2012年07月25日

前頭側頭葉変性症U

認知症と生きる 熊本の現場から
今回は前頭側頭葉変性症U。

また記事から引用します。(熊本日日新聞から引用)
『・「わが道を行く行動」他者への配慮や礼儀が失われる。
 ・「食行動異常」。
 ・周囲からの刺激に影響されやすく、目の前の人のしぐさをまねしたり、看板の文字をいちいち読みあげたりする。』

前頭葉というと人格をつかさどる部分というイメージがあります。
前頭葉側頭変性症は別名、ピック病と言われ、実際に人格障害が顕著になります、
そのことで反社会的行動になることが特徴づけられます。
そしてその行動に対しての自覚がない事も特徴なのです。
しかしその人格障害、例えば暴力等も、
常道行動を意識したケアをしていれば出現してこない傾向があることがわかりました。
最近、ヤンキースに移籍したイチローは、
食事内容だとか、生活リズムを変えないようにしているという事を聞いたことがありますが、
この前頭側頭変性症にもイチローのような生活、
つまり生活パターンを変えない対応が必要らしいのです。
posted by リハ技士 at 18:51| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック