2010年06月29日

最高の人生の見つけ方

久しぶりに映画紹介。
「最高の人生の見つけ方」
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの2大名優の競演。
監督は、「スタンドバイミー」を手掛けたロブ・ライナー。
この布陣だけでもかなり期待させられる映画でしょう。

簡単にあらすじをいうと、
離婚を繰り返し現在は一人の大金持ちのジャック・ニコルソンと、
若いころに自分の夢はあきらめてはいるが、
幸せな家族に囲まれているモーガン・フリーマン。
この2人が病気になり、
同じ病室へ。
そして2人は自分の命が長くない事を知ることになります。
その時に棺桶リスト(死ぬまでにやりたいことリスト)を2人でつくるのです。
そして実際にそのリストを達成するために2人は動きだします。
そして2人は………。

最終的には
落ち着くところに落ち着く結果になり、
意外性はないものの、
安心して見られる映画です。
(ただ「世界で一番美しい女性にキスをする、というリストの
エピソードは意外でしたし、
ほろりとさせられた粋な演出でした)

自分の寿命を知ったらどうするのか、
その時が来ないと実感できないところではあります。
ただこの2人のように積極的に動くことはなかなかできないと思います。
アメリカ人のポジティブな国民性が現れているような映画という印象も持ちました。

死ぬときに、
なるだけ後悔したくないという点は共通の思いのような気がします。

末期がん患者の2人が主人公の映画ながら、
単純に楽しめる映画となっています。
それほど重い映画ではなく、
セリフも映像も明るく描かれています。
まずまず良くできている佳作です。
みなさんもどうぞ。
posted by リハ技士 at 12:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック