2011年05月12日

見えない障害、肝臓のリハビリテーション

クリニカルリハビリテーション 2011年4月号
特集「見えない障害、肝臓のリハビリテーション」

内部疾患のリハビリテーションは、
私にとってはまったく不案内の分野です。
またこの肝臓のリハビリテーションの特集は、
どのリハビリテーション雑誌の特集において初めてのことです。
何もかもが新鮮でした。

さて6つの文献が出されていますが、
一番基本的な事が書かれている冒頭の論文を紹介しましょう。
(多くを引用しています、ご了承ください)

「肝機能障害患者における障害とリハビリテーションの考え方」
上月正博

まず肝機能障害の基礎疾患にどういうものがあるでしょうか
ウイルス性肝炎
(B型肝炎ウイルス持続感染者130〜150万人、C型ウイルス持続感染者150〜200万人)
自己免疫性肝炎
原発性胆汁性肝硬変
アルコール性肝障害
単純脂肪肝臓・非アルコール性脂肪性肝疾患(NASH):総称NAFLD→増加
薬剤性肝疾患

肝臓機能障害の身体障害認定基準は?
肝臓の機能障害の重症度分類として国際的に認知されているChild-Pugh分類、
この分類のスコア10点以上の状態に一定期間あって回復困難なものが相当します。

肝機能障害患者の特徴と障害
脱力感、掻痒感、筋肉痛、体重減少、腹水による腹部の膨満感、浮腫、
消化管の静脈瘤の破綻による吐下血、脳症による意識障害・昏睡、
食欲不振・悪心・嘔吐等の症状

肝機能障害患者のADLと運動耐用能
上記の症状・障害があるために、日常生活が大きく制限させられます。
肝硬変患者の6分間歩行と生命予後には有意差がありますが、
Child-Pugh分類のスコアと死亡では単変量解析では相関は認められたものの、
多変量解析では相関は認められませんでした。

肝臓リハビリテーションとは?
肝炎や肝硬変の治療においても必要以上の安静を解除し、
社会復帰に向けて少しずつ安全に運動の再開を図ろうという考えに変化しています、
またNAFLDでは運動療法・食事療法は治療の基本となっています。
他の内部障害リハと同様、
包括的リハとして運動療法、教育、食事療法、精神的ケア等を行う新たなリハ領域なのです。

まだまだこれからの肝臓のリハビリテーション、
おそらくこれから様々な試みが行われ、
発表や、このような特集が組まれることがあるでしょう。

そして大きく対象を広げるリハビリテーション、
命の質、生活の質、社会の質というQOLをたかめるという視点は、
どの疾患においても大きく当てはまります。

今度はどのような新たな疾患のリハビリテーションが特集されるでしょうか?
posted by リハ技士 at 09:36| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 ジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック