2011年05月24日

リバーミード行動記憶検査

先週の抄読会を今日報告します。
今日あった抄読会は明日のブログで紹介しましょう。

先週はSTの報告。
リバーミード行動記憶検査について
クリニカルリハビリテーションの2009年4月号 Vol.18

記憶障害をもつ人にはリバーミード行動記憶検査(RBMT)とWMS-Rは必須の検査法。
RBMTの具体的な検査内容としては、
姓名の記憶・持ち物の記憶・約束の記憶・絵カードの記憶
物語の記憶・顔写真の記憶・道順の記憶・用件の記憶・見当識。
検査時間は30分程度と比較的短いのも特徴です。
英国での研究ではこのRBMTと日常生活の問題をよく反映していることが確認されています。
当院においてもよく使用される検査バッテリーです。
posted by リハ技士 at 18:44| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 ジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック