2020年12月31日

大晦日

東京が1300人台の陽性者ですか。
もう東京は当分1000人台続きそうな気がしてきました。
そしてこのままだと医療は完全に崩壊してしまいます。
また三川病院関連も止まりませんね。
今日の山形県の陽性者は全て三川関連でしたから、
逆に言うと、それ以外は出ていないのは朗報なのかもしれません。
しかし、東京がこの調子だと、
東京から感染が地方に広がっていきます。
大晦日だというのに、暗澹たる気分です。

このような状況なのに、
この年末、なぜか株が高くなっているという不思議なことが…。
完全に実態とかけ離れている株価の動き、
素人目でもバブルではないかと思ってしまいますが、
しかし専門家でもその評価は割れているようです。

そして再度コロナの話に戻りますが、
最近のニュースで気になるのは、
PCRで全ての陽性者を見つけられずに、
陽性者がすり抜けることがあり、
それが病院のクラスターにつながっているという報道です。
そうなると、何を信じればいいのか、もう何もわからなくなってしまいます。

せめて東京の1300人が、この1日だけの多さになること、
そして三川病院のクラスターもなくなること、
そしてこのようにコロナが収まり、
早く景気が元に戻り、日本の経済が早く元に戻ることを祈りつつ、
正月を迎えたいと思います。
posted by リハ技士 at 16:23| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

2021年はどんな年?

来年の上半期はどう考えても、
まだまだコロナ禍状態は続くでしょう。
ただ現在よりは3月以降からは、
空気も湿ってくれるので、感染者数としては落ち着くでしょう。
そしてニュースは、
もうワクチンや治療薬がどれほど効果があり、
副作用はどの程度あるのかが、全国民の知りたいニュースになると思われます。

あと来年は介護報酬の改定年。
もう概要は出ているので、そんなにどきどきはしていないですが、
やはりもやもやしているのは、訪問看護ステーションのリハ技士制限。
単に今回の介護報酬改定で見送りになっただけで、
その提起がまた2024年の医療・介護同時改定でまた復活する可能性は捨てきれません。
ブログ管理者が何度も言ってきましたが、
訪問リハステーションを国は認めるべきでしょう。
ただし例えば訪問看護ステーションでのリハ技士は医療依存度の高い人に限定し、
訪問リハステーションは、それ以外の人にしていく、という形式です。
その方が機能が明確化します。
(ただしそれだと一気に訪問リハステーションに技士が移行していくという懸念があるなら、
医療依存度のリスクの高い患者を診るわけなので、
訪問看護ステーションでのリハには更に別の加算をつけるという手もあります)
なぜ訪問リハステーションができないのか、
それは何か政治的な理由がぶんぷんと匂ってきますが、
厚生労働省は2024年度までには、それを打ち破って決断してもらいたいものです。

あと当然来年はオリンピック・パラリンピックの年にもなります。
当ブログではパラリンピックの特集もやっていたことからも、
注目してみています。
(オリンピック・パラリンピックは開催が微妙と考えている方も多いでしょう、
特に変異種のニュースで一気に不安になっています)

あと来年は選挙の年とも言えます。
まず山形県知事選が1月にあり、
衆議院選挙も途中解散がなくても9月には必ずあります。
確実にコロナや経済が焦点の選挙になるでしょう。

あと来年は、東日本大震災から、ちょうど10年です。
せめて3月11日だけでも、亡くなった方の冥福を祈りましょう。
posted by リハ技士 at 10:04| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

リハ関連・その他の1年

コロナ以外で今年はまず診療報酬改定があり、
その改定内容に注目しました。
まずよかったのは、呼吸器リハでSTのかかわりが算定上OKになったこと。
協立病院のSTが算定できるようになったのは嬉しい。
回復期リハ病棟入院料Tの実績指数が40にひきあがりましたが、
もっとそれ以上に高くなるのではないかと推測していました。
ただ40だったので、この数値であれば鶴岡協立リハ病院も大丈夫だとして安心しました。

あと点数は全然低いのですが、運動量増加機器加算もでてきて、
ロボット推進の波を国が弱いながらも後押しをしてくれています。

PT・OT国家試験はその前の年と比べると合格率アップ、
ST国家試験は、その前の年と比べるとダウン。

次年度の介護報酬改定では、
訪問看護ステーションのリハ配置基準で、
衝撃の訪問看護ステーションのリハ技士追い出し的な政策が議論され、
結局は次年度ではその政策は見送ることとしました。

コロナ関連でのリハ技士の様々な全国的なアピールも出され、
リハもやはりコロナに大きく影響をうけた1年でした。



posted by リハ技士 at 18:40| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

コロナの1年

年末年始、ブログは更新していませんでしたが、
今回は土日を除いて更新します。

さて今年はコロナの1年と言っていいでしょう。
いや、来年もコロナにはまだ振り回されると思います。
リハ病院では、
リハでは、入院患者が原則、1階でのリハができなくなり、
家庭訪問も制限が付くなど、
リハの質のところにも影響を及ぼす事態となりました。
家庭訪問は、訪問リハのスタッフを1名増やし、
退院後のリハプランがうまく行っているかどうか、
評価も含めて対応を行ってきたと思います。

協立病院は、医療依存度の高い患者が多く、
そのような状況もふまえて、
リハ病院同党、もしくはそれ以上に、
リハ技士含めて、医療スタッフの賢明な感染対策がされてきたと思われます。

完全に法人や事業所・部門で行う飲み会はオンライン飲み会は除き、
消滅しました。
結婚式も本当は絢爛豪華にしたいところですが、
小集団でこじんまりにする感じになっていたかと思われます。

リハの学生も大変です。
今までの実習期間より短くなったり、
場合によっては全て学内実習に置き換えられたところがあります。

ただ研修に関しては参加しやすくもなりました。
オンラインでの研修が増え、交通費・宿泊費がかからない研修がでたからです。

いついつも通りの状況に戻るのでしょうか。
政府は2月下旬で医療職から接種し、高齢者は3月からと接種開始言っていますが、
それはおそらく「早くて」という言葉が付きそうです。
ワクチン製造のスピードがどの程度なのか、
ワクチンは1回うつと、どの程度もつのか、
現在ヨーロッパからきたとされる変異種は、現在検討しているワクチンで大丈夫なのか、
副作用の率はどの程度で、どのような副作用なのか、などなど、
まだまだワクチンそのものが??????です。

果たして…。
posted by リハ技士 at 16:50| 山形 🌁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

介護報酬改定 リハ分野に戻って

今まで医師の多忙さから、
医師だけテレビ電話などの機器を利用して、
担当者会議などの参加が決められていましたが、
今回の改定では、医師だけにかかわらず、
この感染状況もあり、
会議そのものがオンラインでの会議をしてもいいことになりました。
これだとその会議場所まで行くことがなくなり、参加しやすくなるのではないかと思います。
会議の参加もしやすくなるでしょう。
ただそうなるとオンラインできる環境を準備できているか、
ということが問われます。
来年度以降、居宅介護支援事業所や介護サービス事業所でのオンライン化の投資ができるのか。
果たして…。
posted by リハ技士 at 14:05| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

各リハ技士国家試験日

理学療法士・作業療法士の国家試験日が、2月21日(日曜日)。
言語聴覚士の国家試験日は、その前日の2月20日(土曜日)。
ブログ管理者の時は、感触がぎりぎりということもあって、
国家試験発表日まで、ハラハラドキドキでしたが
(現在は○○点以上いけば合格という具体的なラインがあるので判断しやすいですが、
ブログ管理者の時は、その点数は公表されていなかったので、
蓋をあけてみないと…、という状態でした)
最近は、もう何点足りないので落ちたと思います等の報告がきて、
もう試験日の数日後で、
来年度どの程度リハ技士が入職するかが読めてしまいます。

一応合格発表は、
理学療法士・作業療法士は、3月23日(火曜日)14時で、
言語聴覚士は、3月26日(金曜日)14時となっています。

昨年も指摘しましたが、
受験にかかるお金が、理学療法・作業療法と言語聴覚療法では違いすぎます。
理学療法・作業療法は、10100円。
言語聴覚療法は、34000円。
あとブログ管理者的に気に食わないのは、
言語聴覚士の試験会場に東北が入っていないことです。
(理学療法・作業療法は仙台が入っています)
posted by リハ技士 at 16:01| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

介護報酬改定 リハ以外B

まず1点目。
今回全てのサービスに、
この現状の中で当然と言えば当然ですが、
感染対策の強化が出されています。
施設系は今でも、
委員会の開催、指針の整備、研修の実施は行っているとは思いますが、
それに付け加えて訓練(シミュレーション)も義務付ける、というもの。
あまり訓練というのが、ちょっとどういうことを具体的にすればいいのか、
ブログ管理者は思いつかないのですが…。
その他のサービスも、
委員会の開催、指針の整備、研修の実施を義務付けて、
更に施設系でも義務付けた訓練(シミュレーション)も行わなければいけないことになりました。

2点目。
あと今まで知らなかったのですが、
訪問看護は退院日・退所日当日の算定ができなかったようですが、
やはり当日すぐ環境を整えないと、
その当日から問題を引き起こすことはありうる話です。
当日算定、朗報でしょう。
posted by リハ技士 at 16:21| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

介護報酬改定 リハ以外A

今日も来年度の介護報酬改定、リハ以外Aをしていきます。
今日も2点報告。
1点目。
1回目にも認知症に関しては、取り上げましたが、もう1つ。
それは認知症介護基礎研修の受講の義務づけ、です。
全ての介護保険事業に勤務している医療や福祉の資格をもたない人には、
3年間の猶予期間を設けて、受講を義務付ける、というものです。
資格を持っている方は、認知症は必ず学んできているので、
無資格者に勉学させることで、
全てのスタッフは認知症の基礎的なことは一応学んだことになります。

2点目。
医療機関との情報連携の強化ということで、居宅介護支援に加算が付くそうです。
中身としては、
医療と介護の連携を強化し、適切なケアマネジメントの実施やケアマネジメントの質の向上を進める観点から、利用者が医療機関において医師の診察を受ける際に介護支援専門員が同席し、医師等と情報連携を行い、当該情報を踏まえてケアマネジメントを行うことを一定の場合に評価する新たな加算を創設する。
これはいい加算に思えます。
適切な医療情報があれば、適切なケアプランをたてることができる例は、
何回か経験したことがあります(地域ケア会議など)。


posted by リハ技士 at 16:02| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

介護報酬改定 リハ以外@

前回、介護報酬改定 リハの変更部分のポイントだけ紹介しました。
しかしリハ以外でも、ふーん、そうなるのか〜と思うものもいくつもありました。
今日から2個ずつ紹介しましょう。

1つ目。
認知症に係る取組の情報公表の推進ということで、以下のようになります。
介護サービス事業者の認知症対応力の向上と利用者の介護サービスの選
択に資する観点から、全ての介護サービス事業者を対象に、研修の受講状況
等、認知症に係る事業者の取組状況について、介護サービス情報公表制度に
おいて公表することを求めることとする。
やはり認知症の方は必ず程度の差はあれ、介護事業の利用者に必ずいるでしょう。
そのような人に対しての研修をきっちりできているかどうか、
この介護サービス情報公表制度で、
どの事業所がしっかりできていて、どの事業所ができていないかがわかるようになります。

2つ目。
業務継続に向けた取り組みの強化。
感染症や災害が発生した場合であっても、必要な介護サービスが継続的
に提供できる体制を構築する観点から、全ての介護サービス事業者を対象
に、業務継続に向けた計画等の策定、研修の実施、訓練(シミュレーション)
の実施等を義務づける。その際、3年の経過措置期間を設けることとする。
現在、法人ではこのコロナの状況があって、
コロナ対応の事業継続計画を法人の介護部長が作成しています。
他にも災害における事業継続計画など、作るものはあるので、
3年間の猶予期間はありがたいです。

明日も2つ、紹介します。
posted by リハ技士 at 18:41| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

介護報酬改定に関する審議報告

今日の厚生労働省 介護給付費分科会。
令和3年度の介護報酬推定に関する審議報告がありました。
大枠での内容だと、まず
  • このコロナ禍関連に関して
  • 地域包括ケアシステム推進に関して
  • 自立支援・重度化防止の取り組みに関して
  • 介護人材の確保、介護現場の核心に関して
  • 制度の安定性・持続可能性に関して

では、リハのところをピックアップして、どこが今度変わるのでしょう。
以前報告したものとほぼ同じでしたが、報告しましょう。
まず通所リハ・訪問リハ。
  • リハビリ・口腔・栄養についての様々な加算、その加算を摂る為には、書類作成と会議が必須ですが、必要性に応じて、専門職種の参加が求められます。
  • マネジメント加算TとWはなくなり、UとVの評価が見直されます。(UとVはVISIT・CHASEの情報を送る、ただし今までのVISIT・CHASEの内容は簡素化される)
  • 社会参加支援の名称が移行支援加算に変更、そして社会参加の移行状況の計算式変更 そのほか
  • リハビリテーション計画書 個別機能訓練計画書 項目の共有化
訪問リハ
  • 1週間6回が限度であったものが、退院後・退所後3か月以内に限り週12回までとする。
通所リハ
  • 生活行為向上リハ実施加算 一定程度期間過ぎたときの減算がなくなり、3か月以内と3か月以降の点数を同一にする、その他
  • 専門職種(リハ技士も含む)より把握した利用者宅の浴室の環境を踏まえた個別の入浴計画を医師との連携の下に作成し、個別の入浴介助を行うことを評価する新たな区分を設ける。

今回、ブログ管理者が注目しているのは、前回は言いそびれましたが、
リハマネジメントU・Vにおいて、
VISIT・CHASEが必須化されることで、
確実にビックデータになり、よりエビデンスのある政策がとることができる、という点です。
2021年介護報酬改定から開始し、次の介護報酬改定2024年には、一定程度あつまり、
そのデータに基づいて、議論できるので、
より改訂も説得力のあるものになります。

具体的な点数が出てくるのは1月下旬??
待ちましょう。


posted by リハ技士 at 15:31| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする