2011年02月18日

ホームエクスサイズ

久しぶりにリハビリテーション・イントロダクション。
今回はホームエクスサイズについて。

ホームエクスサイズは簡単に言うと、
在宅で長く過ごせるように機能面・能力面を維持させる訓練の事を言います。
実際に退院した患者さんにあわせて、
家で簡単にできる運動や体操、
または生活の中で動作指導等を行います。

ホームエクスサイズに限らない話になってしまいますが、
在宅で健康に暮らせるためには様々な視点が必要です。
特にみなさんに覚えてもらいたいのは、
厚生労働省でだした「寝たきりゼロへの10カ条」です。
これが実によくできていて、
具体的な体操の指導ではありませんが、
参考になると思います。

「第1条 脳卒中と骨折予防 寝たきりゼロへの 第一歩
 第2条 ねたきりは ねかせきりから 作られる 過度の安静 逆効果
 第3条 リハビリは 早期開始が 効果的 始めよう ベッドの上からの訓練を
 第4条 くらしの中での リハビリは 食事と排泄 着替えから
 第5条 朝起きて まずは着替えて 身だしなみ 寝・食分けて 生活にメリとハリ
 第6条 「手は出しすぎず 目は離さず」が介護の基本 自分の気持ちを大切に
 第7条 ベッドから 移ろう移そう 車いす 行動広げる 機器の活用
 第8条 手すりつけ 段差をなくし 住みやすく アイデア生かした 住まいの改善
 第9条 家庭でも社会でも よろこび見つけ みんなで防ごう 閉じこもり
 第10条 進んで利用 機能訓練 デイサービス 寝たきりなくす 人の輪 地域の輪」

この10カ条はかなり古いもの(1991年作成)ですが、
今でも通用するものでしょう。
もちろん少し古くなってここはこう言い換えた方がいい場所もあります。
例えば題名と第2条、
現在、寝たきりは当然いるものの20年前と現在ではその寝たきりの割合は減少していると聞きます。
現在であれば一歩踏み出して座ったままだけにさせないという方針がでてきてもいいでしょう。
ごく簡単な言葉で書かれており、
ケアマネージャーや介護福祉士もこの10カ条を覚えてもらえればと思います。
リハをする上でこの10カ条は基本的な事ではありますが、
意識しなければその基本をおろそかにする事もありえます。
やはりリハ技師も心に刻み込まなければならない10カ条だと思います。

次回のリハビリテーション・イントロダクションは、
物理療法についてです。
posted by リハ技士 at 08:58| 山形 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | リハイントロダクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホームプログラムをこちらから提示しても、なかなか自宅ではできないという方が多くて悩んでいます;;
ある勉強会では、タイムスケジュールを作成して、1日の過ごし方を事細かく何をやるのか指導するというお話もありましたが、なかなかできていないのが現状ですね;;
何かホームプログラムを提示する上で、管理者さんが行っていることがあれば教えていただきたいです。よろしくお願い致します^^
Posted by 近場のPT at 2011年02月18日 12:55
近場のPTさん、コメントありがとうございます。
確かに私もホームエクスサイズを指導しても、
家に帰ると行わないという経験をもっています。
結構試行錯誤ではあります。

いろいろやり方はあると思いますが、
連携を意識アプローチしたことによって成功した例がありました。
ケースは男性で、
移動は4点杖で監視レベル。
昔から亭主関白で、
ADL自立度はそれほど低くないものの、
妻に対して全てのADLに介助をさせていました。

(介護保険開始当初の話です)
私は訪問リハで入り、
このままでは現在の本来あるADL自立度が保てないと考えました。(廃用症候群が進むと考えました)
ヘルパーが毎日入っていたので、
そのヘルパーを利用して自立度を維持させようと思いつきました。
食事をベッドでしていたので、
それを台所で食べるようにしたのです。
その台所までの移動は5mない程度ですが、
ヘルパーに注意事項をきちんと指導し、
移動を監視してもらいました。
結果は半年は維持することができました。
(ただ他の病気でADL全介助になってしまいましたが…)
私やヘルパーという他者からの言葉だと、
甘える事もできず動いてくれたのだと思います。

病院から離れて
いかに在宅で健康を守り続けられるか。
これは病院1つが頑張ればいいという話ではありません。
様々な医療機関・福祉機関が密に連携を取り合う事でその患者さんの情報を共有し、アプローチできるのだと思います。
そのためには当然リハ技師は地域連携という事を意識して働く必要があると考えています。
Posted by ブログ管理者 at 2011年02月20日 14:39
ご丁寧な回答ありがとうございます。
やはり重要になってくるのは様々な分野の方との連携ですね。
退院してからの有効な「チームアプローチ」。そのためには日頃からの外とのコミュニケーションが大事になりますね。
また「これをしてください」と機能的な練習を提案するよりも、生活の中の過ごし方でホームプログラム的な要素を取り入れられるとその方にも受け入れやすいかなと考えていました。
それを実践していく中で他分野の方にその方の生活上の注意点などをいかにわかりやすく伝えられるか、自分の中での課題です。
大変参考になりました。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 近場のPT at 2011年02月21日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック