2010年12月19日

パッチアダムス

パッチアダムス、
1996年公開のアメリカ映画です。
実話をもとにした映画になっています、

ストーリー
自殺未遂の果て、精神病院に入院したアダムスは、
ジョークで患者たちを笑わせ、
心を癒す能力に目覚めます。
そんな彼に富豪で天才病(?)の患者アーサーは
「パッチ(傷をなおす)」というニックネームをつけます。
2年後、パッチは精神科医を目指し、バージニア大学医学部に入学します。
同級生トルーマンと白衣を着て病院に潜入し、
患者たちの心を掴んでいきます。
パッチの笑いの療法が次第に功を奏で、
ベテラン看護婦たちも温かな目で見守ってくれるようになります。
しかし、学部長のウォルコットはパッチを快く思わず、
放校処分を言い渡す場面も。
常に成績がトップクラスのパッチに学長が理解を示し、
学校に残ることが許されます。
一方、冷淡な同級生カリンへ思いを募らせるパッチは
彼女の誕生日を温かく祝い、いつしか心を通わせるようになります。
パッチは病院や医療制度の理不尽さから
無料の病院を作りたいと考えるようになります。
精神病院で患者同士として出会った富豪のアーサーの出資により、
夢が現実となります。
トルーマン、カリンと共にさまざまな患者を無料で受け入れてきましたが、
そこから大きな事件が………。

感想
病気は見てのとおり、気の病(やまい)と書きます。
患者の患も見ての通り、心に串が刺さった状態です。
この漢字だけを見ても病気やけがで心に与える影響は大きいということがわかります。
心を癒すことが体に改善を与えていく事は、
臨床的にも大きく感じるところです。
パッチは様々な工夫をし、
患者さんの心に働きかけます。
それがすごく奇想天外であり、笑えるのです。
患者さんの表情が変化していくさまがよくわかります。
当然のことですが技術だけではなく、
患者さんとどう向き合うか、
どのようにコミュニケーションしていくかが大切であることを再認識させられます。

映画の最後にアダムスが医療とは何かを話すシーンがあります。
その一つに
「死から遠ざけるだけでなく、生を高めるのが医療だ」。
この言葉、
リハを携わる私にとっては、
グッとくる言葉でした。
マイナスをできるだけゼロにもっていくリハだけでなく、
ゼロからプラスに変化させていくリハ、
その大切さも教えられた映画でした。
posted by リハ技士 at 15:10| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック