2011年05月26日

理学療法士としての基本的接遇・コミュニケーションスキル

すみません.
昨日コンピュータートラブルで報告できませんでした.
別のパソコンでこのブログを入力しています.

一昨日の抄読会の報告をしましょう.
PTの報告.
「理学療法士としての基本的接遇・コミュニケーションスキル」
吉井智晴

クエスチョン形式で設問があり,
それに答える形の論文となっていました.
9つの設問がありましたが,
2つの設問のみを紹介しましょう.

よい患者―治療関係が「とれた」と感じるのはどんなとき?
この設問に対してここで挙げられているのが,
聞く姿勢,です.
『話を聞いてくれる人には良い印象をもち,思わず話してしまうということがある.そうやって話を聞くことを積み重ねていけば,次第に患者は受け入れられていると感じ,「この人なら話しても良さそう」と思ってくれる.』
10数年前はリハ技師一人に20人程度の担当患者を持っていました.
私が一番ひどい時で,
30人を超えた数を担当したことがあります.
その時のリハは患者数が多すぎて,
ゆっくりと患者の話す内容を聞くことが出来なかったように思われます.
(もちろんなるべく聞く様に努力したのですが…)
現在はリハ技師の数も多くなり,
かなり担当の数も減ってきています.
その分患者さんと向き合う時間も増え,
訓練だけでなく,
何を患者は必要としているのか,
現在何を思っているのか,
等をじっくりと聞くことが出来るようになってきています.

情緒・感情とコミュニケーションをどのようにコントロールするか?
「情報のやり取りだけではなく,感情的にも共感できる部分を増やし,少々の行き違いがあってもそれを修復できるだけの信頼関係をコミュニケーションによって築いておくべきだったということである.」
以前,報・連・相の勉強をしたときに,
情報の共有には3種類の共有があると聞きました.
事実・目的・感情です.
人間は感情にある意味支配されています.
例えば何かやりたいという思いは,
感情なのです.
リハは主体的に生活できるように援助していくことが大きな1つの目的となります.
主体的に,ということを考えた時に感情の視点は必須です.
そのことをふまえて対応する必要があります.

論文の内容はおそらく若手向けだとは思いますが,
中堅以降のリハ技師も思いを新たにするためにも必要な内容だと感じました.
posted by リハ技士 at 12:58| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 ジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック