2021年02月26日

神奈川のリハ病院でクラスター

山形県では、ひところの毎日コロナ陽性者のニュースがでる状況ではなくなり、
だいぶ下火になってきました。
しかしまだまだ油断はできません。
陽性者数がまだまだ多い神奈川の報道ではありますが、
神奈川のリハビリテーション美容院でクラスターが発生したという報道が、
ここ最近でています。
当地区においても、クラスターがでてしまった病院があります
(庄内の各病院の看護師が派遣して対応してきました、
今後もどこかクラスターが起きれば、地域で連携して、
地域の医療機関を守っていきます)、
現在はもう落ち着いていて、陽性者数はずいぶん前にでなくなりました。
ただかなり職員のメンタルに関しては、影響が大きかったということが漏れ聞こえてきます。
1度クラスターを起こすと、
そのクラスターが起きている時点だけでなく、その後も組織に悪い影響を及ぼすのです。
なので、どの医療機関も、
感染防止には過敏なほど、対策をしています。

まだワクチンがどこまでほとんどの人に接種できる状況になるか、
そして本当にワクチンをうてば、このコロナは広がらないのか、
ということが証明されなければ、
とにかく医療機関は過敏なほどの感染対策をせざるを得ないでしょう。

まだまだその未来は見えてきません。
posted by リハ技士 at 11:13| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

たまり場 オンライン 学会発表

学会と言っても、民医連系列の全日本学術運動交流集会での発表。
リハ病院のPT科長が、
このオンラインでのたまり場参加者にアンケート調査をしました、
そこから見えてきたものは…、ということでまとめています。
オンラインの良さを挙げ、
なんと副題?に衝撃的なタイトルが、
それは、「コロナは負の遺産だけなのか?」というもの。
このコロナ禍で集まっての研修会などができず、オンラインの環境整備をしました。
そしてそのオンラインを使用することで、違う場所での体操を同時開催でき、
効率的な運営ができます。
そのことで、人手の関係で、
今までは声をかけられなかった支部に関しても関わりを持てることは確かにいいことのように思います。
もちろん、オンラインでの限界はありますが、
それはそのメリット・デメリットを知ったうえで使い分ければいいのだと思います。

全日本学術運動交流集会は、10月22、23日開催、そして全てオンライン。
演題登録は3月13日までです。


posted by リハ技士 at 15:21| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

もうすぐ卒業式ですが…

もうまもなく卒業式のシーズンですよね。
本来ならみんなで楽しくワイワイできるようなイベントでありながら、
今回のこのコロナ禍では、そういかなくなっています。
なんと卒業式で本来卒業生が歌う歌も録音を流すようなことを行うようです。
致し方ないのですが…、学生はがっかりでしょう。

もう国家試験を終えたリハ技士は、
本来は実習や国家試験の勉強を終え、そのストレス発散が、
卒業式後の謝恩会だったりしたはずです。
国のガイドラインでは、
普段接している少人数で開催することは条件付きでOKにしています。
条件は、ここでは詳しく述べませんが、
とにかく感染リスクを下げる取り組みをすることです。
そして本当は卒業旅行も行きたいですよね。
これも行くにしてもあまり混まないようなところを国はすすめています。

どうやらワクチンの接種は後ろ倒しになっているような気がします。
当地区の医療機関が医療者に3月中に接種する計画ですが、
果たして計画通りに行くのか、
そして地域全体に接種が完了するまでは、どの程度の時間がかかるのか、
まだまだその果てが見えてこず、
様々なイベント計画もまだ立てられない状況が続きます。
posted by リハ技士 at 13:54| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

PT OT ST国家試験終わりました。

一昨日、昨日で、
PT・OT・STの国家試験終わりましたね。
当法人に採用内定した学生どうだったでしょうか。
もう自己採点で、だいたい合格なのか、不合格なのか、
予想がつきますが、
一応PT・OTは3月23日に、STは3月26日に合否が発表されます。

みんなが合格することを祈っています。
posted by リハ技士 at 18:21| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

2021年度 診療報酬関連

診療報酬の改訂は2年に1度行われます。
今年度、つまり2020年度に診療報酬改定がありましたので、
次は2022年度になります。
しかし2021年度に若干注意点が…。
実は2020年度の改訂で猶予期間が儲けられたものがありました。
当初は2020年9月末までの猶予期間でしたが、
このコロナ禍ということも配慮して、2021年3月末までに猶予期間が延長されているものがあります。
リハ関連だと、
回復期リハ病棟入院料1や3、
2020年度の改訂でこの実績指数が高くなったのですが、これが事前に届け出を出していれば、
数値が届いていなくても認めていたのです。

当法人関連では、特に問題はないものの、
他医療機関では、その猶予期間だから、高い診療報酬をとっていた、というところもあるでしょう。
その場合は、4月から経営的に厳しいところもでてくるでしょう。


posted by リハ技士 at 11:25| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

福島県沖地震

先週の土曜日の地震、
マグニチュードは、7.1と、ほぼ阪神淡路大震災と同じレベルの地震。
震度も最大震度が6強という恐るべきものでした。
当法人においては、特に大きな支障はありませんでしたが、
福島県や宮城県の住宅の損壊は相当なものがあります。
(ただ死亡者がいなかったのが不幸中の幸いです)
3.11の大地震からの10年越しの地震に、再度おびえた方も多いと思います。
ブログ管理者のいるところは震度4でしたが、
それでも家が倒壊するのではないかと思うほどでした。

まだ同じレベルの余震があるかもしれないとのこと、
油断はできません。

posted by リハ技士 at 18:51| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

障がい者福祉サービス 改訂3

地域生活支援拠点などの機能の充実を図るための見直しが図られています。
まずわからないワードとして、
地域生活支援拠点などがありますね。
これは障害者の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据えた、
居住支援のための機能をもつ場所や体制のことを言います。
この報酬が更に評価されたようです。

あと今回、ほーっと思ったのは、
就労継続支援A型の基本報酬の見直しです。
今までは、どの程度の時間働いていたのかで報酬が決まっていましたが、
なんと労働時間・生産活動・多様な働き方・支援力向上・地域連携活動それぞれを、
判定スコアで点数を出して、その合計点で報酬が決まるというものです。
現場でこのような判定が適切にできるものなのか、
今から現場が混乱していくのが、容易に想像がつくような…。
B型も変化したのですが、ここでは割愛。

いっぱい他にも改訂したものはありますが、
このブログでは、このぐらいで…。
posted by リハ技士 at 18:00| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

障がい者福祉サービス 改訂A

少し間があきましたが、障がい者福祉サービスの改訂第2弾を報告します。
自立生活援助の整備を促進するための報酬・人員基準などの見直しのところ
標準利用期間を超えて更にサービスが必要な場合については、原則1回ではなく、市町村審査会の個別審査を要件とした上で、複数回の更新を認める
自立を促す訓練には、標準訓練期間が設定されています。
訓練・援助の種類によって、その期間が違いますが、
今までは、その利用期間を超えた場合、最大1年間の1回限りの更新でした、
しかし個別審査で複数回の更新を認めるという柔軟なシステム変更になっています。

 自立生活援助サービス費(T)の対象者に、同居家族の死亡等により急遽一人暮らしをすることとなった者を加える
まず自立生活援助サービスというのがわからないと思うので説明します。
障害者支援施設やグループホーム等から一人暮らしを希望する障害者について、
本人の意思を尊重した地域生活を支援するために、
一定期間支援を行うサービスです。
今までは施設から1人暮らしへ移行した方が対象でしたが、
引用にもあるように死亡などで急に1人暮らしになった方も対象になりました。

特に業務負担が大きい深夜帯における緊急対応や電話相談について新たに加算等で評価する
上記のようなことも当然あるでしょう。
ここに加算が付いたのは、その分野で働く従事者にとっては、多少なりとも朗報でしょう。

明日も第3弾やります。
posted by リハ技士 at 18:28| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

ブログ開設13年目

2月12日、今日はブログ開設日。
2008年に、とある病院のリハ部門のブログに刺激を受けて、
この日に開設しました。
干支も一回りして、再度丑年になり、今日で13年目になります。
2008年はオバマが大統領に、日本の首相は福田首相。
お笑いだと、エド・はるみのギャグ「グ〜!」が大流行。
経済は、リーマンショックで株価が大暴落となりました。
ドラマはごくせんや、ルーキーズなどが高視聴率をとりました。
医療のニュースで言うと、後期高齢者医療制度が、この年に開始されています。
その中のリハビリりニュースでは、
回復期リハ病棟に初めての質の評価がされたこと、
リハビリの疾患別では、一定程度の発症日数が経過していると、逓減制がありましたが、それが廃止。
(うーん、懐かしい)

さて2021年、このコロナ禍でなんと株価は上昇し続けています。
実態が伴わない好景気?、
景気がバブルになっているのは明らかのような………。
2008年のようなリーマンショックが起きて、株価も落ちたらどうなるのでしょう。
そして今回は医療報酬改定はないものの、介護報酬改定があり、
また変わっていきます。
そして年内にワクチン接種がうまくいき、
コロナを恐れない日になることを願うばかりです。

posted by リハ技士 at 16:19| 山形 | Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

障がい者福祉サービス 改訂@

前回、障がい者福祉サービスの今回の改定率を0.56%と報告しました。
そのことは間違いないのですが、
0.05%はこのコロナ感染対応のために、来年度9月まで上乗せということでした。
つまり実質は0.51%です。

さてまずその改訂の内容第1弾を…。
まず重度障害者支援加算。
重度障害者に対する手厚い支援体制が整えられている場合に生活介護事業者が取得できる加算を言います。
今回、その対象者に強度行動障害のかたも入ることになりました。
ここで強度行動障害って、何??ということになるでしょう。

強度行動障害とは「直接的な他害」「間接的な他害」「自傷行為」が非常に多い頻度で見られ、通常の環境下では対応が非常に困難な特性を持つ人をさします。(強度行動障害が見られる障害や疾病には自閉症、知的障害者、精神薄弱者、精神障害者等があります)

またこの重度行動障害の方、地域移行するためにグループホームを体験利用した場合、

きちんとこの重度行動障害者に対しての研修会を受けている人を配置している場合は加算がつく形となっています。

今回の改訂は、その他にも、

この強度高度障害にフォーカスが当たっているところが多い印象…。


posted by リハ技士 at 13:34| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする