2009年06月07日

実習で思うこと

2日前の金曜日に、
PT・STの学生が実習最終日でした。
晴れやかな表情で、
去っていきました。

フリーダイヤルが指導者の場合、
その学生にとって
本当に勉強になったかなーと、
いつも学生が去っていく姿を見ると
思ってしまいます。
これは他の指導者も同じような思いを
抱くことが多いようです。
指導の仕方は、どうだったろうか?
様々経験させることはできただろうか?
PT・OT・STって、やりがいがあるなーと
思わせることが出来ただろうか?
等など。

以前このブログで紹介した1文があります。
「教える者は、
最も教えられる」

今回去った学生の指導者も、
何か掴んだものがあったと確信しています。
posted by リハ技士 at 16:37| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]