていないために同じく転倒したりする場合です、
この場合は対策としては、
環境の仕方を検討しなおしたり、介助の教育をしたりなどして、
今後の転倒を防いでいきます。

内因性の評価でバランス検査は大事な指標になるでしょう。
Time Up & GoやFunctional Reach TestやBerg Balance Scaleの有名どころの評価法も、
カットオフ値も書かれていて参考になりました。
その他の評価法も少しだけ述べましょう。
Four Square Step Testは恥ずかしながら、今まで知らなかった評価法です、
低い障害物を超えて、前後左右に素早くステップするスピードを測定する評価法というものでした。
感度・特異度もかなり高く、なかなか有望な評価法にみえました。
five times sit to standも初めて聞く検査、
文献をインターネットでリサーチしたのですが、全部英文だったので断念。
ただユーチューブにはこの検査法のやり方を説明したものがあったので見てみました。
両手を胸に交差するように当て椅子に座っています、
その位置から5回、立ったり座ったりしていました、
おそらくその秒数を図る検査だと思われます。
performance oriented mobility assessmentも紹介されていました。
バランス項目16点と歩行項目12点で構成された検査ですが、
日本ではあまり使用されていない検査のようです。
dynamic gait index(動的歩行指数)は様々な歩行をさせてその出来で点数化させるものでした。

文献には出ていませんでしたが、
当院の介護予防の評価では開眼(閉眼)片足立ちお10m歩行もしています、
この評価表も十分バランス評価になると考えています。
posted by リハ技士 at 17:36| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーションQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック